景勝地

冬の富士山 観測できるのは年に2回だけ! 幻想的なダイヤモンド富士を観に行こう

2019-01-24

関連キーワード

幻想的なダイヤモンド富士を観に行きませんか?ダイヤモンド富士は比較的気候が安定している1~2月頃が狙い目とされています。

スポンサー

運が良ければ「ダブルダイヤモンド富士」が見られるかも!

ダイヤモンド富士とは、日の出と日没時、富士山頂にちょうど太陽が差し掛かる瞬間にまるでダイヤモンドが輝いているかのように見える、美しい現象のことを言います。毎年10月中旬~2月末までの期間に発生する可能性がありますが、実際にダイヤモンド富士が見られるのは年に2回ほどのようです。
それも富士山周辺ならどこからでも見られるというわけではなく、基本的には富士山が東か西に見える場所で、気候条件もうまく重ならないとダイヤモンド富士は発生しないそうです。

富士五湖のなかのひとつ、「山中湖」はダイヤモンド富士が見られる貴重なスポットのひとつです。山中湖は比較的長い時間ダイヤモンド富士が楽しめることから「聖地」と呼ばれており、毎年多くのカメラマンが絶景目当てに訪れています。
また、珍しいダイヤモンド富士の絶景が見たいという方におすすめなのが同じく富士五湖のひとつである本栖湖です。本栖湖は水面にダイヤモンド富士が映し出される「ダブルダイヤモンド富士」の名所と言われており、運が良ければ幻想的なその光景を目にすることができるかもしれません。

ちなみにダイヤモンド富士が見られる地点や予測日は国土交通省のHPでご覧いただけます。ぜひカメラ片手にダイヤモンド富士の絶景スポットへ足を運んでみてください。

写真提供:やまなし観光推進機構

また、富士山には下記のような見ろころもありますので、合わせてお楽しみください。


言わずと知れた日本一の山「富士山」とその周辺の観光スポット5選


冬の富士山が綺麗に撮れる!! 撮影スポット5選 ~ふもとっぱら・精進湖・西湖・毛無山・西湖野鳥の森公園~



    ▲ページトップ