ガーデニング

エゴノキをシンボルツリーに育てたい!

2018-12-03

関連キーワード

エゴノキは、日本が原産地の落葉樹です。耐寒性も耐暑性もあって日本の気候に合っていて育てやすいのでおすすめの木です。高さは、7m~8mにも成長する木ですのでシンボルツリーにするのもおすすめです。
エゴノキをシンボルツリーで楽しむ場合の魅力についてご紹介したいと思います。

エゴノキの魅力とは?

エゴノキは、沖縄から北海道まで育てることができ、どこでも育てやすい木です。日本では奈良時代万葉集にも読まれた古い歴史のある樹木となっています。この万葉集に詠まれたことのある木には160種類ほどあるのですが、その中の一つと言え、古くから親しまれています。

エゴノキの魅力は、小さな白やピンクなどの釣鐘状の花がたくさん下がって咲く様子にあります。花が咲いた様子がとてもかわいい印象の落葉樹です。

また、「エゴノキ」という名前についてですが、小さな実の皮に毒があってえぐいことから「エゴノキ」という名前が付けられています。エゴノキの特徴としては、小さな花と実に特徴があると言えます。

エゴノキを育てるには?

耐暑性や耐寒性があるエゴノキは育てやすいのですが、育てる上でのコツもあります。エゴノキは、日当たりのいい場所の腐植質の多い土に植えるのがおすすめです。

ただし、西日は当たらない場所がいいとされ、よく考えて植えることも必要です。エゴノキは、乾燥を嫌う特徴があり、西日が当たると乾燥しますので気を付けましょう。湿り気のあるような場所を選んで植えるのが最適です。

エゴノキをシンボルツリーに育てるには?

また、エゴノキはシンボルツリーにおすすめと言われていますが、どんな点がいいのでしょうか。エゴノキは大きくなると野趣あふれる雰囲気の樹形になる点が人気となっています。

落葉樹は、冬になると葉がなくなって寂しいのですが、葉が散っても樹形がきれいで雑木林風に自然な雰囲気があってきれいです。株立ちのエゴノキは特に雰囲気があっておすすめと言えます。そして、5月頃に白い小さな花がたくさん咲く様子がとてもかわいい雰囲気を作ってくれます。春の花を楽しむシンボルツリーとしておすすめです。

また、花は白だけでなくピンクの花もかわいく「ピンク・チャイム」という品種もあって楽しみです。「ピンク・チャイム」は、白い花のエゴノキよりも樹高が3m~5mと低いのが特徴で、あまり高さの高くないシンボルツリーを植えたい時には「ピンク・チャイム」がおすすめです。

「ピンク・チャイム」は若い木の段階では枝が下がるようになり、いろいろな表情を楽しむことができるのもいいでしょう。

大きく育つのでシンボルツリーとしておすすめ

白い花のエゴノキは大きく7m~8mに育つ点でも広い庭では、シンボルツリーとして存在感が演出できるのが魅力です。玄関などの目隠しに大きな木をシンボルツリーとして植えておくといいですよね。「ピンク・チャイム」と一緒に植えて、白とピンクの花と樹高の違いを楽しむ方法もいい方法です。

それでも、あまりエゴノキが成長しすぎるという場合には、剪定で調節してみましょう。剪定の時期は、落葉樹ですので葉っぱが落ちてから剪定をしましょう。

ただ、通常の剪定方法として、あまり強い剪定は必要なく、不要な枝を枝元で切っていく程度で大丈夫です。あまり強く剪定してしまうと新しい芽が出てきませんので注意も必要です。からみ枝などを切って整理する程度に剪定していくのがコツと言えます。

シンボルツリーを落葉樹にするメリットは?

エゴノキは、落葉樹ですが、シンボルツリーにおすすめです。落葉樹をシンボルツリーにするメリットも知ってみたいですよね。

常緑樹は一年中緑を絶やさないのでシンボルツリーにいいのはよくわかりますが、落葉樹をシンボルツリーにすると日当たりの面でのメリットがあります。春から秋の成長期は、葉っぱをきれいに茂らせて爽やかに木陰を作ってくれ、秋冬の日当たりが欲しい時期には、葉を落として日向を作ってくれるメリットがあります。

特に下草を植えている場合には落葉樹を植えることで冬の日当たりが確保できていいことになります。

エゴノキを大きく育ててみませんか?

エゴノキの魅力についていろいろとご紹介しました。エゴノキの魅力は、かわいい白やピンクの花が5月頃に咲き、秋になる実を見て楽しめることです。実の皮には有毒性があり、気を付ける必要がありますが、実がなっている姿もかわいくて人気です。

また、実から種を取って育てている人もいて、たくさん増やすこともできます。エゴノキをシンボルツリーにして、どんどん増やしてみるのもいいですね。

株立ちのエゴノキを選んで植えると雑木林のような自然な雰囲気を楽しむことができて和みます。成長も早く、育てやすいエゴノキをシンボルツリーに大きく育ててみてはいかがでしょうか。沖縄から北海道までどこの家でもシンボルツリーにできるというのもエゴノキの大きな魅力と言えますね。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ