ガーデニング

ピレアの美しい葉を育てて楽しむ。色鮮やかな緑を楽しむ。

2018-11-09

関連キーワード

ピレアは、葉先のちょっと尖った楕円形の色鮮やかな葉に、縦方向に3本の葉脈がくっきりした模様で入る、葉の美しさを楽しむ観葉植物です。
熱帯〜亜熱帯地方に650種も生息し、日本国内にもヤマミズやミズなどの10種類が自生しています。

ピレアは直射日光が苦手なので、通年室内栽培も可能な常緑の観葉植物です。
ピレアがどんな性質なのか、ピレアの育て方も含めてご紹介していきましょう。

ピレアは直射日光が苦手

ピレアは直射日光が苦手なので、通年木漏れ日の中にいるような柔らかい日差しの中で育てるのに向いている植物です。
屋外の風通しの良い日陰か、室内の明るいところで管理します。

耐陰性があるピレアでも、あまりにも暗いところでは株が弱ってしまい、ヒョロヒョロになってしまいます。
室内の明るいところは、実際は屋外の日陰よりも、植物にとっては暗い場所になります。
元気がなくてひょろひょろしてきたときは、もう少し明るい場所に置き場所を変えるようにしましょう。

ピレアは湿っているところが好き

ピレアは、春〜秋にかけては湿っている状態を好むので、土が乾いてしまう前に水やりするよう心がけましょう。

ピレアは冬、休眠気味で、寒さにより耐えられるように、乾燥気味の環境を維持します。
冬は水を吸わなくなるので、土がしっかり乾いてから水やりをするようにします。

季節を問わず、水やりするときは、鉢底から流れ出るまで水やりし、鉢皿に水をためないようにします。

ピレアは春〜秋にかけては、緩効性化成肥料を2ヶ月毎に株元にまくか、液体肥料を水代わりに1週間〜10日おきくらいに与えます。
冬はやはり肥料を必要としないので、施肥は春になってからにします。

ピレアの植え替えと土

ピレアは生育が旺盛な熱帯〜亜熱帯原産の植物なので、気温が十分に高くなった4〜9月に毎年植え替えるようにします。
鉢が根詰まりしているときは、ピレアの下の方の葉が落ちてくることがあります。
葉が落ちていないか確認し、落ちているようなら、植え替えのサインが出ていると考えましょう。
鉢底から根が出てきていても根詰まりのサインなので、しっかりチェックしておきましょう。

新芽が伸びてくるように、植え替えるときは地上部も1/3ほど残して切り戻し、地下部も古い土を1/3程度落としてから、傷んだ根や伸びすぎた根を切り詰めておきます。
切り詰めることで株がリフレッシュして、新芽が伸びてきます。

ピレアは水はけと水持ちの良い土を好むので、市販の観葉植物用土か、赤玉土の小粒にピートモスや腐葉土を5割程度ブレンドした土に、川砂・バーミキュライト・パーライトなどを1割程度ブレンドした土がおすすめです。

室内栽培をする場合は、腐葉土ではなくピートモスを使ったほうが、コバエに悩まされにくくなります。

ピレアを植え替えするとき、株分けして株数を増やすと、すぐに成長が見られるので楽しみにもなります。

ピレアは寒さにも弱い

ピレアは耐寒温度が5℃なので、屋外栽培していて、霜にあたってしまうと枯れてしまいます。
屋外栽培している場合は、気温が下がってくる前の、霜が降りる前に室内に取り込みましょう。

屋外で栽培していた植物を室内に持ち込む場合、葉の裏表を強めの流水で洗い流して虫予防をし、鉢を外して根の周りに虫や虫の卵がついていないかチェックしましょう。 鉢も、内外をメラミンスポンジなどで洗って乾かし、虫を自分で室内に持ち込まないように注意しましょう。

ピレアは摘芯してこんもりと育てて

ピレアは摘芯しないと、長く長く伸びていってしまいます。
そうならないでこんもりと茂らせるためには、摘心して脇芽をどんどん出させる必要があります。
摘心することで全体に株がリフレッシュするため、こんもりした形に整えられます。

長くなりすぎたところでの先端を手で摘みとることで、摘んだところから脇芽が伸びて分岐してくるので、全体がこんもりとしてきます。

ピレアの剪定枝で挿し木に挑戦して

摘芯の適期も挿し木の適期も同じで、5〜7月が適しています。
摘心した芽はそのまま処分してしまわずに、新芽も含めて8枚くらい葉っぱがついた状態で5〜6cmに切った剪定枝を挿し穂に使います。
挿し穂を湿らせた苗床に挿し木していると1ヶ月位で新芽が伸びてきます。
苗床には湿らせた川砂やバーミキュライト・パーライトなどがおすすめです。

新芽が伸びてきたら新しい鉢に植え替えて育てましょう。
ピレアは、20℃以上の気温が保てる期間ならいつでも挿し木できます。
逆に言うと、20℃を下回る環境では新芽が伸びてきにくいので、しっかりと気温があるときに挿し木しましょう。

夏にピレアは小さな花を咲かせる

ピレアの観賞価値があるものは、葉っぱだけと思いがちですが、ピレアは夏になると、ピンクの小さな花を咲かせます。
小さな花なので、見逃さないよう注意しましょう。

ピレアは水栽培だけでも育てることができ、ハイドロボールなどを使った発泡煉石を利用しても栽培することができます。
水栽培は水が腐ると挿し穂もすぐに腐ってしまうので、毎日欠かさず水替えするようにしましょう。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ