フラワーアレンジメント

100均のスノーマンや素材によるクリスマスリースフラワーアレンジメント

2019-03-11

関連キーワード

ダイソーの充実したクリスマスグッズに感動し、つい買い過ぎてしまったというシン氏による、スノーマンの人形を使ったクリスマスリースの作り方です。
シン氏は現在のダイソーのクオリティの高さに驚き、創作意欲がわいた旨を話しています。
造花のクオリティも高いと語り、ユーザーに「100均の材料でこんなフラワーアレンジメントができる」というのを紹介する為に、この動画を取ることにしたようです。
シン氏の100均に対する評価が爆上がりしており、今回は本格派卓上クリスマスリースを作ることで、その想いを形にしています。
土台となるのは、フラワーアレンジメントに必要なフローラルフォームという道具のリースバージョン(リング状)です。
スノーマンを使うのは、単にクリスマスだからではなく「100均なのに旨のボタンが光るというハイクオリティぶり」に感動してのこと。

シン氏曰く、これから始まるのはクリスマスオーナメントと本格派の素材を一つにした「いい感じの」リースを作る動画。
色々使用するものが多いので、手袋をまず着用します。使う素材はヤシャブシ、赤い実の付いたクリスマスポーリー、ブルーニー、ヒムロスギ、ブルーアイス(シン氏曰く「いい匂いがする」そうです)。
シン氏は「100均で作るものは安っぽくなってしまうので、100均の素材を使いながら高いグレードのものを提案する」そうです。
今回100均の素材はスノーマン人形だけですが、この人形を入れただけでモリースの印象が変わってきます。どう配置するか?リング上のフォームにどうつけるか?なども考えなくてはいけません。そこも踏まえてのリース作りが開始されます。

まずシン氏が手にしたのは、ヒムロスギ。シン氏はリースを作る際、「素材で隠し過ぎないこと」を注意するように言っています。理由はリースとしての形態でなくなる(リンク状でなくなる)からです。その為、まずはヒムロスギを適度な長さに切っていきます。なるべくきれいなところを使うようにしましょう。リースは結構時間がかかる、とシン氏は言います。 まずは、向きを決めて下さい。素材が皆バラバラの方を向いていたら美しくありません。今回の動画では左巻きで作られます。 ヒムロスギで、リースのアウトラインを形作ります。言わば、ベースです。適度な長さに切り、フォームに挿していってください。 内側からヒムロスギなどの素材がけばけばしく出てきてしまわないように、とシン氏は言います。リースに見えない為です。 24番くらいのワイヤーでUの形をしたピンを作り、素材を抑えるようにして刺していきます。これで内側がシャープになるというわけです。外に出てしまっている部分も抑えた方がいいでしょう。これでいくらか上品になります。 ひたすらヒムロスギをフォームに挿していき、はみ出した部分は適度にUピンで抑えて下さい。止まらなくなってきたら、Uピンを長くするのも一つの手です。

ユーザーからのチャットにあるように、素材は斜めに挿すと、止まりやすいですよ。Uピンでマメに止めていくと結構まとまります。ヒムロスギは弾力が強い時があるので、そんな時にはUピンを倒した状態で挿すといいでしょう。

ベースが出来たら、別の植物を使用します。ここではブルーアイスを使いました。ブルーアイスはただ挿すのではなく、いくらかリースの形状に沿った癖をつけておきましょう。ブルーアイスは香りが強いので手に移るのが嫌だという方は手袋をしてください。
Uピンですが、今回はハウツー動画なのでシルバーで分かりやすくしています。しかし本来は自巻のグリーン(グリーンのテープでワイヤーを巻いたもの)が望ましいです。
ブルーアイス(ヒバ)を入れることで、ヒムロスギだけの時よりもいくらかふんわりとした装いになってきました。
リースとはグリーンの重なり合いで、違ったグリーンが重なることでよいものができる、とシン氏は言います。オーナメントこそ使っても、あまりフェイクは使わないでほしいとも。香りを楽しむのが、リースの意義の一つと考えているようです。癒しという言葉で表される香りを楽しむべくリース作りは続きます。

ブルーアイスをつけ終わると少しだけ雰囲気が変わりました。少し画像より多めにブルーアイスを挿し、とりあえずブルーアイスの出番は終了です。
シン氏はここで、スノーマンの飾りを取り出しました。リースにつけるつもりで買ったものの、このスノーマンは元々リース用のものではないので、フォームに挿せるような突起などがありません。
そこで取り出したのが割りばしです。スノーマンの下部を図り、必要な長さに割りばしを切断してください。

切った割りばしの両端にワイヤーを巻き付け、まるでブランコのようなパーツを作ります。これを二つ作ってフォームに挿せば、スノーマンの土台になるのです。リース作りは続けなくてはならないので、内容が複雑化する前にスノーマンの土台を確保です。
次に入れるのは赤い実のクリスマスポーリー。葉が生い茂っていると、既にグリーンだらけのリースがくどくなるので、葉を取ってしまいます。
緑のリース地に垢意味というのは非常に目立ちますしアクセントとしても申し分ありません。実をワイヤーでまとめるという方法もあります。今回は止める方向になりました。
根元を止めるとリースが引き締まります。引き締まっていた方が案外かわいいものができるそうです。バッサリした実もワイヤーでまとめて下さい。単なるジャウツー動画だと、こうした工程をカットしてしまう為、見た人がクリスマスポーリーをバッサリとだらしないまま入れてしまう、とはシン氏の言葉です。
はパを取るのは今回のリースが小さい為で、大きい梨0巣の時は付けたままでも大丈夫とのこと。ワインやリングはなるべく上の方でやるといいでしょう。

次に入れるのはバーゼリヤ。ライトグリーンのカラーもかわいらしい素材です。これも実の部分を揃えてワイヤーでまとめます。植物の傷み具合が気になる場合は、24番から26番のワイヤーを使ってください。これなら傷みません。
続いて加えるのは枝もののヤシャブシ。「刺されやすい」ということで短くしていきます。
今回は太めの枝をリースに横たえるように配置。シン氏の言う「本格志向」のリースになり、大分リースの印象も違ってます。
実の部分は先端を切り、リースに挿していきましょう。卓上なので、生け花のごとく立体的にしていくのも一つの手です。
松ぼっくりは一部の松かさにワイヤーをひっかけて上部にワイヤーを伸ばし、挿してください。バランスを見て数を決めますが、今回は3点使用しました。

これだけでも十分以上の出来ですが、もう少し「ふわっとさせたい」部分があったら、そこにブルーアイスを投入。
最後にスノーマンを載せ、周辺をブルーアイスで飾るなどして雰囲気を出して完成です。この段階は自然と同じくバサッと生い茂らせましょう。
微妙な点はお好みで変更ができます。枝は置くだけで大丈夫ですが、動かしたくない場合は止めておきましょう。

    ▲ページトップ