景勝地

絶景が楽しめる秘境ローカル線「只見線」 紅葉だけでなく雪景色も圧巻の美しさ!

2018-11-26

関連キーワード

福島県の会津若松駅から、新潟県の小出駅までを結ぶ全37駅のローカル線「只見線」。実はこの「只見線」、NIKKEI PLUS1の「紅葉の美しい鉄道路線」で第1位、「雪景色のきれいなローカル線」では第3位に選ばれており、四季折々の絶景が楽しめるとして有名な秘境のローカル線なのです。

スポンサー

秘境ローカル線「只見線」に乗って絶景を堪能しよう

テレビや海外のメディアでも絶景が楽しめる秘境のローカル線として紹介され、休日には県内外から鉄道ファンやカメラマンが撮影に訪れているという「只見線」。自然に囲まれたレールを進む只見線では、春には桜、夏には新緑、秋には紅葉、そして冬には雪景色という四季折々の絶景を楽しむことができます。

そんな只見線の絶景は実際に電車に乗って車窓から楽しむこともできますが、車両とセットで撮影したいという方も多いのではないでしょうか。実は只見線沿線には絶景スポットがいくつかあり、しかもだれでも気軽に撮影することができるところばかりなので、カメラ初心者の方でも美しい写真を撮ることができるそうです。

なかでも鉄道写真ファンから「聖地」と呼ばれている人気のスポットというのが只見川第1橋梁です。水鏡や自然と車両がセットで撮影できるこのスポットでは、撮影場所も整備されており、ベンチも設置されているので、自分の思うまま撮影を楽しむことができますよ。ぜひカメラ片手に只見線沿線へ足を運んでみてください。


また、福島県には下記のような見どころもありますので、あわせてお楽しみください。


憧れの尾瀬!どこまでも続く木道と高山植物の魅力とは?


見た目はシンプルだけど味は絶品!具沢山の汁物こづゆとは?



    ▲ページトップ