家具

片付かない部屋もこうすれば効率的な収納が可能! 動線からリフォームまで

2019-01-16

関連キーワード

いつも部屋が散らかり放題で、片づけてもすぐ同じ状態に戻ってしまうという方は多いのではないでしょうか。でも、効率の良い収納を心がけることで、そのようなことはなくなります。今回はそのコツについてお教えいたします。

スポンサー

片付かないお部屋。どう収納すればいい?

物がいっぱいで収納スペースも満杯。どこから片づけていいかもわからない。そのような状態では、例え新たに収納を増やしてもまた同じ状態になるのは目に見えています。そうならないために、まずは効率の良い収納を意識することが大切です。

それでは効率の良い収納をするにはどうすればいいのでしょうか。効率をよくするためには、自分や家族が家の中で移動する際の「動線」に沿った収納を心がければいいのです。

動線に沿った収納で効率アップ

動線に沿った収納とはいったい何でしょうか。ポイントは、「使うものは使う場所に収納する」です。
例えば、衣服や下着は部屋の中のクローゼットなどに収納していることが多いでしょうが、玄関の近くに上着を置けるコート掛けを用意すれば、外出する際にさっと着て、帰宅時にはすぐに上着を定位置に収納できますので、部屋が散らかることもありせん。コート掛けを置くスペースがない場合は、玄関とリビングの間の壁際にハンガーレールや、洋服をかけるフックを設置して収納を作る方法もあります。
また、脱衣所の近くに下着を収納できる棚があれば、部屋で収納から下着を取り出して持ち運ぶ手間もなく、入浴後にすぐ下着を身に着けることができますので、とても効率的です。

スポンサー

リフォームで収納を作る

それでも収納スペースが足りない、もっと効率を良くしたいという場合は、お部屋のリフォームを検討してみるのも手です。「動線」を考えて、使うものを使う場所にしまえるように、リフォームで適所に収納を作ってしまいましょう。
玄関近くにもコート掛けではなく、収納力があるクローゼットがあればより便利になります。脱衣所にも家族全員の下着や、タオル類などを全てしまえる収納スペースを用意することで、効率はよりアップします。

効率の良い収納を追求することで、部屋が片付いて、気持ちよく生活ができるようになります。部屋がきれいにならないといつも感じている方は、一度収納についてじっくり考えてみてはいかがでしょうか。
https://www.kenso.co.jp/magazine/article/20181019b.html

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ