景勝地

湖畔一面が雪に包まれる! 幻想的な冬の田沢湖を観に行こう

2018-11-30

関連キーワード

秋田県仙北市にある田沢湖は、日本で最も深いとされている湖であり、その全域が四季折々に姿を変える絶景スポットとしても知られています。今回はそんな田沢湖の冬の魅力を紹介していきましょう。

日本百景にも選ばれている景勝地「田沢湖」

田沢湖は日本百景のひとつに選定されている、秋田県でも人気の観光名所です。湖全域が田沢湖抱返り県立自然公園に指定されており、その湖畔には歴史ある名所や旧跡などが点在しています。また、田沢湖と言えば「たつこ姫伝説」でも有名で、湖畔には金色に輝く「たつこ像」や「たつこ観音」といった、伝説にまつわる像が4体建てられているほか、湖の北岸にはたつこ姫を祀っている御座石神社も建てられています。また、湖畔ではドライブやサイクリング、遊覧船などが楽しめるレジャースポットも豊富で、さまざまな角度から田沢湖の絶景を満喫することができるそうです。

田沢湖では美しいブルーの湖面が1年を通して楽しめますが、冬になると湖畔が雪に覆われ、より神秘的な光景が広がるとのこと。雪の白と湖面の瑠璃色のコントラストが織りなす絶景が楽しめるのは冬だけの特権ですね。ぜひしっかりと防寒をして、冬の田沢湖の絶景を観に足を運んでみてください。

※写真提供:一般社団法人秋田県観光連盟


また、秋田県には下記のような見どころもありますので、合わせてお楽しみください。


日本海の恵み!秋田県の旬の味覚「ハタハタ」を味わいつくす


秋田の代表的な調味料を使用した美味しいしょっつる鍋に注目!



    キーワード一覧

    ▲ページトップ