温泉

蔵王温泉大露天風呂で大自然に抱かれながら心も体も癒される体験を

2018-11-11

関連キーワード

蔵王温泉街の立ち寄り湯としても人気が高い「蔵王温泉大露天風呂」。大自然の趣あふれる大露天風呂では渓流のせせらぎを聞きながら、ゆっくりと湯浴びを楽しむことができます。

スポンサー

開放感ある蔵王温泉大露天風呂で心地良さに身を任せよう

蔵王温泉大露天風呂は、一度に200人は入ることができるという大きな露天風呂です。タオルの販売もあり、コインロッカーも完備とのことなので、お風呂の準備が無くてもふらっと立ち寄って温泉を楽しむことができますね。上流が女湯、下流が男湯となっており、温泉はどちらも源泉かけ流しで熱めとぬるめの2種類の温泉が用意されているそうです。お湯の成分が肌の脂を洗い流すことから「石鹸いらずの湯」と呼ばれる蔵王温泉の泉質は、お肌や血管を若返らせ、美肌効果も期待できそうです。

森林に囲まれた岩風呂の湯舟に浸かると、まるで大自然にすっぽりと包まれているかのような心地良さが味わえます。近くを流れる渓流のせせらぎに耳を傾けながら、ぜひ広々としたお風呂で湯浴びを楽しんでみてください。きっと心も体も癒されますよ。

蔵王温泉大露天風呂
住所:山形県山形市蔵王温泉荒敷853-3
電話:023-694-9417(蔵王温泉観光株式会社)
営業時間:6:30 ∼18:00(最終受付17:30)
閉鎖期間:11月下旬∼翌3月(2018年内は11月25日まで営業)
入浴料:大人550円、子供(12歳未満)300円
公式HP:http://www.jupeer-zao.com/roten/

※写真提供:公益社団法人 山形県観光物産協会


また、山形県には下記のような見どころもありますので、あわせてお楽しみください。


芭蕉「奥の細道」ゆかりの立石寺など初冬の山形を散策~鯉の甘煮と旨い酒、銀山温泉で心も体もホカホカに~


山形と宮城で味の違いも!東北名物「芋煮」を味わい尽くそう



おすすめの旅館

画像出典:蔵王温泉 おおみや旅館
URL:http://www.oomiyaryokan.jp/


おおみや旅館のお風呂は、100%源泉掛け流しの天然温泉です。
湯ノ花が舞い、その温もりに抱かれて心の紐がゆるりゆるりとほどけていくよう。
硫黄の香りが漂うお風呂で、源泉掛け流しの贅沢をご堪能ください。


画像出典:蔵王温泉 わかまつや
URL:http://www.wakamatuya.co.jp/


郷土の歌聖・斎藤茂吉が「霊泉」と讃えた名湯。
標高約880m、蔵王火山中腹の高原に涌き、古くは「蔵王高湯」として奥羽三高湯の一つに数えられた蔵王の名湯をご堪能ください。
御影石の「源泉内風呂」・「露天風呂」に加え、18tの蔵王・目透き石をくり抜いた「大石くり抜き露天風呂」に「貸切家族風呂」のすべてが源泉100%かけ流しの「本物の温泉」です。


    ▲ページトップ