温泉

豊富な湯量と砂蒸し風呂で有名な指宿温泉

関連キーワード

指宿と書いていぶすき温泉と読める方は少ないのではないのでしょうか?
指宿温泉と書いてあると思わずゆびやど温泉と読んでしまいそうですが一度聴いたら印象に残る珍しい名前の温泉です。
指宿温泉は鹿児島県指宿市東部にある温泉群の総称であり、その中には摺ヶ浜温泉や弥次ヶ湯温泉、二月田温泉などがあり、東洋のハワイと呼ばれ、1960年のハネムーンブームには大いににぎわい、話題となった南九州最大の温泉郷でもあります。
現在でも鹿児島県内では有数の観光地として多くの観光客が訪れています。
指宿市内にはなんと源泉がなんと800か所以上を数え、1日に12万トンもの湯量を誇ります。
お湯はお肌にうるおいを与える保湿成分であるメタケイ酸の含有量が大変豊富であり、美人の湯としても人気となっています。

スポンサー

指宿温泉の泉質と入浴方法

温泉源によって泉質に違いがありますが、おおむねの泉質はナトリウムー塩化物泉。
美肌の他、神経痛、疲労、関節痛、胃腸病、婦人病、冷え性などの効能が挙げられます。
湯量が豊富なのでかけ流しの宿が多く、宿によって泉質に多少の差があります。
指宿温泉の効能を最大限に高めるためにはまず入浴前にコップ一杯のお水を飲み水分を補給。入浴前にかけ湯をし、身体の汚れを取りながらお湯の温度に身体を慣らしましょう。
滑るのを防止するためと血圧の負担を軽くするため、湯船に入るときはゆっくりと出入りしましょう。
入浴はある程度あたたまったら肩を出しできるだけ胸までの水位が理想的。心臓の負担を最小限に抑えられます。
無理して長くは入らずに、汗をかいたらお湯から出て、上がるときはタオルで良く身体を拭いてから上がり、1時間ほどゆっくりと身体を休めましょう。

指宿温泉に着たら1度は体験したい摺ヶ浜の砂むし温泉

指宿温泉で有名なのが砂むし温泉が人気の摺ヶ浜温泉。
砂の中に埋まってあたたまるというびっくりするような入浴方法ですが、一度体験すると想像以上に心地よく、また入りたくなる不思議な温泉であり、浴衣を着たまま人様の手を借りて入るという体験ができます。
砂むし温泉の摺ヶ浜温泉の他、日帰り温泉、公衆浴場、足湯なども充実しています。
他の温泉にはない体験ができるワクワク感溢れる温泉、それが指宿温泉なのです。
砂の中に入ってなぜ温泉なの?砂むし温泉未体験の方は不思議で仕方がないかもしれません。
砂むし温泉は砂浜の地下を流れている温泉の源泉を利用した温泉。
海岸沿いのある温泉で長さ1キロの砂浜に温泉の高温部があり、そこの砂を攪拌して身体が埋められるようにし、浴衣を着たまま係員に砂を盛ってもあり、埋まってあたたまる入浴方法です。
自分一人ではできないため、必ず係員が行ってくれます。
泉質は湧出温度82度のナトリウム塩化物泉。
砂に埋まることで高温の砂により血管が拡張し、砂の圧力により血液量を増やすことが出来ます。
寝ながら入ることにより、血液が巡りやすくすることが出来ます。
身体の老廃物を排出するデトックス効果も期待でき、全身美容、アトピー、喘息、リウマチ、腰痛、神経痛などにも良い効果が期待できます。
入る時間はほんの10分程度。
熱いためあまり無理をして長く入るものではありません。
砂むし温泉を体験できる場所として有名なのが立ち寄り湯として人気の砂むし会館 砂楽(さらく)です。
さらくとは鹿児島弁で歩き回るという意味。
砂浜を歩き、楽しむという意味が込められています。
その名の通り、砂むし温泉を安心して楽しめるほか、砂むし風呂の後にも男女別内風呂があり、泡風呂・ジェットバス・サウナを楽しむことが出来ます。
軽食コーナーもあり、営業時間は平日8:30~12:00(閉館21:00)、13:00~22:30(閉館21:00)、土・日・祝日は8:30~20:30まで営業しています。
入浴料は大人1080円、小学生以下590円。
内風呂のみは大人610円、小学生以下300円と格安です。
駐車場も広く、90台程無料で駐車することが出来ます。ボディシャンプーもシャンプーもあるので安心。ただしボディタオルとバスタオルは有料となります。
せっかくじっくりと入浴するのですからボディタオル・バスタオルは事前に持って行くと安心です。
砂楽は宿泊できませんが、砂むし温泉風呂を持っている大規模旅館もあります。
宿泊をする際に砂むし温泉を体験したのであれば、砂楽周辺の温泉宿を探すか、砂むし温泉風呂を持っている旅館を探すとスムーズです。

スポンサー

指宿温泉の足湯・公衆浴場

指宿温泉は足湯・公衆浴場や日帰り温泉も豊富にあることで有名。
宿泊する宿だけではなく様々な温泉を大いに楽しむことが出来ます。
指宿温泉郷の散策を楽しんだ後、ちょっと一休みしたいという時はさっと立ち寄れる足湯場あると嬉しいですよね。
指宿温泉には主に7か所ほどの足湯があり、ほとんどが無料で入ることが出来ますが、入る前には確認が必要です。
足湯の中でも指宿ならではの足湯が海上ホテルにある砂足湯。
日中の引き潮時に足楽しむことが出来ます。
身体中入らなくても足だけでも砂むし温泉を楽しむことが出来ます。
公衆浴場は十数か所あり、300円程のお手頃料金で入ることが出来ます。
数ある公衆浴場の中で特に有名なのがいぶすき元湯温泉。
指宿温泉発祥の湯ト言われており、泉質は高温でメタケイ酸が豊富。美肌の湯として地元の方、観光客から親しまれ、愛されています。
公衆浴場によって定休日や営業時間、泉質、効能などがそれぞれに違いがあるため、良く確認し、自分に合う公衆浴場を選び、大いに指宿温泉を満喫しましょう。

スポンサー

    ▲ページトップ