柴犬の白は貴重?柴犬の毛色の種類と特徴について

2018-11-25

関連キーワード

白い柴犬の生まれる確率って少ないの?

ペットショップに行くと必ず目に止まり、多くの方に愛されている日本犬と言えば柴犬。
柴犬の毛色は何色?と聞かれると真っ先に思い浮かぶのは見た目が茶系ですが、種類から言うと「赤色」といわている毛色です。
柴犬の毛色は大きく分けて赤色・黒色・白色・胡麻色があり、赤色が生まれてくる確率は約8割と言われています。
柴犬の中で最も柴犬らしくないのが白色。
エッ!!柴犬に白ってあるのだと知らない方、実際に見たことが無いという方は多いと思います。
また、秋田犬・紀州犬・北海道犬・カットした白のポメラニアンなど見た目がそっくりな白い犬の種類があるので見分けがつかないという方も多いのではないでしょうか。
実際の白の柴犬というのはとても生まれてくる頭数が少なく、貴重であると言えます。
最も希少なのは胡麻色ですが、黒と共に白の色が生まれるのは確率的には1割程度です。

白い柴犬の魅力とは

柴犬の中で白い色はとても珍しいのでそれだけでも大変魅力的ですが、実物を見るとさらにその魅力の虜になること間違いなしです。
柴犬の白の被毛はふんわりと優しく、艶があり輝くような美しさ。
日本犬特有の落ち着いた中にもしっかりとした雰囲気は一度見ると忘れられなくなるほど印象的です。
日本犬というのはあまり顔に感情を表さないタイプが多いのですが、真っ白な柴犬は赤や黒と違い細かい表情まで見やすく、わかりやすいので親しみやすさは抜群です。
つぶらな黒い瞳と黒い鼻、そして白いフワフワの被毛。
散歩をすれば引き立ち、注目の的になること間違いなしです。
大人になってくるとだんだんとクリームがかった毛色に変わる白柴もいますが、それはそれで珍しく愛らしさ抜群。
鼻も黒からピンク色に変わっていく白柴もいます。
毛色の微妙な変化をカメラに収めて見比べるのも楽しく、おすすめです。

もしかして柴犬の白は遺伝疾患なの?

柴犬の白い色は珍しいため、遺伝疾患であるアルビノなのかと心配される方も少なくありません。
また飼い始めてから周囲の方にアルビノでは?と言われ、もしかして身体が弱いのでは・・と不安になってしまった飼い主様もおられるかと思います。
その点については白い柴犬については心配ありません。
アルビノとはメラニン色素が欠乏する突然変異で目が赤く、身体が弱いとされています。
柴犬の白は繁殖の際に一定数必ず生まれてくるものであり、健康にも問題はありません。
憶測で言う方のことはあまり気にしないようにし、珍しい希少な白い柴犬を飼うご縁があった場合は自信を持って大切に育てましょう。
運動量が豊富なので健康で長生きするためには毎日ストレスが溜まらないよう、お散歩やボール遊び、ドッグランなど十分な運動をさせてあげましょう。
柴犬は色によって平均寿命の差があるわけではありません。
12~15年が平均であり、中には20年近くも長く生きる白い柴犬もいます。

白い柴犬の白の魅力は手入れ次第

赤や黒・胡麻色の柴犬と比較しても真っ白でふわふわの白い柴犬は毛の美しさがピカ一。
ただしその毛の艶、美しさを維持するためにはこまめなお手入れが大切となります。
白だからこその美しさがありますが、汚れるとその汚れが特に目立つのも白の柴犬です。
人間と同様、毎日の丁寧なブラッシングを欠かさないようにしましょう。
ブラッシングは毛の艶を良くするだけでなく、地肌の血行も良くなり、散歩後のほこりや虫、枯れ葉などの汚れも綺麗に落とすことが出来ます。
抜け毛防止のためにも白い柴犬の健康と美しさのためにも定期的なトリミングも欠かさないようにしましょう。
柴犬は品種的に気を付けないと皮膚疾患が比較的多い犬種と言われています。
健康と皮膚疾患を予防するために良質のエサ・水を与え、しっかり運動させ、ブラッシングや拭き取りなどのお手入れ・部屋の掃除をこまめに行うよう心がけましょう。

白い柴犬は飼い主に忠実

白い柴犬は他の色の柴犬と同様、飼い主に忠実であり、日本犬特有の性格を持っています。
そして縄張り意識が高く、番犬としては最適です。
飼い主に忠実という事は飼い主にとって愛すべき性格。
自分や家族にだけ心を開き、何かあった場合は外部から家を守ってくれる理想犬と言えます。
また、暑さや寒さにも強い我慢強さも持っており、日本の激しい気温差などにも順応性があります。
しかし、我慢強さで病気や痛みに対してもあまり訴えることはしないので、飼い主が様子の変化に気が付かないと悪化してしまう場合があるので注意が必要です。
日頃から良くコミュニケーションをとり、鼻の湿り気や目の色、毛艶、食欲、散歩の様子など健康な状態の事をよく知っておくことが大切です。
いつもとちょっと様子が違うと思った時は、しばらくの間、注意深く様子を見てあげましょう。
白の柴犬は賢く、飼い主に忠実なのでしつけもスムーズです。
まずはしっかりと信頼関係を気づき、子犬の内にちゃんとしつければ無駄吠えもせず、言われたことはすぐに覚え、きちんとできる犬に育ちます。

    ▲ページトップ