景勝地

言わずと知れた日本一の山「富士山」とその周辺の観光スポット5選

2018-12-19

関連キーワード

富士山と言えばだれもが知っている日本一の山です。
雄大な自然とそれを活かしたテーマパークなども多く作られており、観光スポットとしても素晴らしいエリアとなっています。
そこでここでは富士山とその周囲の観光スポットを紹介していきたいと思います。

スポンサー

1、富士山

典型的なコニーデ式の火山は古くは「竹取物語」にも出てくると言われている山です。
どの方角から見えても円錐形の美しい形となっており、観光客も数多く登っています。
昔は一番下から3776mを登らなければいけませんでしたが、現在は富士山スカイラインが標高2400mあたりまで伸びていますし、新富士駅や三島駅からは登山バスが出ていますので五合目まで行くことができます。
登るのは7月~8月が時期となっています。
7月1日に山開きがあり、8月31日には閉じられるからです。
そのためお盆の付近は非常に混雑する山登りでもあります。
9合目あたりには一年中溶けずに見ることができる万年雪は夏に見ると非常に新鮮です。
富士宮口を登りきると浅間神社奥の院があります。
こちらは富士山の力もあって強力なパワースポットとなっています。
富士山は少し離れたところから見る眺望も素晴らしいですし、実際に登っても新たな発見があります。
どちらを楽しむかで悩んでしまうかもしれません。

2、富士サファリパーク

富士山麓の標高850mという位置にあるサファリパークです。
園内は11種類のジャングルバスで回ることができる「サファリゾーン」と、小さい動物たちと触れ合う体験ができる「ふれあいゾーン」に分かれています。
ここのサファリゾーンはマイカーで回ることもできますが、ライオンや虎の絵が描かれたバスで回るほうが楽しさは増すでしょう。
バスに乗ると動物たちにあげるリンゴなどのエサを受け取ります。
途中であったクマなどの動物にエサをあげてみましょう。
ふれあいゾーンではアルパカ、レッサーパンダ、カンガルーなどに触れたりエサをあげたりすることができます。
期間限定で公開している動物などもいますので、前もってどのようなイベントが行われているかを確認した方がよいのかもしれません。

スポンサー

3、富士急ハイランド

絶叫マシンなどで人気遊園地だった富士急ハイランドが近年大きな変化を見せています。
大人1500円だった入園料が無料になり、年間フリーパスは値下げされました。
また、入園時に顔写真が取られることでアトラクションに乗る際に顔認証されるというシステムが導入されました。
これによってフリーパスを購入している人はアトラクションに顔パスで利用できることになります。
また、チケットを買う際に並ぶ手間を省いたという「E-TICKETS」は事前にパソコンやスマホで購入することができますので当日は発券するだけという便利さです。
さらに1つのアトラクションに1枚利用できる「絶叫優先券」は好きな時間に指定することができて待ち時間なしでアトラクションに乗ることができるものです。
通常のチケットよりも少し高くなっていますが、長時間並びたくないという人にはありがたいチケットです。

4、まかいの牧場

静岡県の富士山麓朝霧高原に広がる牧場が「まかいの牧場」です。
とにかく広大な敷地に馬、羊、牛などが放牧されており、牧場自家製の乳製品、スイーツ、天然酵母パンなどと豊かで雄大な自然を味わうことができます。
ここでは豪華なバーベキューを行うこともできます。
絨毯がひかれ、ハンモックがかけられている空間で国産牛を中心としたボリュームたっぷりのバーベキューを行うことができます。
ここで出されるのは富士山麓のブランド牛である岡村牛で、自家製のパンとの相性もばっちりです。
ヨーグルトなどの乳製品や自家製のパンはお土産として購入もできます。
またここでは馬や山羊と触れ合うこともできます。
中でも山羊と一緒に散歩ができる「おさんぽヤギ」は大人気のコンテンツとなっています。
午前中の方が動物たちは活発に動きますので、これらに参加するのであれば午前中の方が良いでしょう。

スポンサー

5、山中湖

山梨県にある淡水湖で富士五湖のうちの一つでもあり、富士五湖のなかでは最大の面積を持つ湖です。
その形が牛に似ていることから「臥牛湖」とも呼ばれます。
この山中湖は一年を通して富士山の景色を楽しむことができる場所とされています。
例えば秋には紅葉と富士山という組み合わせを味わうことができますし、冬には日が富士山に沈んでいくという「ダイヤモンド富士」を見ることができます。
この姿が湖に映ると「ダブルダイヤモンド富士」となってより素晴らしい風景となります。
4月になると山中湖 花の都公園では山中湖チューリップ祭が開催されます。
夏にはひまわりが咲き乱れ、花々と富士山という組み合わせを見ることができます。
さらに夏は近くの山中湖交流プラザで音楽フェスなどのイベントが開催されることもあって幅広い年齢層の観光客が訪れるスポットとなっています。

スポンサー

    ▲ページトップ