景勝地

徳川家ゆかりの「日光」温泉や滝などの観光スポット5選

2018-12-21

関連キーワード

徳川家康ゆかりの日光東照宮や大きな滝、テーマパーク、温泉など様々な観光地が存在しているのが「日光」です。
大都市東京からのアクセスも便利で、多くの観光客が訪れるこの日光について紹介していきたいと思います。

1、日光東照宮

日光東照宮は現在の皇居となっている江戸城の真北の方角にあり、江戸時代は江戸の北の守備の重要拠点として存在していました。
江戸幕府の創設者である徳川家康を祀った神社ですが、この地は日光連山の霊山とされている男体山と女峰山からエネルギーを受けている強力なパワースポットでもあります。
特に「北辰の道の起点」「奥宮宝塔」「上神道」の三ヶ所は有名です。
北辰とは北極星へ向かうという意味で、陽明門と東照宮の鳥居を結んだ上に北極星が来るようになっています。
ここと徳川家康の墓である奥宮宝塔、日光東照宮から二荒山神社へ続く上神道はパワースポットをめぐっている人たちからも人気となっています。
境内には国宝が8棟、重要文化財が34棟あり、1999年には世界遺産にも登録されました。
観光名所が多い日光でも歴史が古く、まさに観光地の中心となっているのが日光東照宮なのです。

2、華厳の滝

日光48滝と言われるほど滝が多い日光ですが、そのなかでももっとも人気なのが「華厳の滝」です。
日本三大名瀑の一つでもある華厳の滝は中禅寺湖の水が高さ97mもの岸壁を落下するという壮大さで、まさに圧巻です。
冬は細い滝が凍り、そこを水を通ることで鮮やかな水色に輝く美しさがあります。
秋は紅葉と滝が一枚絵のようになって自然の景観を感じることができますし、夏には緑の木々と滝のコントラストが素晴らしいと評判となっています。
エレベーターで100m下に移動することができるようになっており、その観瀑台から目の前で見ることができる滝壺は迫力もすさまじく、マイナスイオンに溢れています。
ここは体にエネルギーを復活させ、身を清めて仕事運や恋愛運、金運など様々な御利益があるとされているパワースポットでもあるのです。
美しい景色を見ながらエネルギーを充電できる華厳の滝はぜひ一度訪れる価値がある名勝と言えるでしょう。

3、江戸ワンダーランド日光江戸村

日光江戸村は江戸時代の文化を実際に自分が体感することができるというテーマパークとなっています。
とにかく広大な園内には江戸時代の建物が立ち並び、町人の町並みから武家屋敷まで幅広く設置されています。
また、見るだけでなく「体験できる」ということをコンセプトにしているテーマパークでもありますので訪れた観光客自体も江戸時代の人「江戸人」になることがすすめられています。
その衣装は男性10種類・女性13種類・子ども9種類と豊富で、町人だけでなく農民や武士、新撰組といったものもあります。
忍者の里には忍者からくり迷路や忍者の修行場などがあります。
平衡感覚を失うからくり屋敷や様々な忍者の道具を見ることができます。
また、園内に7つある劇場では「大忍者劇場」が人気となっています。
300名収容できる劇場ですが土日祝日などは満員で入れないこともあります。
一日に一度の「花魁道中」は豪華絢爛で見応え充分です。
見逃さないようにしましょう。
さらに2016年には江戸生活文化伝承館がオープンしました。
こちらでは江戸時代から続く日用品の作成などの職人の技を見ることができます。
他にも「侍体験」や「三味線体験」など自分が参加できるものが多いのでどれに参加しようか悩んでしまうかもしれません。
江戸時代を感じさせるお土産品も数多く売られていますのでぜひ買っていきましょう。

4、鬼怒川温泉

江戸時代の1692年に発見された温泉で、当時はこの地が日光神領だったために大名や僧侶しか利用することができませんでした。
明治時代になると一般開放され、交通の便利の良さから一気に人気の温泉地となっていきました。
鬼怒川渓谷沿いにはホテルや旅館が多く建ち並び、その渓谷の美しさも評判となっています。
泉質はアルカリ性の単純泉ですので、肌にも優しくて刺激は少なめですので老若男女問わず楽しむことができます。
特に女性には肌が美しく滑らかになると大人気です。
鬼怒川はライン下りという川下りもあります。
こちらは急流を周囲の景観を楽しみながら行うものでアクティブな人たちに人気となっています。

5、中禅寺湖

2万年ほど前に男体山が噴火してできたとされているのが中禅寺湖です。
日本百景にも選ばれている湖畔は四季折々の美しさを楽しむことができます。
中禅寺湖の北側には男体山が、北西には戦場ヶ原があり、どの方角を見ても景色が美しいとされています。
遊覧船がでていますので、こちらを利用して景色を楽しむのも良いでしょう。
もともとは堰止湖ですので魚はいなかったのですが明治時代以降は放流が行われているために現在ではマスなどをはじめとして20種類以上の魚が生息しています。
近くにはキャンプ場もありますので、キャンプやバーベキューも楽しめます。
日光市街からこの中禅寺湖に向かってくるには全長約16kmの「いろは坂」が利用されます。
秋の季節にはこのいろは坂は紅葉の名所となり、多くの観光客が訪れています。
また、その景観の美しさから「日本の道百選」にも認定されています。

    ▲ページトップ