景勝地

北海道・美瑛の丘へ一面に広がる雪景色を観に行こう 

2018-11-05

関連キーワード

北海道の人気観光地のひとつ「美瑛の丘」。360度どこを見ても美しい景色が広がっている「美瑛の丘」は、テレビCMやポスターにも起用されたことでも注目を集めました。「美瑛の丘」は花々や緑が美しい季節も魅力的ですが、11月下旬からは雪が舞い始め、北海道らしい絶景の雪景色も楽しめるので、冬の観光にもおすすめです。

冬は防寒具必須!カメラを持って絶景を観に出かけよう

「美瑛の丘」には大きく分けて「パッチワークの路」と「パノラマロード」の2つのエリアがあります。「パッチワークの路」は主に北西側のエリアで、ジャガイモや小麦などがブロックごとに栽培されている様子がパッチワークのように見えることからそう呼ばれるようになったそうです。「パッチワークの路」エリアにはCMや商品のパッケージに起用されている景色が多く、「セブンスターの木」「ケンとメリーの木」「親子の木」という3つの名木の姿も観ることができます。

「パノラマロード」は「美瑛の丘」の南東部に位置しており、十勝岳をバックに爽やかな景色を見ることができるエリアです。広大な花畑がある「四季彩の丘」や教会風の校舎が見られる「美馬牛小学校」など、見どころもたくさんあります。

美瑛町では11月下旬頃から雪が舞い始め、「美瑛の丘」にも雪化粧が施されていきます。色とりどりの花や緑で彩られた爽やかな景色も素敵ですが、冬には一面が雪で覆われた幻想的な雪景色も楽しめるので、ぜひ冬も「美瑛の丘」の観光を楽しんでみてください。ちなみに冬本番になると気温はマイナス20度以下にもなるので、念入りに防寒して出かけるようにしましょう。

※写真提供:美瑛町観光協会
〒071-0208
北海道上川郡美瑛町本町1丁目2番14号四季の情報館内
TEL. 0166-92-4378 FAX. 0166-92-3234
また、北海道には下記のような見どころもありますので、あわせてお楽しみください。


屈斜路湖に広がる絶景! 雲海を見に行こう 〜北海道を体感! 新鮮魚介とコタン温泉を堪能〜


北海道の中央部にそびえる「大雪山」 アイヌ語で「カムイ・ミンタラ」の意味とは



    キーワード一覧

    ▲ページトップ