温泉

支笏湖温泉に浸かりながら雄大な自然を楽しもう! 日帰り温泉としても人気!!

2019-01-29

関連キーワード

千歳市の西端、日本最北の不凍湖として知られる支笏湖の東岸に支笏湖温泉はあります。泉質が肌に優しい重曹湯であることから、「美人の湯」という別名も持つ支笏湖温泉は、新千歳空港から車で約30分という好立地にあるので、日帰り温泉を楽しみに訪れる方も多いのだとか。今回はそんな支笏湖温泉の魅力や楽しみ方を紹介していきたいと思います。

自然豊かな支笏湖の湖畔に位置する支笏湖温泉

(写真提供 インスタグラムID:pn___r URL:



支笏湖では北西側に丸駒温泉と支笏湖いとう温泉が、東岸に支笏湖温泉が存在しており、そのどれもが湖畔に位置しています。なかでも支笏湖温泉は支笏湖内を巡る遊覧船の発着場所にあり、お土産屋さんなどが建ち並ぶ温泉街も形成されています。

支笏湖温泉街の泉質は重曹泉で、入浴後は肌がスベスベになることから「美人の湯」とも呼ばれているそうです。そんな支笏湖温泉には旅館やオーベルジュなどの宿泊施設が点在していますが、そのなかでも丸駒温泉旅館は一番長い歴史を持っています。
丸駒温泉旅館は1915年(大正4年)創業の老舗で、創業当時から変わらないという天然温泉露天風呂が評判の人気のお宿です。こちらの露天風呂は支笏湖と岩で区切られているだけなので、まるで湖に浸かっているかのような不思議な気分で温泉を楽しめます。丸駒温泉は日帰りでの利用もOKなので、支笏湖観光の際にはぜひ疲れた体を癒しに立ち寄ってみてください。

名物のヒメマス(チップ)料理もぜひ

支笏湖は田沢湖に続く国内2位の深度を誇る湖です。最大水深は約360mにもなるため、寒さが厳しい北海道にありながら厳冬期でも湖は凍ることがありません。また、支笏湖と言えばその美しい景観が自慢の湖でもあります。実際に水面は深く透き通っていて美しく、山々の原生林と相まって自然の雄大さを感じさせてもくれます。
そんなきれいな水で満たされている支笏湖では、チップと呼ばれるヒメマスも多く生息しており、支笏湖温泉のいずれの宿泊施設でも特産のヒメマス料理をいただくことができます。ぜひ温泉を楽しんだあとは名物のヒメマス料理を堪能してみてください。

冬には幻想的なライトアップが楽しめる「千歳・支笏湖氷濤まつり」も

支笏湖温泉では毎年冬に「千歳・支笏湖氷濤まつり」が開催されています。開催期間中は、支笏湖の湖水をスプリンクラーで凍らせてつくった大小のさまざまな氷のオブジェが並び、夜には色とりどりのライトが幻想的な姿を浮かび上がらせます。また、花火大会や力強い太鼓の演奏が楽しめる「氷濤ダイナミックナイト」などの催し物も行われるそうなので、ぜひ温泉と一緒にお楽しみください。


2019千歳・支笏湖氷濤まつり
開催期間:2019年1月25日(金)〜2月17日(日)
開場時間:9:00〜22:00(ライトアップは16:30〜22:00)
場所:北海道千歳市支笏湖温泉
入場料:300円(協力金として)
公式HP:https://hyoutou-special.asia/

    キーワード一覧

    ▲ページトップ