栄養素

低カロリーだけど食べ過ぎには注意!タコの栄養と効果

関連キーワード

コリコリとした食感と旨味のある味わいのタコ。関西地方では半夏生にタコを食べる習慣があります。「稲がタコの脚のようにしっかりと根付くように」との願いが込められているのです。風習にも取り入れられているタコにはどのような栄養が含まれているのでしょうか。
今回は、タコの栄養と効果についてご紹介しましょう。

スポンサー

タコの基本情報

お寿司、タコ焼き、酢の物など、日本人の食卓に馴染みの深いタコ。海外では、宗教上の理由やウロコの無い見た目から食べられていない国もあります。アジアでは韓国やタイでよく食べられますが、中国ではあまり食べられていません。ヨーロッパではスペインやイタリアでよく食べられています。最近では、外国人にもタコ焼きが人気で、海外にもタコ焼き店が作られているほどです。日本で主に食べられているタコの種類は4つ。まだこ、みずだこ、いいだこ、やなぎだこです。

■まだこ
食用にされるタコの中で、主に食べられているのがまだこ。輸入品も多く、1年中出回っています。国内で取れるまだこの旬は夏と冬。瀬戸内海や明石沖で取れる「あかしだこ」が有名です。輸入品は、アフリカ産や韓国産が多く出回っています。

■みずだこ
以前はあまり食べられていませんでした。世界最大のタコです。秋から春に掛けて旬となり、スーパーでは切り分けた脚を良く見掛けます。日本の主な産地は、北海道、青森、福島です。水分を多く含むため身が軟らかく、茹でても固くならない特徴があります。

■いいだこ
漢字では「飯蛸」と表記します。「飯」と書くのは、卵を持った雌を煮るとご飯が詰まったように見えるからです。旬の時期は春。小さいため丸のまま煮付けます。関西地方ではおでんの種として使われています。

■やなぎだこ
生での流通はほとんどなく、茹でた状態で流通します。旬は秋から春。北海道や三陸でよく捕れ、日本海にはあまり生育していません。水分が多いため身が軟らかく、茹でても固くなりにくいタコです。

まだこの選び方

茹でタコは身に張りがあり、固いものを選びます。脚が太く、先までしっかりと巻いているものが良品です。表皮が剥けているものは鮮度が落ちているため避けましょう。生タコは、やせていないものを選びます。

■茹でタコの下処理方法
スーパーでは生タコではなく茹でタコがほとんどですね。茹でタコの吸盤や脚のつけ根は汚れが付きやすいので手でこすりながら洗い流します。頭が付いている場合は、内臓の汚れを洗い、口ばしは包丁で切り落とします。脚の裏側の側面には、水かきが付いています。水かき部分は固いため、包丁でそぎ落しましょう。

スポンサー

タコに含まれている栄養と効果

タコは高タンパク質で低カロリーな食品です。ビタミンやミネラルを幅広く含んでいます。特に多い栄養素は、アミノ酸の1つであるタウリンとミネラルの亜鉛です。

■タウリン
タウリンは、ヒトの臓器にある成分です。体の機能がバランスを保てるように調整しています。また、動脈硬化の予防も期待されています。タウリンは体の中で合成されますが、合成量が低いため食事からの摂取も必要です。タコのほかには、イカ、カキ、エビ、アジ、サバなどに多く含まれています。水に溶けやすい性質があるため、汁物にした場合は煮汁も活用すると効率良くタウリンを摂ることができます。

■亜鉛
タンパク質の合成に関わる酵素の材料となるミネラルです。皮膚の健康を保ち、新陳代謝を活発にします。また、舌で味覚を感じ取る「味蕾(みらい)」の細胞を合成するときに亜鉛が使われています。体の中で作り出すことができないため、食事から摂取しましょう。タコのほかには、カキ、豚レバー、牛モモ肉、納豆などに多く含まれています。

尿酸値が高いなら食べ過ぎに注意

プリン体を多く含むタコは、食べ過ぎると尿酸値が高くなりやすいです。尿酸値が高くなると、痛風を発症しやすくなります。尿酸値が高いのなら、タコの食べすぎには注意しましょう。

■高尿酸血症で起こりやすい痛風とは
痛風とは、関節に炎症が起こり、大きく腫れて激痛に襲われる病気です。特に足の親指が腫れることが多いです。痛風が起こる原因は、血液中の尿酸が増える「高尿酸血症」です。尿酸値が高い状態が続くと、尿酸が血液中で結晶化し、関節に蓄積して炎症を起こすのです。

■高尿酸血症になる原因
尿酸は代謝によって発生し、尿から排泄されます。代謝で作られた尿酸と排出のバランスがとれていれば、血液中の尿酸値が高くなることはありません。バランスを崩すと、尿酸値が高くなる高尿酸血症になるのです。プリン体を多く含む食品を食べ過ぎたり、尿酸の排泄を抑制するアルコールを摂りすぎたりしていると高尿酸血症になりやすくなります。高尿酸血症になっても自覚症状はありませんが、痛風は突然起こります。高尿酸血症を予防して、痛風を避けたいものです。

スポンサー

まとめ

高タンパク質で低カロリーなタコ。ヒトの体の機能を調整するタウリン、皮膚を健康に保つ亜鉛を多く含んでいます。
旨味があり、噛み応えのある食感のため、ついつい食べ過ぎてしまいます。しかし、プリン体を多く含むため尿酸値が高い場合は食べ過ぎに注意しましょう。

監修:はせがわじゅん
子どものころから食への探求心が強く、管理栄養士の道へ。食にまつわる歴史や、豆知識を調べることが趣味です。素材の味を活かした料理や、簡単で手軽にできるレシピが得意。

スポンサー

    ▲ページトップ