食文化

食感が色々と楽しめる!大人気の栃木県日光市名物の湯波

2018-12-11

関連キーワード

テレビや雑誌などの旅行グルメで良く紹介されるのが大豆加工食品であるゆばです。
ゆばは京都と栃木県日光のゆばが有名。
同じゆばでも京都では湯葉と書かれ、日光では湯波と漢字が変わります。
この漢字の違いはどちらも同じく大豆で作られる豆乳を煮詰めていくうちに出来る膜を引き上げたものなのですが、そのゆばを引き上げる工程の違いで違いがあるのが原因。
京都の湯葉は引き上げる時一重で引きあげるためやわらか。
日光の湯波はニ重にして引き上げるため一重の湯葉よりもボリュームのある食べ応えとしっかりとした食感を楽しめます。

今回はこのしっかりとした食感の日光市名物の湯波についてご紹介しましょう。

日光の湯波の歴史はなんと1000年以上。
もともとは日本では無く中国のお坊さんが食べる精進料理の中のたんぱく源となるものの1つで日光に伝わり、僧侶たちの貴重な栄養源として食べられてきました。
湯波は畑の肉と言われる大豆の栄養のある部分と旨みが凝縮されたもの。
引き上げてすぐの湯波は生湯波と言われ、様々な料理に使用されるほか、そのまま御刺身として食べられています。
生湯波を乾燥させたものは乾燥湯波と言われています。
乾燥湯波は半生状態の時に巻く、結ぶなどをしてから良く乾燥させ、吸い物等に使用されるものがあるほか、シート状で乾燥させたものがあり、水に戻してから様々な具材を巻く・重ねるなど工夫しながらの料理が楽しめます。

栃木県日光に観光となると代表的な郷土料理として観光客の目玉となっている湯波料理。現地に行くと懐石料理や定食などを楽しめるお店が沢山あります。
手軽にお得に日光湯波を楽しみたいのであればランチタイムがおすすめです。
日光にはディナーよりも安く湯波の美味しさを堪能できるランチのお店があちこちにあり、どこにしようか迷ってしまうほど。
グルメ雑誌や旅行雑誌、ネットやお店の雰囲気やお店の外に出ているおすすめメニューなどを見て、自分が食べたいお店を選ぶとよいでしょう。
美味しい引き上げ湯波のお刺身や揚巻湯波の煮物、和え物、あんかけや蒸し物、田楽やゆばしゃぶなどお店によって様々な湯波メニューが食べられます。
ゆばというのは料理の幅が広く、デザートやスイーツとしても人気。
今、日光名物の湯波を使った揚げ湯波まんじゅうが話題となっています。
柔らかな豆乳を加えてできた皮にあんこが入り、湯波の衣をつけて揚げた揚げ饅頭の出来立ては絶品。
外側にほんのりと塩がかかっているのが絶妙なおいしさ!日光に行ったときには食べる価値大です。
湯波はヘルシーで身体が喜ぶ食材。美容と健康のために日頃のおかずとして最適。
気軽にネット通販で購入してみるのもおすすめです。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ