景勝地

都会のど真ん中にある巨大な庭園「新宿御苑」

2018-12-28

関連キーワード

人気の観光地と言えばやはり観光客が多く訪れていて人がごちゃごちゃしているイメージがあります。
そうしたところは楽しいものの、疲れてしまうということも否めません。
そこでおすすめしたいのが「都会のオアシス」として有名な東京の「新宿御苑」です。
都会のど真ん中にある巨大な庭園、そんな新宿御苑について紹介していきたいと思います。

1、新宿御苑についての簡単な案内

新宿御苑は広さが約58haもある巨大な庭園です。
日本式の和風庭園、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園が敷地内に整備されていてその違いを見て楽しむこともできます。
それらを含めて庭園内には約1万本の樹木が植えられており、四季それぞれに美しく彩られます。
開園時間は9時〜16時
休園日は毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は次の平日が休みに変更)
入園料は一般200円、小中学生50円、幼児は無料。
1年間有効の年間パスポートは2000円です。
再入場は当日中であれば可能ですが、一度出る際に再入場券をもらっておかなければいけません。
またペットは入園できません。

2、新宿御苑の歴史

新宿御苑はもともとは関東に拠点を移した徳川家康の家臣であった内藤清成の江戸屋敷があった場所でした。
新宿御苑の近くに「内藤町」という地名が残っているのもその名残です。
明治時代に入ると国が内藤家の邸宅や周辺の土地を含めて購入し、ここの「内藤新宿試験場」をつくりました。
ここでは国家レベルでの農業の研究や技術の向上、品種改良などを行っていました。
国内のあらゆる品種を持ち込んで研究を行い、さらには欧米から種子などを買い求めたり、中国やその他の地域からも色々な作物を持ち帰りました。
そうして集められた植物をさらに研究していったのです。
これらは東京大学農学部と東京農工大学農学部に受け継がれていくことになります。
その後、試験場での研究が他の場所に移されていくと、ここの土地は庭園に改造されて皇室に献上されました。
開園当初は皇室のみの使用でしたが、戦後一般公開されることになりました。

3、三つの様式の庭園

新宿御苑には三つの様式の庭園があります。

「イギリス風景式庭園」
30mを超えるユリノキを中心にして広くゆったりとした芝生広場となっています。
芝生に寝ころびたい、レジャーシートを敷いてゆっくりしたいという人におすすめです。

「フランス式整形庭園」
ここは150本を超えるプラタナスの木々の並木道を通ると約500本のバラが咲き誇る花壇にたどり着きます。
ここは他の庭園と違って、おしゃれでロマンティックな雰囲気が強く、恋人同士で訪れるのには絶好の場所だと言えます。

「日本庭園」
玉藻池を中心とした回遊式の日本庭園となっています。
秋には桜や楓などの紅葉を楽しむことができる庭園は趣がある造りとなっており、茶室や旧御涼亭、池のオシドリなどがさらにその情緒をかきたてています。
玉藻池にせり出すように建てられている旧御涼亭は昭和天皇ご成婚祝いとして台湾在住の邦人から贈られたものです。
中国南方の建築様式で造られた建物で、歴史的な建造物としても貴重なものとなっています。
また、池の近くにある茶室「楽羽亭」はもともと皇室の休憩所として建てられたものです。
ここでは抹茶と茶菓子セットを味わうことができます。
現在の建物は戦争時に焼失したものを1987年に再建したものです。

旧御涼亭などの建物はアニメ映画「言の葉の庭」の舞台となった場所としても有名です。
映画でも実物にかなり近く描かれており、ファンの人たちからは「聖地」として大事にされています。

4、新宿御苑の近くの観光スポット

新宿御苑の近くにはまず「東京都庁」があります。
第一本庁舎は高さが243mあり、まさに東京の政治機能の中心地と言えます。
45階の展望室からは新宿の街並みだけでなく天気の良い日には富士山まで見渡せる眺望スポットとなっています。
夜の11時まで利用することができて、入場も無料ですので気軽に立ち寄ることができます。
また、平日であれば32階にある職員用の食堂を利用することができるので、ぜひ記念に立ち寄ってみましょう。

独特の雰囲気を醸し出す「新宿ゴールデン街」もおすすめスポットです。
ここは、とにかく個性が強い店が多く、知らない人には立ち寄りにくい雰囲気がありました。
狭い範囲に小型の店が立ち並び、客層も「富裕層」「文化人」「芸術家」といった偏りがあった時代が長くありました。
そのため少し前までは一見さんお断りの店や、高級店などもありなかなか入れない人が多かったのですが、観光客の増加に伴って雰囲気も変化しています。
最近では日本の地方から来た人や外国人観光客でも気軽に入ることができるようになってきています。
ぜひこの独特の雰囲気を味わいにゴールデン街を訪れてみましょう。

パワースポットとしては「花園神社」がおすすめです。
ここは新宿ゴールデン街のすぐ近くにあり、この地域の守り神とされている神社で、「倉稲魂命・日本武尊・受持神」の3神が祀られています。
この神社自体には商売繁盛、開運出世などのご利益があるとされており、境内にある「威徳稲荷神社」では夫婦円満、縁結びなどのご利益があるとされています。
また、末社の「芸能浅間神社」は芸能のご利益があるとされており、芸能人や文化人の人たちが多く参拝することで有名です。
運が良ければ有名人に会えるかもしれません。

    ▲ページトップ