景勝地

富士芝桜まつりの絶景! 富士山をバックにした鮮烈な芝桜の海を体感しよう!

2019-03-01

関連キーワード

毎年4月中旬〜5月の芝桜の開花時期に合わせて、富士本栖湖リゾートでは「富士芝桜まつり」が開催されます。約80万株の色とりどりの芝桜があたり一面を埋め尽くす風景はとても美しく、訪れる人を魅了します。今回はそんな「富士芝桜まつり」の見どころや楽しみ方を紹介していきましょう。

まるで絨毯のよう! あたり一面に咲き誇る約80万株の芝桜

日本人の心のふるさと、富士山のふもとに位置する山梨の富士本栖湖リゾート。冬は幻想的なダイヤモンド富士が見られる名所としても知られるこの施設では、毎年芝桜の開花時期に合わせて「富士芝桜まつり」が開催されています。

80万株の色とりどりの芝桜が一面に咲き誇る光景はまるで絨毯のよう。オーソドックスな濃いピンク色をした芝桜をはじめ、白や薄紅色、紫色、白と濃いピンクのストライプ柄のものなど、珍しい品種も多々咲き乱れ、見事なグラデーションを作り出しています。

気候の関係で多少の変動はありますが、毎年5月上旬〜中旬ごろが芝桜の見ごろのピークです。圧倒的スケールの絶景をぜひ実際にご覧になってみてください。きっと一生の思い出になると思います。

園内には色合いが違う芝桜で作られた「ミニ芝桜富士」も。本物の富士山を背景に写真撮影することもできるので、2つの富士山をシャッターに収めてみてはいかがでしょうか。園内には撮影スポットも多々ありますが、おすすめは「ミニ芝桜富士」の近くに位置する展望台です。展望台からは地上3.8mの高さから園内の芝桜を一望できるので、地上とはまた違った景色を撮影できますよ。天候に恵まれれば、青々とした空と色とりどりの芝桜と富士山の見事なコントラストが撮影できるかもしれません。

ちなみに園内では芝桜とほぼ同時期に、ムスカリやアネモネ、レンギョウなどの春らしい花々も見ごろを迎えます。芝桜とは違う色合いや華やかさが楽しめますよ。ぜひゆっくりと散策して春の訪れを感じてみてください。

ちょっと疲れたら目にも嬉しいスイーツ&足湯で休憩しよう

美しい芝桜を目に一通り散策したあとは展望カフェ「桜カフェ FUJIYAMA SWEETS」で一息ついて見てはいかがでしょうか? こちらでは桜エクレールや桜レアチーズケーキなど芝桜をイメージしたホテルメイドの本格スイーツを楽しむことができます。席からは富士山と芝桜のコラボレーションをゆっくりと鑑賞することもできるので、散策の合間にぜひご利用ください。

「桜カフェ FUJIYAMA SWEETS」のすぐ隣には、同じく富士山と芝桜の絶景を楽しみながら利用できる足湯「展望足湯」も。靴と靴下を脱ぐだけで、服を着たまま1人100円で利用できます。タオルがないという方もご安心ください。1枚100円でタオルの販売も行っているので、特に準備も必要なく気軽にご利用いただけます。「富士芝桜まつり」の開催期間中、「展望足湯」はカフェとともに毎日営業しているので、ぜひ散策で疲れた足も癒してあげてください。

ちなみにカフェや足湯のすぐそばにある売店では、「富士芝桜まつり」限定のアイテムも販売しているので、お土産をお探しの方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか? 「富士シフォンケーキ」や「フジヤマクッキー」など、富士山をモチーフにしたスイーツはもちろんのこと、山梨の有名な銘菓である信玄餅も、桜色の巾着に入った特別仕様のパッケージで販売されています。ほかにもここでしか買えない限定グッズが多々揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

あのB級グルメも! 小腹が空いたら同時開催の「富士山うまいものフェスタ」へ

「富士芝桜まつり」開催中は、メイン会場の左側で「富士山うまいものフェスタ」というグルメイベントも催されます。2018年は11店舗、約50種類の富士山周辺グルメが集結し、腹ペコさんたちのお腹を満たしてくれたとか。

B級グルメとしても有名な「富士宮やきそば」をはじめ、山梨の名物料理「甲州とりもつ煮」、山梨のブランド豚である甲州富士桜ポークを使った豚汁、さらには信玄餅のスイーツまでさまざまなグルメが一堂に集まります。小腹がすいたらぜひ「富士山うまいものフェスタ」へも足を運んでみてください。

周囲には観光名所もたくさん! 春の旅行を満喫しよう

いかがでしたか? 「富士芝桜まつり」が開催される富士本栖湖リゾートの周辺には、絶叫アトラクションが勢ぞろいしている「富士急ハイランド」をはじめ、忍者の世界を体感できる「忍野しのびの里」といったテーマパークや、観光名所として有名な「鳴沢氷穴」「富岳風穴」も位置しています。また、自家源泉の湯と富士山の眺望が楽しめる天然温泉「ふじやま温泉」へも近いので、散策して疲れた体を癒しに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ぜひ春の旅行先として検討してみてください。

富士芝桜まつり
開催場所:富士本栖湖リゾート(山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212)
電話:0555-89-3031(富士芝桜まつり事務局)
期間:2019年4月13日(土)〜5月26日(日)
時間:8:00〜17:00
入園料:おとな(中学生以上)600円、こども(3歳以上)250円
公式HP:http://www.shibazakura.jp/



また、芝桜に関しては下記のような記事もありますので、合わせてお楽しみください。


芝桜の育て方、グランドカバーにもできる?


全国のシバザクラの名所を巡ってシバザクラを楽しもう



    ▲ページトップ