フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントによるクリスマスガーランド

2019-03-11

関連キーワード

今回ご紹介するのは、まきのせ氏による、フラワーアレンジメント式クリスマスガーランドの作り方の動画です。
ガーランドというのは、誕生日などクリスマスの時壁に飾るインテリアのこと。パーティの時などに「おめでとう」などと書かれた三角形のフラッグが連なっているのを見たことがありませんか?あれがガーランドという飾りです。
ガーランドは写真や紙細工などで作られることがありますが、今回は花で飾ろうというわけです。
フラワーアレンジメント方式のガーランドの作り方にはいくつか種類があるとのことですが、今回はフローラルフォームなるものを使用します。
まずフローラルフォームを、ガーランドの形に合わせてカット。フォーム(花を挿す為の固いスポンジのようなもの)は三つ使います。
ホームセンターでも売っているアルミ製のワイヤー(まきのせ氏曰く「盆栽ワイヤー」)をなるべく真っすぐな状態にし、フォームに挿してください。挿す場所は、フォームの真ん中です。
フォームは隙間を開けておき、ワイヤーは3、4回ねじってループ状にしておきます。
続いて登場するのは、食品用のラップです。これで、フォームとワイヤーをすっかり包んでしまいます。
フォームの隙間と両端は、細いワイヤーで縛ってください。二本取りにするとしっかり結べます。これで土台が完成したので、本格的なガーランド作りの開始です。
今回使用する植物の一つはクロモミジです。これはしなる、つまりタメが効くので、ガーランド作りには良いとされます。
土台を、二組のクロモミジで挟んでください。左右の長さは同じにしておくのが理想です。バラバラでも味はあるのでしょうが、見苦しくなってしまうので均一にした方がいいでしょう。

フォームが何となく隠れる程度にクロモミジを置いたら、リースワイヤーで一度しっかり止めておきます。
ちょっと力がいる作業ですが、しっかりと止め、ワイヤーの先端は安全に短く切っておきましょう。クロモミジとフォームによる土台の完成です。
表側だけではなく、裏側にも丈夫なグリーンの植物を入れておくと綺麗で華やかなガーランドになります。
今回の動画では、裏側にヒムロスギを使いました。鬱陶しくない程度にヒムロスギを使うだけでも、裏側をカバーできます。
裏がカバーできたら、今度は全面です。まきのせ氏はユーカリの葉をまず使用。適度な長さに切って、ラップを巻いたフォームに挿していきます。「片目のスポンジ」と書きましたが、フォーム自体は結構外部からの力にもろいので、あまり力を入れなくても充分に挿せます。ご安心ください。
右側、左側に向かって葉が生えているように配置しますが、両端の長さを同じにすることをお忘れなく。

まきのせ氏は、ガーランドの下部の作りが重要だと言います。このガーランドは結構高い位置に飾るものなので、下から見た時の見ごたえが十分なものになるよう、或いはクリスマス特有の感覚を味わえるよう、下部分を充実させるのです。
動画ではユーカリの葉を、壁やテーブルなどに沿うように挿し込んでいます。
中心にもユーカリを挿したら、今度はサセックスシルバーというグリーンを使用します。大きな葉の間に、細かい葉です。こういう所でバランスを取ります。
挿す順番はトップ、底面と言った形でバランスよく、立体的に仕上げましょう。
こうしてできあがったベースにヒムロスギ(丈夫なものがベースとしては好ましいのことです)や、ちょっと細めの枝についたグミなどをアクセントとして付け加えていきます。
生い茂るほどにグリーンを入れたら、今度は華やかな色を持った花の出番です。今回は白とピンクのバラが使われました。必ずしも派手な色を使う必要はないのです。
先ほども言いましたが、このガーランドは下から見るものなので、下からの視線を飽くまで重要視します。
まずは、下に向けて花を一輪挿してください。これだけでも人目を引くには十分です。
3本ほどピンクがかったバラを下に向けて挿し、バラの間にスプレーバラという花も挿していきます。ピンクのバラより花が小ぶりで、アクセントとして使用するのに適した花です。
全てん花を下に向けるわけではなく、真正面から見た時のことも考え、一部は前を向かせてください。
この次に入れるのは、エリンジューム、ユーカリの実。これらは花とはまた違ったアクセントになります。

ユーカリの実などのアクセントバランスよく配置をし、オーナメントをつけていきましょう。着ける場所はお好きなところで結構です。クリスマスオーナメントだけではなく、ドライフルーツも使われています。
アクセントとしてエアープランツを垂らしたり、クリスマスオーナメントを垂らしたりして、ガーランドが豪勢になっていく様は爽快の一言。エアープランツは生け花用のボンドで止めてください。これで完成です。

    ▲ページトップ