家庭菜園

ピーマンを育てる上で注意することは?

2018-12-05

関連キーワード

ピーマンは家庭菜園でも育てやすい野菜です。ピーマンを育てるとたくさん収穫できるとも言うことで人気があります。そこで、ピーマンを育てる上での注意点も詳しく知ってみませんか。

ピーマンはトウガラシ属!

ピーマンと言えば、夏野菜ですが、ピーマンの原産地はどこなのでしょうか。ピーマンの原産地は南アフリカで、トウガラシ属の野菜です。トウガラシ属の中で辛くなく実が大きくて肉厚になるのが「ピーマン」と呼ばれているものです。

辛み成分のカプサイシンを含まないのがピーマンです。確かに見た目はトウガラシを大きくしたような形ですよね。葉っぱもよく似ているナス科のトウガラシ属です。

ピーマンの未熟な果実を食べているから?

そして、ピーマンと言えば、すぐグリーンの実を思い浮かべますが、このグリーンの実は未熟な実を食べているからというのを知っていますか。緑のピーマンが熟していけば、赤色や黄色、橙色などに変わっていきます。時々、そんな色に一部変わっているピーマンを見かけることもありますよね。

また、最近ではカラーピーマンも流通するようになりました。北アメリカンドではもっと大きくなったカラーのピーマンがたくさん流通していて、未熟な白いピーマンや黒っぽいピーマンもあってピーマンの種類も多彩です。

よくスーパーなどでも見かけるようになったパプリカは、カラーピーマンの一種と言え、緑のピーマンより少し大きくて肉厚で甘みも強いのが特徴です。赤色や黄色、橙色が多く出回っていて中には白色や、黒色もあります。形もベルのような可愛らしい形をしているのが特徴と言えます。

ピーマンの栽培の特徴は?

ピーマンは、南アフリカが原産地という事で、高温な気候を好みます。そして、日本のような多湿には弱く、また乾燥にも弱い特徴を持っています。

ピーマンは3月下旬~4月上旬頃に種を蒔き、5月上旬~6月上旬に苗を植えつけ、夏に収穫します。ただ、今は年中流通しているピーマンですが、本当は寒さに弱く、冬の寒い時期はハウス栽培がおこなわれています。ピーマンの生育適温は22度~30度と言われ、暑さには強いと夏野菜と言うのが特徴です。

ピーマンの多湿と乾燥に弱い点には注意が必要!

ピーマンは、多湿と乾燥に弱いとのことですが、植える際にも注意が必要です。水はけのいい土に植えて多湿を防ぐとともに、ピーマンの根は浅いのですが、あまり乾燥しないように深く耕して植える必要もあります。プランターで家庭菜園する場合も深いプランターを選んで植えるのがコツです。

また、プランターで家庭菜園をする場合には、過湿になりがちですので、底にメッシュが付いたプランターやプランターの下の部分に網に入れた発泡スチロールなどを入れてあげるのもいい方法です。

そして、乾燥にも弱いため、水遣りは1回の水遣りをたっぷり遣るようにするのがコツです。

ピーマンは種から育てると苗まで育てる期間が長い!

また、ピーマンは、種から育てると苗までに育てる期間が長くなってしまいます。苗を植えつけるまで2か月ちょっともかかってしまいます。そこまでの管理が大変ですので、初めてピーマンを育てるという人は、種ではなく苗を購入するのも簡単でおすすめです。

苗を植える場合は、気温が暖かくなった5月上旬~6月上旬に植えつけるのがおすすめです。苗はすでに一番花が開花しているものや花が咲きそうな苗を選んでみましょう。育てやすくなります。

水遣りの泥はね予防の対策も必要!

ピーマンは病害虫には意外と強いのですが、ピーマンの苗を植えてから、水遣り時の泥はねによる病気には気を付けることが大切です。ビニールマルチを張ったり、敷き藁をしたりして泥はねを防ぐように注意しましょう。

ピーマンは肥料もたくさん必要!

また、ピーマンは育てる上で、肥料もたくさん必要な野菜で、1番果が付いたら1回目の化成肥料の追肥を行います。その後も月に2回追肥を行い、液肥の場合は毎週追肥をする必要があります。

ピーマンは収穫するまで肥料をきちんと追肥することで、6月~10月下旬まで長く収穫することができます。追肥をしてたくさん収穫するようにしていきたいですね。

ピーマンの特徴を知って育ててみませんか?

ピーマンの育て方についてご紹介しましたが、ピーマンは、多湿と乾燥の両方に注意して育ててみることが大切です。

プランターでの栽培の場合は、深いプランターを準備して育ててみましょう。水遣りをする場合は、1回の水遣りをたっぷり遣って育てるのがコツです。そして、水遣り時の泥はねに対策を取ることも大切です。それさえ気を付ければ、あまり病害虫の心配もなく育てることができます。

ピーマンの背丈が60cm以上になったならば、しっかりとした支柱も立てながら追肥をきちんとやって育ててみませんか。ピーマンは、調理にもいろいろ使えますので、長くたくさん収穫できるととても嬉しいですね。家庭菜園のスタートとして育ててみてはいかがでしょうか。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ