温泉

霧島温泉≪天孫降臨伝説が有名≫

関連キーワード

霧島温泉郷は鹿児島県の霧島山中腹に点在している温泉群を合わせたものです。
この霧島には天孫降臨伝説や坂本龍馬に関するエピソードなど色々な話題があります。
そんな霧島温泉について紹介していきたいと思います。

スポンサー

1、霧島温泉の歴史と伝説

画像出典:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

霧島温泉は江戸時代の後期ごろに開かれたとされています。
江戸時代末期には坂本龍馬が妻であるおりょうと一緒に訪れたとされており、これが日本で初めての新婚旅行であるとされています。
1959年には霧島温泉、霧島神宮温泉は国民保養温泉地として指定されました。

霧島と言えば天孫降臨伝説が有名です。
その昔、天の神々が天上界の天の浮橋から下界を覗いていると、霧にけむった海の中に島のようなものが見えました。
神々は一本の鉾を取り出して、その島に印をつけました。
それが「霧島」という名の由来とされています。
そしてその時に神々が落とした鉾は山の頂上に突き刺さりました。
それが高千穂峰の山頂にある「天の逆鉾」であるとされています。
後に天照大神の命令を受けて孫神ニニギノミコトが三種の神器を手に持って、7人の神と道案内の猿田彦と共に高天原から下界に降り立ちます。
そのとき降り立った地が高千穂峰なのです。
これがのちに「天孫降臨伝説」となって知られるようになりました。

2.霧島温泉とは

画像出典:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

日本で初めて国立公園に指定された霧島には丸尾、湯之谷、林田、硫黄谷、関平、新湯、栗川、殿湯が霧島山に包まれるように点在しています。

その泉質は、
泉質:単純温泉(低調性・中性・高温泉)
泉温:源泉62.4~81.6℃
泉状:無色透明、無味無臭、少量の白色沈殿物あり
PH値:5.5~6.8
適応症:
神経炎 筋肉痛 関節痛 五十肩 うちみ くじき 冷え性 疲労回復 健康増進
禁忌症:
急性疾患 活動性結核 悪性腫瘍 高度の貧血 呼吸不全 腎不全 出血性疾患
といったものです。

スポンサー

3、霧島温泉と観光地

3-1 霧島神宮

建国神話、天孫降臨伝説にもあるニニギノミコトを祀っている霧島神宮は6世紀に創建されたという長い歴史を持つ神社でもあります。
霧島山の噴火による消失、そして再建を繰り返して現在の場所に移ってきました。
杉に包まれた参道を抜けた先にある格調高い荘厳な雰囲気の現在の霧島神社は江戸時代1715年に薩摩藩第4代藩主である島津吉貴が建立したものです。
毎年元旦と2月11日に本殿で奉納される「九面太鼓」には多くの観光客が訪れます。

住所:〒899-4201 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
電話:0995-57-0001
公式HP:http://www.kirishimajingu.or.jp/

3-2 霧島東神社

霧島には「霧島六社権現」と呼ばれる霧島を囲むようにして存在する神社があります。
霧島東神社はそのうちの一つでイザナギノミコト・イザナミノミコトを主祭神として祀っています。
第十代崇神天皇の代に創建されたと言われるこの神社の境内には神龍の泉「忍穂井」と龍が住むとされる「御池」があり、強力なパワースポットとして人気となっています。
しかし「忍穂井」は女性が覗き込むと大きな異変が起こるという言い伝えもあります。

住所:〒889-4414 宮崎県西諸県郡高原町祓川
電話:0984-42-3838
公式HP:http://www.takaharu-tourism.jp/look/kirishimahigashi/

3-3 丸尾滝

丸尾温泉から霧島神宮に向かう途中にあるのが丸尾滝です。
近くにある栄之尾温泉、硫黄谷温泉の温泉水を集めて滝として流れるという珍しい「湯の滝」で、滝から湯けむりが立ち上る光景の美しさに多くの人が訪れています。
特に秋には紅葉と豪快に落ちる乳青色の滝のコントラストが絶景です。
また、夜にはライトアップされ、飛び散った水のしぶきに光が当たって幻想的な雰囲気となります。

住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂丸尾
電話:0995-45-5111(霧島市観光課)
公式HP:http://www.city-kirishima.jp/kirikan/kanko/shizen/taki.html

3-4 霧島神話の里公園と道の駅霧島

霧島神話の里公園は標高670mに位置し、桜島を眺めることができる絶景ポイントです。晴れている日であれば開聞岳をも臨むことができます。
素晴らしい景色を見ながらの遊覧リフトやスーパースライダー、モーターカート、ロードトレインなどのアトラクションを楽しめます。
また、道の駅では地元の名産品を買うことができ、130名収容のレストラン「ほっと霧島館」では地元の名産「黒豚」を使った料理、しゃぶしゃぶ、とんかつ、カツカレーなどを味わうことができます。

住所:〒899-4201 鹿児島県霧島市霧島田口2583-22
電話:0995-57-1711
公式HP:http://www.shinwanosato.jp/

3-5 霧島温泉市場

霧島温泉郷の中心部にあり、観光案内所、土産物店、食事処などが集中しているスポットです。
人気の温泉まんじゅうはヨモギとあんこ、その他にも温泉卵などが用意されています。
飲み物も鹿児島特産の「飲むお酢」をはじめバリエーションが豊富です。
2018年大河ドラマの「西郷どん」の関連グッズや手づくり加工品などもあって買い物に悩みそうです。
また、施設には100円で利用できる「湯けむりの里・足湯」もあります。

住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂3878-114
電話: 0995-78-3121
公式HP:https://kirishima-marche.com/

3-6 霧島高原まほろばの里

パターゴルフ、芝生スキー、マウンテンボードなどのスポーツから、ロードトレインやレーシングカートなどのアトラクション、それに焼酎の器を作ったりする陶芸体験やガラス工芸体験など様々なことを楽しめる複合施設です。
また、ステーキハウス、バーベキュー、うどん・そば処、レストランなど食事場所も豊富で一日楽しむことができます。

住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂3240
電話: 0995-78-2240
公式HP:http://www.mahorobanosato.com/index.html

4、霧島温泉郷 運営は?

[公社] 霧島市観光協会
住所:〒899-6603鹿児島県霧島市牧園町高千穂3878-114
電話:0995-78-2115
FAX:0995-78-3487
MAIL:info@kirishimakankou.com
公式HP:http://kirishimakankou.com/

スポンサー

    ▲ページトップ