感染症

風邪? それとも花粉症? そのくしゃみ、鼻水はどっち?

2019-01-22

関連キーワード

この季節、油断をすると風邪を引いてしまったりしますよね。
でも実は、くしゃみや鼻水出るからといって、風邪とは限らない場合があります。そこで、判断しにくい風邪と花粉症の見分け方を紹介します。

スポンサー

症状の違いを確認しよう

風邪も花粉症も鼻水や鼻づまり、くしゃみといった症状があります。
ですが、花粉症でノドに痛みを感じることや微熱が出たりすることがあり、判断がつきづらいです。見分けるポイントさえ抑えていれば、事前に対処することができ、症状を軽く済ませることができます。

<風邪の症状>
・ひき始めは透明でサラサラ、次第に粘り気のある黄色の鼻水に変わる。
・くしゃみは3?4回程度で止まる。
・熱は微熱?38℃くらいまで出る場合がある。
・目がかゆくはならない。
・大半が一週間~10日程度で治る。

<花粉症の症状>
・透明でサラサラした鼻水が出る。
・くしゃみは何度も続けて出る場合がある。
・熱は基本的には出ないが、出たとしても微熱程度。
・目がかゆいと感じることが多い。
・長期間、体調が改善されないことがある。

なかなか判断しにくいケースもあり、風邪かと思ったら花粉症だったということもあるので注意するようにしましょう。

風邪にならない健康な体のためには

風邪は薬で治ると思われていますが、実は風邪に効く特効薬というのはありません。抗生剤が効くのは、39℃前後の高熱が出ている場合など、細菌感染による原因のみです。

風邪を引かない体を保つためには、ウィルスに感染しないようにしっかりと手洗いやうがいをこまめにするのはもちろん、生活習慣を見直してみましょう。体の抵抗力をつけることが大切になっていきます。

まずは睡眠時間をしっかりと確保することで疲労を回復できます。
また、それぞれにちょうどいい運動をすることで、体力をつけ、免疫力がつく効果が期待できます。

食べ物では「ビタミンA」が有効です。鼻や喉の粘膜に働きかけて、ウィルスの侵入を防ぐ働きがあります。緑黄色野菜の人参やほうれん草、ブロッコリーなど炒めるなど油と一緒に摂ると効果的です。

「ビタミンC」はウィルスへの抵抗力を高める働きがありますが、水溶性なので水に流れやすいため、みかんやいちごなどの果物からそのまま摂取するのが良いでしょう。

スポンサー

やっぱマスクは有能?!

マスクは風邪を人にうつさない効果やウイルスや花粉の侵入をある程度防ぐ効果、のどを保湿する効果などたくさんあります。環境省調べだとマスクをしている人の鼻内花粉数は、マスクしていない人と比べると70%も少ないとのことです。
息のしやすさでは不織布マスクがおすすめですが、実はそれ以上に花粉をブロックするオーダーメイドのマスクがあるのはご存知でしょうか。少し値段は張りますが、自分の顔にフィットして、花粉やウィルスをブロックするそうです。
また、マスクをすると化粧がマスクについてしまう問題は女性にとって気になりますよね。口紅やファンデーションなどが付きにくいように加工されているマスクも最近では販売されています。また、普段の用途とは違いますが、安眠できるようなアロマ付きのマスクや寝ている間にのどが乾燥しないようにする濡れマスクなども発売されています。

どうしたらいい? 家での対処法は?

健康を保つために生活習慣の見直しをしても、家の中に花粉が飛んでいる状態では本末転倒です。そんな時には空気清浄機を設置すると、花粉やウィルスをフィルターで浄化した空気が部屋に送り出されるため、風邪予防にも花粉症予防にも効果が期待できます。

空気清浄機がすぐに手に入れられない方は、今すぐできる対処法として外に出る時の服は、ナイロンやポリエステル地のコートを着るようにしましょう。花粉を落としやすい服を着るように心がければ、帰宅した際に簡単に花粉を落とすことができます。 また必ずコートは玄関内にかけて家に花粉を入れないようにしましょう。
換気は花粉が飛んでない時間帯を狙ってしましょう。雨が降って止んだ直後は、花粉が地面に落ちて絶好の換気タイムなので逃さないようにしましょう。地面が乾いてからだと落ちた花粉が舞い上がってしまうので逆効果になりますので、気をつけましょう。 https://www.century21japan.co.jp/flowers/article/20181227d.html

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ