編み物

さくっと編めちゃう、ネックウォーマーの編み方

2019-03-15

関連キーワード

冬の時期にさくっと、オフシーズンにはゆっくり時間をかけて、帽子や手袋とおそろいで編み進めることもできる編み物は年間を通して楽しめます。
使いたいな、と思ったらすぐに編めるネックウォーマーの作り方を2種類ご紹介します。同じ編み目をただひたすらくりかえすだけなので、編み図が苦手でも大丈夫です。

まずはネックウォーマーの作り方の前に、スエードやマフラー、スカーフとの違いを見てみましょう。

ネックウォーマー、スヌード、マフラー違いは

首に巻く防寒具として使われる用語が数多くありますが、その違いは何でしょうか。大きな違いはその形状にあります。

マフラー(スカーフ):1枚のモチーフになっており、両端がある幅広い長方形の形状が基本です。日本でのマフラーは英語圏ではスカーフと呼ばれています。首に巻く防寒具として最も一般的でしょう。

スヌード:頭と首の両方を覆える十分な長さもしくは幅のある筒状の防寒具。本来は、髪の毛を覆ってまとめる装飾用のネットのことで、海外では現在でもそのように使われることは多くあります。より馴染みがあるのは首回りに巻く輪になっている形状のものでしょう。ファッションにおいては、本来の頭を覆う用途に加え、首に巻く防寒具として幅広く使われてます。

ネックウォーマー:スヌードより幅が狭く、首回りを覆うように筒状になっているものです。防寒や砂除けの目的で鼻・口を保護するために使われていたのが原型で、現在でもアウトドア用品として使われています。レディースのファッションにおいては主にニットで筒状に編み上げたもののことをさします。

結論としては、マフラーは両端があって輪になっていないもの、スヌードは頭と首を同時に温めることができる十分な長さがあるもの、ネックウォーマーは鼻・口・首を覆う十分な長さのある筒状の防寒具です。しかし、インターネット上で見かけるものの3種に大きな違いはなく厳密に使い分けられているわけではありません。

玉編みのふわふわネックウォーマー

中長編みでつくる玉編みを噛み合わせるように編みあげます。中長編みを束ねることで、よりふんわりとした玉編みができます。玉編みの編み方はヴォーグ学園様の参考画像を参照にしてください。



使う編み目
くさり編み
中長編みの玉編み

作り目:ネックウォーマの幅の広さの分、くさり編みの目を編みます。1段目は玉編みを両端に編むので編み目は奇数にします。
1段目:立ち上がりを3目編み、針から4番目の編み目に玉編みを編み入れます。くさり編みを1目編んで、編み目を一つ飛ばして次の編み目に玉編みを入れます。端まで玉編みとくさり編みを交互に編んでいきます。一段目は玉編みで終わります。
2段目:くさり編みを4目(立ち上がり3目、くさり編み1目)編んで、玉編みとくさり編み1目を交互に編んでいきます。2段目はくさり編み4目編んで、1段目の立ち上がりに編み込む形になります。
3段目:1段目と同じく編み進めます。
4段目:2段目と同じく編み進めます。

最後は偶数段で編み終わり、同時に1段目に編み込むようにして閉じます。付けたときに厚みを持たせたいので、今回はインフィニティ―になるように片方の端を裏返して閉じています。

長編みのダブルネックウォーマー

玉編みよりも軽く薄くなるので、長めに編んで2重巻にしています。鼻と口にかぶせて防寒できる、十分な幅を編みましょう。透けていても重ねることで冷たい風も通しません。長さを足せばスヌードのように頭にかぶせて使うこともできます。編み図いらずの簡単なモチーフの繰り返しなので初心者さんの練習にもお勧めです!

使う編み目
くさり編み
長編み

作り目:ネックウォーマの幅の広さの分、くさり編みの目を編みます。2段目は方眼編みで、2目1セットになるので、くさり編みは偶数目作ります。
1段目:立ち上がり3目を編み、かぎ針から4番目に長編みを編み入れます。同じく最後まで長編みを編みます。
2段目:くさり編みを4目編み(立ち上がり3目+1目)、くさり編みの根元から3番目の目に長編みを編みます(立ち上がりを1目と数え、編み目を一つ飛ばすので、3番目に入れます)。くさり編みを一目編んで、編み目を1目飛ばした次の目に長編みを編みます。最後は1段目の立ち上がりに長編みを編みます。(方眼編みができます)
3段目以降、2段目(方眼編み)と3段目(長編みのみ)を交互に編みます。

編み重ねていくと、方眼編みと長編みのボーダーのようになります。首からかけて両端がおへその下あたりまでの長さになるまで編みます。最後の段は偶数段で終わり、一度糸を閉じます。編みはじめの糸と編み終わりの糸を固結びして、長い方の糸で両端をハギ合わせます。

布端を閉じるには、『引き抜きはぎ』、針で縫い合わせるのどちらかの方法があります。手元にある道具や、自分にとって手軽な方を選択してください。
端を処理して完成です。

    ▲ページトップ