家具

照明を変えておしゃれな部屋に!おしゃれな照明器具の選び方

2019-03-24

関連キーワード

照明器具にはさまざまな種類があります。

シーリングライトは天井に直接取り付けるタイプの照明器具で、室内を均一な明るさで照らしてくれます。

ペンダントライトは天井からコードやチェーンで吊り下げるタイプの照明器具です。実用性はもちろん、装飾目的に使用されることも多くあります。

シーリングライトとペンダントライトは、主にリビングやダイニングルームに使われることが多く、デザインがとても豊富です。

ダウンライトは天井に埋め込むタイプの照明器具で、中でも開口部が小ぶりのものを指します。天井に埋め込むことで天井面がフラットになること、コーン型やユニバーサル型など形状が豊富なことが特徴です。

以前は店舗や公共施設などで主に使用されていましたが、最近は一般住宅でもダウンライトを取り入れる例が増えています。

ブラケットライトは壁に取り付けるタイプの照明器具で、廊下や階段に多く使われています。また、リビングの補助照明として使われたり、玄関口など屋外に取り付けられることもあります。

他にもスタンドライト、フットライト、スポットライト、コーブライトなどがあり、利用目的や好みによって使い分けられています。

そんな数ある照明器具の中から今回は、おしゃれなペンダントライトをご紹介していきたいと思います。

スポンサー

食卓を照らす柔らかな灯り

家族で囲む暖かな食卓。ダイニングテーブルの上にペンダントライトを設置すると、照明の効果で料理がより美味しそうに見えます。家族の会話も弾みそうですね。

ダイニングテーブルの上にペンダントライトを設置する場合、テーブルトップから60~80cmがベストと言われています。

お部屋の色に合わせて選ぶ

お部屋のテーマカラーに合わせてペンダントライトを選ぶ、差し色となる色のシェードを選ぶ、など、色にこだわって照明器具を選ぶのもおすすめです。

爽やかなブルーの壁が美しいリビングルームの奥には明るいダイニングルームが覗いています。ダイニングテーブルの上や棚にはブルーの小物が置かれ、ペンダントライトのシェードにもブルーが使われています。

ひと続きのリビングとダイニングに統一感を持たせるために、ペンダントライトのブルーも一役買っています。

グレーを基調とした部屋というと無機質な印象になりがちですが、こちらのダイニングは、壁、ペンダントライト、椅子にオレンジ色を使うことで、食卓を囲む場に相応しい温かさが加味されています。絶妙な配色バランスにセンスの良さが感じられますね。

天井の骨組みや配管パイプがむき出しのインダストリアルスタイルの部屋。部屋の雰囲気に合わせて、ペンダントライトも工場にあるようなちょっと無骨なデザインのものをチョイスしています。部屋の中央には大きな黒いソファーセットが置かれ、鉄骨や配管パイプも黒く塗装されています。ほの暗く感じるくらいが丁度いい、男らしさ溢れるカッコいい部屋になっています。

スポンサー

スポットライトのような使い方も

小さなペンダントライトを低めに設置して、スポットライトのような効果を楽しむこともできます。

お気に入りの置物や観葉植物の上にペンダントライトを設置してみるのもよいでしょう。

まるでスポットライトを浴びているようで、観葉植物も生き生きとして見えます。

ソファーの近く、低い位置に光源が来るように設置すれば、読書灯のかわりにもなります。

デザインで選ぶペンダントライト

特殊プラスティックペーパーをひとつひとつ手で折って作るハンドクラフトのシェードを持つペンダントライトです。

個性的な立体的デザインは、北欧の代表的な照明器具として世界中で愛用されています。

こちらは細いワイヤーフレームをつなぎ合わせて多面体のフレームシェードを作り上げています。見る角度によって違った印象を見せるオブジェのようなフォルムは、北欧インテリアによく見かけるジオメトリック・デザインになっています。ワイヤーの持つシャープな雰囲気がアーバンスタイルやインダストリアルスタイルなどのインテリアにもぴったりです。

ラタンやウォーターヒヤシンスをシェードに使用したペンダントライトは、アジアンテイストの部屋との相性が抜群です。

ソファーなどと同じ素材や同じ色のシェードを選ぶと、インテリアの統一感がより高まります。

高さや向きを変えて、変化を楽しむ

ペンダントライトのコードを長くして、光源を敢えて低い位置になるように設置すると、見慣れた部屋が一気にモダンでおしゃれな雰囲気になります。

ペンダントライトを低い位置に設置すると直接明かりが目に入りにくく、眩しさが軽減されるというメリットもあります。

また、デザインがユニークなペンダントライトを視界に入る高さに来るように設置して、インテリアの一部として楽しむのもよいですね。

部屋のコーナーを照らすようにペンダントライトを設置すると、部屋が広く感じられます。また、シーリングライトなど部屋全体を照らす照明を消すと、いつものリビングが高級ホテルのようなおしゃれな雰囲気になります。

4つのペンダントライトがそれぞれ別の方向を照らしています。どんな陰影ができるのか、試してみたくなりますね。

スポンサー

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢

【質問1】スマートフォン使いづらい点はありますか?

  

【質問2】

”はい”と答えた人に伺います。その理由を教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ