ガーデニング

カポックを育てるのは簡単?注意することは?

2018-12-04

関連キーワード

観葉植物のカポックは、かわいい特徴的な葉が人気ですが、正式名称は「シェフレラ」というのを知っていますか?
カポックを育てたいと思う人も多くいますが、育て方は簡単なのでしょうか。注意することも気になりますのでご紹介します。

カポックはどんな植物?

カポックは、台湾や中国南部が原産地で、ウコギ科で正式には「シェフレラ」と呼ばれます。熱帯アジア・オセアニアにおよそ150種もの「シェフレラ」があります。

樹高は3mから大きくなると10mにもなるという巨大な種類もあります。葉っぱが特徴的で光沢のある緑の美しい色をしている常緑樹です。手の平のように葉っぱが開いた形をしていて可愛いいのが人気です。実は「カポックノキ」というパンヤ科の木があって、それに似ていることから「カポック」と呼ばれることが多いのですが、別に「カポックノキ」という落葉高木の木があって本当は別物です。

そして、そのカポックの中でも一番普及しているのが「ホンコンカポック」と言われるものです。葉っぱに厚みがあって、丸くなっていて可愛らしいのが特徴となっています。また、黄色の斑入りの明るい葉をした「フイリホンコンカポック」も人気です。

カポックを育てるのは簡単?

実際にカポックを育てる方法については、簡単かどうか気になりますが、育てやすさは普通と言われています。耐寒温度は、亜熱帯植物ですので0度程度あればなんとか育つようです。通常は、樹高はそれほど大きくならず低木となり、鉢で育てやすい観葉植物となっています。

そして、カポックを育てる際には、日陰でも育ちますが、日に当てた方が良く育ち、葉の色も良くなっておすすめです。生育期は、5月~9月でその時期に水をたっぷりやって育ててみましょう。肥料を定期的に2か月に1度ほど液体肥料ではなく、ゆっくりと効く固形肥料をやると、バランスのいい育ち方をします。元々大きく育つ木ですので、あまり肥料を与えすぎると大きくなりすぎることもありますので、大きくしたくない場合は肥料を遣りすぎないように注意します。

水はけがよくて腐葉土などを混ぜた土に育てるのがいい方法です。

育てる上で注意することは?購入時の選び方は?

カポックはよく上に生長しますが、その割に茎が柔らかいので育てる上では注意が必要です。支柱を立てて茎を固定しながらまっすぐ育てるようにするのがおすすめでしょう。

また、カポックを購入する際の選び方としては、カポックの特徴的な葉っぱが大きく、茎もしっかりと丈夫に立っているものを選びましょう。園芸店ではいつでも見かける苗ですが、おすすめの購入時期は4月~5月です。春から秋が生育期ですので、その時にしっかり根が張れるようにその前に購入するのがおすすめです。

また、害虫が付いていないかも気を付けましょう。あまり病害虫は付かないのですが、暑い時に葉の裏にハダニやアブラムシが付いていることがありますのでよく見て購入するのがコツです。

そして、育てる際にも、夏はよく水遣りをする際に葉っぱや茎にも水を掛けて、ハダニやアブラムシが付かないようにしましょう。風通しのいい所に置いてあげると丈夫に育ちます。

カポックの葉が落ちる?

カポックを育てる上で注意したいことは、葉っぱが落ちることで悩んでいる人も結構いることです。カポックの葉が落ちる原因にはいろいろな原因があります。

冬は、暖房で乾燥しすぎて葉が落ちることがあります。生育期でないからとあまり水を遣らないでいると葉が落ちることがあります。暖房のある部屋で育てている時は乾燥にも気を付けることが大切です。あまり暖房が当たらない所や暖房を入れない部屋で育てるのも一つのコツです。

また、日陰の場合もカポックは葉を落としてしまいます。日当たりが悪くて水を遣りすぎるため葉を落としてしまうことも結構あります。もっと明るい場所にカポックを移してあげることも大切です。

また、生育期でない時などに液肥などを与えすぎて、肥料を消化できずに根が弱ってしまうこともあり、そのために葉が落ちます。

こうしたいろいろな原因が考えられますので、どれが当てはまるのかを考えてみることも必要です。特に冬の育て方と水遣りの問題、そして日光に当てることなどを大切にして育ててみるといいでしょう。

カポックをバランスよく美しく育ててみましょう

カポックは、0度以上あれば大丈夫ですし、割と育てやすい植物と言えます。見た目も葉っぱの可愛らしさがあり、たくさんの葉が付く様子にとても人気があります。切り戻しなどをしながらきれいな樹形をバランスよく保つことで、きれいなカポックを楽しむことができるでしょう。

生長が早いカポックですので1年~2年に1回ほど植え替えをしながら育ててみるといいでしょう。斑入りの葉の「フイリホンコンカポック」も可愛くておすすめです。中には葉が細いものなどもあり、カポックだけでも150種類もありますので、いろいろな種類のカポックを育ててみるのもかわいくていいかもしれませんね。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ