ガーデニング

極楽鳥花ストレリチアの不思議を探る

2018-12-24

関連キーワード

「ストレリチア」という花は、「極楽鳥花」と呼ばれますが、見れば見るほど不思議な花です。その構造や花の不思議について詳しく知ってみませんか。
極楽鳥花ストレリチアのあまり知られていない不思議について探りたいと思います。

スポンサー

極楽鳥花ストレリチアは何の仲間?

極楽鳥花ストレリチアは、「ゴクラクチョウ科」「ゴクラクチョウ属」で、南アフリカ原産です。時には「バショウ科」に属すこともあって、バショウには少しだけ雰囲気が似ているかもしれませんね。ただ、熱帯っぽい雰囲気はやはり個性的で印象が特徴的ですよね。

極楽鳥花ストレリチアは、いかにも熱帯植物らしい見た目や花の色合いで、カラフルな花が鳥のように見え、そのために「極楽鳥花」という名前が付いたものです。大きさも1m~10mに育ちますので結構巨大です。そんな大きなストレリチアが育っているのを実際に目の前で見てみたいですね。

極楽鳥花ストレリチアの不思議とは?

極楽鳥花ストレリチアには不思議はいろいろとあります。まず、鮮やかな花の極楽鳥の羽のように見えるオレンジの部分ですが、本当は花ではなく萼(がく)です。そして、青い色をした尖った先に付いているものが本当の花弁です。

また、花の色は、オレンジだけでなく黄色の種類もあります。ただし、黄色のストレリチアはあまり流通していないこともあり、種から育てる人もいます。

そして、ストレリチアは一つの蕾から2~3輪の花を咲かせるのも不思議です。多い時はそれ以上の花を咲かせ、一度あの大きな花を咲かせた後に、次々と咲いてくれますのでとても楽しみな花です。胞サヤの部分が膨らんでは花がまた開いていきますので長く楽しむことができます。

そして、花が咲き終わったら今度はすぐに花茎の根元の方から切ってあげると、次の花茎の花を楽しむことができます。4月~10月と咲き続け、気候が合えば場所によっては通年咲いていることもあり、とても開花時期が長い花です。

また、ストレリチアは、常緑性の多年草ですので、毎年花を楽しむこともできます。株を大きく育てることで毎年花が咲くようになりますので、大きく育ててみたいですね。中には種からストレリチアを育てて、4~5年かけて花を咲かせている人もいますので、頑張って育ててみるといいでしょう。

スポンサー

観葉植物として人気の「ストレリチア・ニコライ(ストレリチア・オーガスタ)」

ストレリチアは、大きく育つ艶やかな葉が観葉植物としても魅力があって、とても人気です。花を楽しむものは「ストレリチア・レギナエ」と言われ高さは1mほどですが、葉を楽しむものには「ストレリチア・ニコライ(ストレリチア・オーガスタ)」などがあり、とても大きなものです。

バナナの葉のような大きな葉が魅力で、高く伸び10mほどの丈に育つこともあります。マダガスカルと南アフリカが原産の「ストレリチア・ニコライ(ストレリチア・オーガスタ)」は、まさにジャングルのような雰囲気を作ることができる観葉植物と言えます。

この主に葉を観賞する「ストレリチア・ニコライ(ストレリチア・オーガスタ)」は、花は白い花を咲かせ、花冠と呼ばれるものが紫になります。こちらは「天国の白い鳥」と言われていて、色は違いますが、やはり鳥をイメージするような花です。

葉がとても大きく、高い丈となりますので、海外などではリビングに置いてシンボルツリーにしたり、大きな鉢に植えて暖かい地方では玄関に飾ったりされます。存在感のある葉と大きさで部屋や玄関をおしゃれに印象付けている「ストレリチア・ニコライ(ストレリチア・オーガスタ)」です。また、海外ではたくさん揃えて、南国的で開放的な雰囲気の姿を楽しむことも行われています。

花も葉もとても不思議な魅力を持った植物、ストレリチアです。華やかで見ているだけでもパワーをもらうような植物と言えますよね。

庭で育てる?鉢植えする?極楽鳥花ストレリチアを育ててみませんか

日本でも気候が暖かい沖縄などでは外で育てることができるストレリチアです。意外と霜が降らないような場所ならば、庭に植えて育てることもできます。もちろん鉢植えでも育てられますので大きくなることを予想して鉢植えしてみるのもいいでしょう。

室内ならば日光がよく当たる所に置いて育てるのがおすすめです。個性的なオレンジなどの花を楽しむならば「ストレリチア・レギナエ」を購入し、大きな葉を楽しむならば「ストレリチア・ニコライ(ストレリチア・オーガスタ)」の苗を買うといいでしょう。

どちらもそれぞれに人気があり、あまりスペースがない場合には、花を楽しむ「ストレリチア・レギナエ」を育ててみるのもおすすめです。それぞれの目的に応じて選んで育ててみるのもいい方法です。

一つ置くだけでも南国気分やリゾート気分を味わうことができます。特徴的な花の不思議も、実際に自分の目で間近にみて観察したいものですね。実際に見るとあらためて極楽蝶ストレリチアのさらなる魅力に気づくのではないでしょうか。

個性的な「ストレリチア」を育ててみたい!

花屋で見かけることもある個性的な姿の「ストレリチア」を育ててみたいと思う人もいるでしょう。「ストレリチア」は育てるのが簡単なのでしょうか。「ストレリチア」について詳しくなってみませんか。
おしゃれで個性的な「ストレリチア」について育て方をご紹介します。

「ストレリチア」は南アフリカが原産地!?

「ストレリチア」は、南アフリカが原産地の個性的な熱帯植物多年草です。ストレリチア属は4種となっていて、とても貴重なものと言えます。高さは1mから大きなものは10mにもなるというのですから、とても巨大に育つ多年草です。

と言っても、一番多く流通している「ストレリチア・レギナエ」の場合には1m位にしか大きくなりません。ただ1mの「ストレリチア」も十分な迫力ですので見てみたいですよね。

「ストレリチア」は、常緑性があって、開花期間も長いのが特徴です。そして、特に個性的なのはオレンジ色の花のような部分です。実はこのオレンジの部分は花ではなく萼(がく)というのを知っていますか。

その横や下にある青色の部分が花弁となっています。オレンジと青という色合いも個性的で、萼(がく)と花弁の形状も不思議たっぷりの花と言えます。

また、育てる上での特徴としては、熱帯植物ですので、耐寒性が弱く、耐暑性が強い植物です。気候さえ暖かく保つことができれば、多年草として長く楽しむことができますので、霜が降りないような気候ならば庭植えでも育てることができます。

「ストレリチア」の花の魅力!

「ストレリチア」の魅力は何といっても個性的な花の魅力ですよね。おしゃれな花として切り花としても人気です。また「ストレリチア・レギナエ」の花は、極楽鳥の色彩にも似ていることから「極楽鳥花」などとも呼ばれています。「極楽鳥花」などと言われるほど珍重されている花ですので、ぜひ自分でも咲かせてみたいものです。

花の時期は5月~10月となっていて、開花期間が長いのも特徴です。オレンジのきれいな部分が花ではなく萼(がく)と思えば開花期間が長いのもうなずけるのではないでしょうか。

鮮やかなオレンジの色以外にも黄色の「ストレリチア」もあって、より貴重です。

「ストレリチア」の育て方は?

「ストレリチア」の育て方については、半日陰でも育てることができますので育てやすいでしょう。ただし、花をよく咲かせるにはよく日に当てることも必要です。

そして、やはり耐寒性が弱いので気温5度より下がらないように育てましょう。寒くなったら暖かい場所に移せるように鉢植えで育てるのもおすすめです。あまり寒くないような北風が当たらない所に植えるのがいい方法です。土は、腐葉土などをよく混ぜて育てるようにし、赤玉土小粒7:腐葉土3などの配合にしましょう。水はけのいい土も目指すようにします。

「ストレリチア」の水遣りは気温15度が目安に!

また、「ストレリチア」の根は太いのでよく水を吸うことができて乾燥には強い植物です。水の与えすぎには十分気を付けるのもコツです。水遣りをする場合には、気温15度も目安になってきますのでご紹介します。

気温15度以上ある時期の暖かい春から秋までは、水をたっぷり遣って育てるようにします。気温15度以下になったら、「ストレリチア」はあまり成長しませんので、水遣りの回数をグッと減らすのがコツです。乾いてから2~3日経ってから遣る程度で大丈夫です。気温15度が「ストレリチア」の生長の目安ということで注意しておくといいでしょう。

ただ、水遣りを減らして葉が落ちた場合には水遣りが足りませんのでその場合は水遣りを増やしましょう。また、葉水を毎日遣るのは害虫予防や葉を美しく保つためにもおすすめと言えます。

こうして見てきますと、熱帯植物として個性的な「ストレリチア」ですが、それほど寒さにも弱くなく気を付ければ割と育てることができます。寒い地方で育てる場合にも鉢植えで育ててみると育てやすくなります。冬は室内に入れてぜひ育ててみませんか。

種から「ストレリチア」を育てる方法も!

また、「ストレリチア」を苗からではなく種から育てている人も結構います。発芽温度25度など暖かい時に蒔けば結構発芽します。オレンジ色の「ストレリチア」は多いのですが、黄色の「ストレリチア」はあまりないということで種から育てたという人もいますのでチャレンジしてみませんか。

ただ、種から鉢植えで育てた場合には、地植えよりも成長が遅いために花が咲くまでに数年かかるとも言われています。種から鉢で育てる場合には芽は出ますが、花を咲かせるには少し根気がいるようです。

とても珍しい「ストレリチア」を育ててみませんか?

種から育てて花を咲かせるのは期間がかかりそうですが、苗からでしたら花も咲かせやすい「ストレリチア」です。
株を大きく育てていくと花も咲きやすくなります。温度管理もしながらよく日にも当てて育てていけば毎年花を咲かせることもできるようになるでしょう。「ストレリチア」を自分で育てて、珍しい花を自分で咲かせてみるのも、とても楽しみではないでしょうか。

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ