パン

手軽で人気のホットドッグはなぜホットドッグという名前なの?

2018-12-07

関連キーワード

ソーセージ大好きの方、ケチャップ・マスタード大好きな方を虜にするのが手軽で美味しいホットドッグです。
ホットドッグとはよく焼いた熱々のソーセージを挟み、ケチャップそしてマスタードがかかったパンの事。
お店によっては玉ねぎのみじん切りやピクルスのみじん切り、炒め千切りキャベツなども挟まっています。
発祥はアメリカで特に若者の間では根強い人気を保っています。
しかし素朴な疑問でなぜホットドッグは犬の肉を使用しているわけではないのにホットドッグという名前が付けられたのかご存知でしょうか。

・ソーセージが細長く、犬のダックスフンドの形に似ていることからホットドッグと呼ばれるようになった

・フランクフルトソーセージの事をダックスフンドソーセージとドイツで以前から言われており、ニューヨークにおいてドイツ系移民の人がこのソーセージを売りあるき、のちにパンにはさむようになり、漫画でパンに挟まれた熱々の湯気の立ったダックスフンドソーセージが書かれ、ホットドッグと言われるようになった

などいくつかの説が挙げられます。

どちらにしてもダックスフンドの形に似ていることから名づけられたと言ってよいでしょう。
アメリカではトマトケチャップとマスタードがホットドッグには欠かせないものですが、フランス・パリではケチャップは使用せず粒マスタードとチーズが使用され、ちょっぴりお洒落な仕上がりのホットドッグが人気となっています。
パンも柔らかいパンではなく、バターをたっぷりつけたバゲットをカリっと焼いたものを使用したものが多く、チーズとバター、粒マスターとソーセージの相性は抜群。
フランスのホットドックはワインにピッタリ合うので、ワイン好きの方におすすめです。

自宅でホットドッグを作る際は美味しいーソーセージと好みのパンを用意しましょう。
ソーセージは油を敷いたフライパンでじっくりと焼いて熱々にするのもおいしいですが、ひと手間加えて一度ボイルをしてから焼くようにするとパリッとした美味しさとジューシーさの二通りを楽しむことができ、最高に美味しくいただけます。
栄養を考え、キャベツの炒めものを挟もうと考えている方はキャベツを炒める際にカレーを少し入れて炒め、味を付けると美味しさと風味がアップします。
また、お子様にはカットしたゆで卵を加えたり、手作りのお肉たっぷりのミートソースををケチャップがわりに使用すると大変喜ばれます。
自分で作るとアレンジは自由自在。チーズ好きの方はスライスチーズやクリームチーズなどを一緒に挟むと後を引く美味しさとなります。
あまり大きいホットドッグは食べられないという方はロールパンと短いウインナーで小さ目のホットドッグを作ってみましょう。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ