家庭菜園

ほうれん草を育てるコツは?

2018-12-11

関連キーワード

ほうれん草を家庭菜園で育てている人もいるでしょう。また、これから育ててみたいという人もいますよね。
ほうれん草を家庭菜園で育てるコツについて詳しくご紹介します。ほうれん草を育てる上でいい点は、冷涼な気候を好み耐寒性があることです。育て方について見ていきます。

スポンサー

ほうれん草はどんな野菜?

ほうれん草の原産地は中央アジアから西アジア、カスピ海南西部近辺と言われています。日本には江戸時代初期に伝わった野菜です。ほうれん草は、現在では圧倒的に中国で一番多く作られ、次にアメリカ、そして日本やトルコなどで栽培されています。

フランス、イラン、ベルギーなどでも幅広く作られている野菜となっています。日本では千葉県や埼玉県が多く採れる産地です。

そして、ほうれん草は、葉が厚ぼったくて丸みを帯びている形の「西洋種」と葉が薄く切れ込みが大きくて根元が赤い「東洋種」があります。私たちに日本人に昔からなじみのあるのは「東洋種」ですが、病気に弱く、寒さにもあまり強くない種類です。また虫も付きやすいということで、ここの所「西洋種」などのほうれん草が出回ってきています。

ほうれん草は冷涼な気候で柔らかく美味しくなる!?

そんなほうれん草ですが、一般的に冷涼な気候で育てると葉が柔らかくなり美味しくなるとも言われています。日本でも千葉県、埼玉県が産地ですが、岐阜県高山市のような涼しい地域でもたくさん栽培され、美味しいほうれん草が収穫されています。

また、ほうれん草は、11月~12月中旬位までが秋蒔きのほうれん草の収穫時期で冬のほうれん草も美味しくなります。収穫前に冷たい5度以下の気温にさらされると「寒締め(かんじめ)」となり、低温をストレスと感じることで糖度やビタミンC、E、βカロチンなどの濃度がほうれん草に増します。寒さに合うといいこと尽くしになりますね。

今ではいつでもスーパーなどで手に入るほうれん草ですが、冬のほうれん草は、美味しくて栄養満点なので取り入れてみるのもいいでしょう。ただ、ほうれん草を育てる場合には、0度以下になると生育が悪くなってしまいますので、あまり遅い12月の収穫を寒い地方する場合は注意が必要です。

スポンサー

ほうれん草はプランターでも育てられる?

また、ほうれん草は広いスペースがなくてもプランターで充分育てられるのもいい点です。日当たりのいい場所、水はけのいい土で育てることができればプランターでも大丈夫です。

ただ、ほうれん草は、原産地が中央アジアから西アジア、カスピ海南西部近辺で酸性土を嫌いますので、植える前には土壌改良しましょう。種を植える2週間前に苦土石灰を土に混ぜておくのがおすすめです。さらに1週間前には、完熟堆肥や化成肥料などを混ぜましょう。

また、プランターで初めてほうれん草を育てる場合には、野菜用培養土を入れるのも簡単でおすすめです。元肥が最初から入っていますので使うのに便利でしょう。

そして、種を蒔く際には水に一晩漬けた種を1cm間隔で植え、列は10cm開けてプランターならば2列ほど蒔くようにしましょう。それから、本葉が2枚~3枚ほど出てきたら株の間を3cmほどに間引いていくのもコツです。

さらに、大きなほうれん草を収穫したい時にはもう一度、本葉が4~6枚位になった時に間引きましょう。株の間を5cm~7㎝程度開けてあげるように間引いていきます。ただ、プランターで育てる場合には1回目の間引きだけでも大丈夫です。

プランターでの水遣りと追肥については?

そして、プランターに土を入れる場合ですが、プランターの縁の高さから3cmほど低く土を入れるのがおすすめです。それを「ウォータースペース」「水しろ」などと言い、プランターや鉢の縁近くまで水を遣るようにスペースを取っておくことで、そこに水を入れて土全体に水が浸み込んでいくようにします。

本葉が数枚になって育って大きくなってきたら、最初の追肥を液肥で行います。それから、収穫までの2週間に1回ずつ追肥をして育てます。

スポンサー

収穫までの寒さ、暑さ対策も

そして20cmほどに大きく育ったら収穫の時期を迎えます。秋に種を蒔いて11月~12月中旬までに収穫する秋蒔きの場合は30日~50日で収穫を迎えることになります。寒い地域で育てる場合は、低温対策としてビニールマルチを張るといいでしょう。

また、ほうれん草は、3月~4月に種を蒔いて5月~6月上旬頃までに収穫する春蒔きもあり、春蒔きの場合は、30日~40日で早めに収穫できます。ただ、夏の暑さがあり、あまり暑さに強くないほうれん草です。遮光ネットなどで対策を取ることも忘れないように育てることが必要です。ほうれん草の最適な生育温度は16度~20度で、気温に注意して育ててみましょう。

ほうれん草をプランターで育てて新鮮な葉野菜栽培を!

ほうれん草を育てるのは、初心者でもプランターで育てることができて便利です。ほうれん草を育てておくことで、野菜が高値で困る時も自分で育てた新鮮な葉野菜を食べることができますよね。

それほど育てることも難しくない葉野菜ですので、ほうれん草の栽培に挑戦してみませんか。ほうれん草は、様々な料理に使えますし、生のままでも一度茹でてからでも冷凍保存可能で、とても重宝する野菜となるでしょう。

    ▲ページトップ