周りには世界遺産も数多い「金閣寺」観光スポット5選!

2018-12-14

関連キーワード

京都でも有数の知名度を誇る「金閣寺」やその周辺には人気の観光地が集中しているエリアでもあります。
そこでここではその金閣寺とその周辺の観光スポットを紹介していきたいと思います。

1、金閣寺

「金閣寺」という名前で銀閣寺とともに広く知られているお寺です。
1394年に将軍職を足利義持に譲った室町幕府三代将軍である足利義満が、この土地にあった西園寺公経の別邸を譲り受けて「北山殿」と呼ばれる別荘を造って隠居したのが始まりとされています。
1408年に義満が亡くなると、その遺命によって「鹿苑寺」と称するようになりました。
釣殿や惣門、金閣など多くの建物がありましたが応仁の乱や戦国時代の兵火にさらされて金閣と不動堂以外は焼失してしまいました。
現在の書院などのほとんどの建物は江戸時代に再建されたものです。
創建以来唯一の遺構で国宝であった金閣は1950年に焼失し、現在の金閣は1955年に再建されたものです。
庭園は室町時代の代表的な名庭として知られ、国の特別名勝・特別史跡に指定されています。
金閣の北にある安民沢・竜門瀑はともに西園寺家庭園の池泉の遺跡です。
安民沢の南東にある銀河泉は義満がお茶をたてる際に使用したという名水です。
西の衣笠山を借景とした緑あふれる庭園と、金色に輝く再建金閣は京都でも随一の観光寺院として多くの観光客が訪れています。

2、龍安寺

石庭で知られる禅刹で、大雲山と号する妙心寺派十刹の一つです。
1450年にこの地を譲り受けた細川勝元が妙心寺5世義天玄承を開山に請じて創建したのがはじまりとされています。
応仁の乱によって焼失しましたが、勝元の子である政元が再建し、以来細川家の菩提寺として栄えていきます。
方丈は塔頭西源院の方丈を移したもので1606年の建立です。
大規模な禅宗寺院方丈の典型として貴重な遺構であり、重要文化財に指定されています。
寺域は約10万平方メートルで、背後には衣笠山があり、前方には創建当初のままの姿といわれる鏡容池を含む境内庭園約3万8000平方メートルが国の名勝に指定されており、方丈南の枯山水庭園は石庭として有名で、国の特別名勝・史跡に指定されています。
この方丈庭園は東・南・西の三方を油土塀で囲まれた約1000平方メートルの長方形の一面に白砂を敷いて、15個の石を東から西へ7・5・3の石組みに配して箒目をたてて波紋の趣を出しているものです。
白砂と石組みと古びた油土塀が美しく調和した石庭の傑作であり、15個の石はどこから見ても1個は隠れて見えないように置かれています。
これらが合わさって絶大な人気を誇る石庭となっているのです。

3、仁和寺

大内山と号する真言宗御室派の総本山です。
899年に落飾し、1018年に性信が2世となって以来、皇室の厚い崇敬を得て明治維新の純仁法親王まで30代にわたって、代々法親王が法燈を継ぎ、門跡寺院の筆頭に挙げられてきました。
約46万平方メートルの広大な寺域は「仁和寺御所跡」として国の史跡に指定されています。
中門を入った左側にある桜は国の名勝に指定され、金堂は国宝指定されています。
金堂は徳川家光によって仁和寺の復興がされたときに皇居の旧紫宸殿を賜って移築したもので、彫刻で装飾した向拝など近世紫宸殿の特徴をよくあらわしたものとなっています。
紫宸殿を移築した遺構として唯一のものでもあり、文化史上きわめて重要な意義をもつものであるとされています。
二王門を入った右にある霊宝館は仁和寺所蔵の国宝や重要文化財をはじめ、彫刻・絵画・古文書・工芸品など多数を所蔵しており、毎年10月1日~15日のあいだに一般公開されています。

4、上品蓮台寺

寺伝によれば聖徳太子が自分で作成した地蔵菩薩を安置して創建、香隆寺と号したのが起こりとされており、市内では最古に属する寺院の一つです。
960年に再興され、現在の寺号に改められました。
室町時代に入ると応仁の乱の兵火で荒廃していきますが、安土桃山時代に紀州根来寺の性盛が再興しました。
当時千本通をはさんで子院12坊を擁したことから十二坊の通称ができました。
現在は3院のみとなっています。
寺宝に現存する最古の絵巻物として有名な絵因果経があります。
南北に細長い境内の本堂背後の墓地入口に平安中期の代表的な仏師として知られている定朝の墓があります。
塔頭照明院にあったものを移したものとされています。

5、船岡温泉

船岡温泉は船岡山の南側に位置し、文化庁の登録有形文化財にも指定されている建物です。
外装は唐破風造の建物で内装はレトロ感あふれるマジョリカタイル、脱衣場の天井に彫られた鞍馬天狗や牛若丸などはまさに芸術と言えます。
大正時代に西陣の真ん中に料理旅館「船岡楼」として創建されたのがはじまりで、富裕層の客が多かったことから建物も豪華絢爛に作られました。
日本初の電気風呂やジェットバス、露天風呂などをはじめ様々な風呂が用意されているほか、堂々としたヒノキ風呂などは歴史と風格を感じさせます。
歴史ある船岡温泉の付近にはゲストハウスやおしゃれなカフェなども多くできていて、歴史と流行りがうまく融合された空間になっているのも好印象です。
芸術と歴史を感じながらのお風呂、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

    ▲ページトップ