伝統工芸

50を超える窯元『小石原焼』窯元めぐりを楽しもう

2018-11-25

関連キーワード

九州には優れた陶器が数多くありますが、小石原焼もその一つです。
その独特な文様が特徴的な小石原焼の成り立ちや発展の歴史について細かく紹介していきたいと思います。

1、小石原焼の歴史

小石原焼は江戸時代初期、1669年に高取焼の開祖である高取八山の孫である八之丞が中野で良い陶土を見つけて移り住み、焼き物を始めたことがきっかけとなっています。

1682年には黒田藩第三代藩主の黒田光之が肥前国伊万里から陶工を招き、八之丞と陶工たちが協力して中国の製法にならって陶磁器を焼き始めました。
当初は日用品を主に作っており「中野焼」と呼ばれていました。
一時期中野焼は衰退していきますが、戦後1948年に九州民芸協会が設立されたころから民芸運動が活発化していき、小石原焼が民芸陶器として再び脚光を浴びるようになっていきます。

柳宗悦らが中心となって行っていた民芸運動で小鹿田焼が注目されると、その元となった小石原焼が注目されることとなります。
小鹿田焼は江戸時代中期ごろ大分県の小鹿田村に陶工の柳瀬三右衛門が赴いて小石原焼の技法を伝授してできたために小石原焼とは密接な関係にありました。
柳宗悦によれば民芸とは、(1)自然の美(2)伝統の美(3)素朴な美(4)機能美をもち、(5)健康的で、(6)大量生産され、(7)安価であり、(8)無名性をもった工芸品であることが条件とされており、小石原焼や小鹿田焼はその条件を満たしていたのです。

1954年には柳宗悦やバーナード・リーチたちが小石原を訪れて小石原焼を「用の美の極致である」と絶賛したことで一気に全国的に有名になりました。
1958年にはブリュッセルで開催された万国博覧会日本館第3部で小石原焼はグランプリに選ばれ、さらにその名が知れ渡るようになります。
1975年には陶磁器として初めて「伝統的工芸品として認定」されました。
1987年に小石原付近で小石原焼古窯跡発掘調査が始まり、貴重な絵付磁器が出土しました。
1998年には、小石原焼の博物館小石原焼伝統産業会館と道の駅小石原「陶の里館」がオープンしました。

2、小石原焼の作り方と特徴

日用雑貨として広く使用されながら「用の美の極致」とされた小石原焼は独特の技法が有名です。
それらは「飛び鉋」「刷毛目」「櫛目」「指描き」「流し掛け」「打ち掛け」と呼ばれるもので、それらの技法によって小石原焼は個性的な文様がありながらも素朴さがあるという焼き物になっています。

「飛び鉋」
完全に乾燥させてしまわずに生乾きの生地に化粧土をかけた後にろくろを回転させながら、大きく曲がった鉋を使って化粧土の部分を削り取ることで模様をつける技法です。
土の水分が多すぎても少なすぎても駄目で、しかも湾曲した鉋は非常に使いづらいために高い技術が求められる技法です。
小石原の陶土が鉄分が多いという特徴にあった技法と言えます。

「刷毛目・櫛目」
こちらはベースとなる生地に化粧土をかけたらろくろを回転させつつ刷毛や櫛を当てることで模様をつけていく技法です。
こちらも乾燥の加減と櫛などを押し当てる強さが繊細であるために技術が問われます。

「指描き」
生地に化粧土をつけてろくろを回転させながら指で模様をつける技法です。
道具を使わない分、より細かい作業になります。

「流し掛け」
こちらはろくろを回転させながら壺や皿などの側面に化粧土や釉薬を等間隔に流していく技法です。
茶器などにも使われる技法ですが、小石原焼は素焼きを行わずに釉薬を流し掛けて本焼きをするためにこの流し掛けが作品の仕上がりを大きく左右することになります。

「打ち掛け」
ある程度形が出来上がった壺や茶器、花入れなどに釉薬を少しずつ掛けていく技法です。
釉薬は杯などを使用して掛けるのですが、その量の調節が難しいとされています。

「ぽん描き」
竹の容器に入れた釉薬を量を調節しながら模様を一気に描きあげていきます。
その量の調節とスピードが重要となります。

3、小石原焼の観光・体験について

2018年4月より東峰村(旧小石原村)では観光ガイドが行われています。
この地域には50を超える窯元があり、東峰村ツーリズム協会では小石原焼・高取焼の窯元めぐりや小石原焼の買い物のお手伝いをする「小石原焼観光ガイド」を行っています。
協会認定ガイドが丁寧に案内をしてくれるので非常に安心ですし、1時間500円という安さも魅力です。
「窯元めぐりがしたい」「小石原焼を買いたい」「陶芸体験がしたい」というそれぞれの要望に応えてもらえますので、希望を伝えるようにしていきましょう。

以下東峰村ツーリヅム協会の案内です。
「小石原焼の窯元めぐり」

・窯元の仕事場見学
小石原焼の作陶の様子や伝統技法の実演、窯場など窯元の作業場を見学することできます。

・窯元で陶芸体験
ご要望に応じて、ロクロ体験や絵付け、飛び鉋体験など、窯元の作業場で陶芸体験もできます。(陶芸体験の料金はご相談ください。)

・窯元の陶芸家との交流
窯元の伝統工芸を受け継ぐ陶芸家に会って、普段の生活に触れ、交流することができます。

「小石原焼の買い物をお手伝い」

・焼物選びのお手伝い。
お客様のご要望に合わせて、窯元にご案内いたします。また、色や形、金額をお聞きして希望に合った窯元に案内することもできます。小石原焼、高取焼の特徴や焼物選びのコツもアドバイスします。

・ほしい作品を注文する。
自宅で使う器を作ってほしい。プレゼントにオリジナルを贈りたい。お店で使う器は自分好みで統一したい。といったご要望に、ガイドが一緒に窯元をめぐりながら、窯元で購入または注文することができます。

・窯元価格で購入できます。
ガイドが直接窯元にご案内しますで、市販価格より安い窯元価格で購入できます。

「小石原焼の歴史」

・小石原焼の歴史
1669年が起源とされる小石原焼と高取焼の関係、1682年に伊万里の陶工を招いて焼かせた磁器制作の時代の出土品や史跡、民芸運動と小石原焼について、バーナード・リーチや棟方志功、柳宗悦、三宅忠一と小石原焼についてなど、ガイドが説明しながらご案内します。

産地組合:
東峰村ツーリズム協会
住所:〒838-1602 福岡県東峰村大字小石原鼓3764-1 
電話:080-5275-1040
公式HP:http://toho.main.jp/yakimono.html

    ▲ページトップ