ガーデニング

米寿のお祝いに最適の花は?色はどんな色がおすすめ?

関連キーワード

米寿のお祝いをする際に、お祝いとして花を贈るのもおすすめです。米寿のお祝いの花にはどんな花を贈るのがいいのでしょうか。
長寿のお祝いにはその時のテーマカラーがありますので詳しくご紹介します。

スポンサー

米寿のお祝いのテーマカラーは何色?

88歳の米寿のお祝いのテーマカラーは、濃黄色で山吹色から黄金色のような黄色や金茶色と言われています。ただし、仏花として使われるなどを選ぶのは避けた方がいいでしょう。

それでは、濃黄色の花ということですが、どんな花を贈るのがおすすめでしょうか。中々濃い黄色の花と言っても思い浮かべないですよね。おすすめは、黄色やオレンジ系の花を選んでみると選ぶのがいい方法です。黄色はビタミンカラーとも呼ばれ、元気が出る色です。明るくてきれいな色を贈るとお祝い事ですので喜ばれます。

米寿のお祝いにはバラもおすすめ!

黄色の色がある花と言えば、以外であればバラなどもおすすめです。バラの黄色でしたら、バラだけでも様々な黄色の種類がありますので、それを組み合わせてフラワーアレンジなどや花束などにして贈るといいでしょう。中には米寿に合わせて88本の黄色のバラの花束を贈る人もいて、とても豪華で記念になります。

黄色のバラの品種としては、濃い黄色の「フリージア/サンスプライト」や「サプライズ」「サン・アンド・ハート」などという品種や少し薄めの黄色の「トゥールーズ・ロートレック」「イエロー・クイーン・エリザベス」などという品種などがあります。「グラハム・トーマス」などもイングリッシュローズとして有名です。第二次世界大戦後に作られたという黄色のバラ「ピース」などものもあり、名前が示すように淡い黄色の優しい色もいいでしょう。

このように黄色のバラと言っても様々な黄色がありますので、少しずつ濃淡を変えながら贈ってみるのも素敵です。黄色のバラの花言葉は、「友情」「献身」「可憐」「美」「さわやか」などです。他に「嫉妬」などもありますが、米寿のお祝いにあまり気にせずに贈ることができるのではないでしょうか。

スポンサー

バラ以外に胡蝶蘭などもおすすめ

バラ以外におすすめの花は、黄色の胡蝶もおすすめです。長持ちもしますし、鉢植えなどの胡蝶を贈ってみるのもいいでしょう。胡蝶の花言葉は「幸福が飛んでくる」とも言われているため、縁起のいい胡蝶は、祝いごとにもおすすめです。特に「ゴールデンエイジ」などといった黄色の花もあって米寿の長寿のお祝いにはピッタリと言えます。

また、「オンシジウム」も可愛らしくて小さな花をたくさん咲かせてくれて可憐で素敵です。香りがあるランの花を贈り物として選ぶのは癒される楽しみもあっていいですよね。

黄色の百合も素敵!

また、黄色の大輪の百合ならば華やかで贈るのにもおすすめです。黄色の百合の花言葉には「陽気」などがあり「偽り」などという花言葉もありますが、米寿の贈り物にはあまり考え過ぎなくても大丈夫でしょう。「スカシユリ」や「コネチカット・キング」などといった黄色の百合の品種がありますので選んでみませんか。

百合も花が長持ちしますので、蕾のものなども贈るとより長持ちしておすすめです。

スポンサー

プリザーブドフラワーも長持ちして手間いらずでおすすめ

あとは、生花だけでなく、世話が要らないプリザーブドフラワーを贈る方法も最近では人気です。黄色やオレンジなどを中心とした明るいプリザーブドフラワーを選んでみるといいですよね。

プリザーブドフラワーとは、英語で「保存された花」という意味です。プリザーブドフラワーは一度生花を乾燥させ、脱色した後着色して加工しています。色が長持ちして世話が要らないのは大きな魅力と言えます。

プリザーブドフラワーでは黄色のバラなどを中心としたものが多く、華やかで明るいものが楽しめて素敵です。最近では、多くのプリザーブドフラワーがありますので、色を黄色で絞って選んでみてはいかがでしょうか。

長寿のお祝いの花としておすすめの条件は?

長寿のお祝いの花として贈る条件は、濃黄色のテーマカラーも大切ですが、本人の好きな色ももちろん大切です。そうした色も取り交ぜながら選ぶといいですよね。また、明るくて珍しい色合いなどの花を贈れば、とても貴重で喜ばれるでしょう。

また、贈り物としては花が長持ちするものを贈るのもおすすめです。百合や胡蝶のように長く花が楽しめるものはその点でもいいでしょう。さらに長持ちするものと言えば、プリザーブドフラワーも湿度の低い所に置いておけば結構長持ちします。

長寿で元気な方に贈るには、自分で育てる楽しみがあるものも贈ってもいいですよね。胡蝶オンシジウムなどの鉢植えもいいものです。贈る場所によっても持ち帰りしやすいものなども考えて贈りましょう。

色を楽しみ、長く鑑賞できるもの、育てる楽しみがあるものなど、贈る相手のことを考えながら、一番楽しんでもらえるものを米寿のプレゼントすることができたらいいのではないでしょうか。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ