家庭菜園

最近人気のいちじくの育て方は?

2019-03-26

関連キーワード

最近、フルーツとして人気を集めているのがいちじくの木です。いちじくを庭で育てたいと思っている人もいるでしょう。実際に、いちじくを庭で育てている家も見かけますよね。
いちじくの育て方について、詳しく知ってみませんか。

スポンサー

いちじくの育て方は簡単?

まず、いちじくについてですが、いちじくは、クワ科イチジク属です。よく庭に植えられていて育てやすいようですが、小アジアやアラビア南部が原産のフルーツです。

高さは大きく育つと2m~5mにも大きくなります。耐寒性がやや弱いために、関東地方より北の地方では、庭植えでは育てにくいでしょう。また、植える際は、日当たりのいい場所に植えるのがおすすめです。

いちじくを育てる際は、害虫ではカマキリに注意が必要です。カマキリの被害で枯れることが多くありますので気を付けましょう。いちじくの害虫は、カマキリということを覚えておいて、最初から駆除対策を取るといいでしょう。

4月以降にカマキリがいちじくを食べた穴があった場合には、そこから幼虫を見つけて殺したり、6月に成虫をやっつけたりしましょう。

いちじくの実はどういう風になる?

いちじくの実についてですが、詳しく見ていくと様々な不思議があります。まず、私たちが食べているいちじくの実は、本当は花の部分です。花軸が肥大化したものを私たちは食べています。いちじくと言うと、実の中の粒粒が特徴ですが、あれが本当は花の部分です。種のように感じる部分は花で、いちじくの実には不思議がいっぱいです。

イチジクは、漢字で「無花果」と書きますが、実の中にたくさんの白い粒粒の花を咲かせているのが特徴です。外からは花が見えないために花がない「無花果」と言われているだけで、花は実の中にあります。知ってみればみるほど、不思議です。これからは、イチジクの実を食べる前によく観察してみたくなりますね。

また、いちじくの実の付く時期ですが、品種によっていろいろです。夏に実がなる夏果とよばれるものは、6月下旬~8月上旬に収穫できます。また、秋に収穫できる秋果の場合には、8月中旬~10月中旬に収穫可能です。また、その両方に収穫できる品種もあるなど、とてもたくさんの品種があるのに驚かされます。

通常、庭などに植えた場合には、8月~10月までと夏から秋までの長い期間、収穫できるようになります。少しずつ収穫できて長い期間楽しめます。

また、いちじくが熟してくると、雨に打たれたりすると弱く、また鳥からも食べられやすくなりますので注意しましょう。熟したら早く収穫しましょう。

最近では、生で食べたり、ジャムにしたり、お菓子などに様々に加工して食べられていますよね。食感と言い、特徴的な味と言い、とても人気のいちじくとなっています。

スポンサー

詳しい育て方について

さらに、詳しい育て方についてですが、いちじくは、元肥と追肥を行うことが必要です。化学肥料はできるだけ抑え気味にして、堆肥などの有機肥料を使いましょう。家庭の生ごみなどを与えるのもいいでしょう。

また、いちじくを庭に植えた場合は、枝の先端を切り戻しながら育てましょう。そして、枝を横に広げて誘引していくことで、次の年の夏から秋には収穫が可能になります。多くの実を収穫することができておすすめです。

いちじくは、実がなるように、枝を作っていくことが大切な作業と言えます。大きな葉っぱを付けますので、切り戻しをしないと、枝が混みあってきます。枝が混みあうと、日も当たらず、美味しいいちじくになりません。枝を切り戻して、横に枝を広げていくことが大事なことになりますよ。

ただし、夏に収穫したい夏果の場合には、枝先を切ると実がなりません。夏果では、実を付けるために切り戻さないことも必要なことです。いつ収穫するのかによって剪定には気を付けるようにしましょう。

いちじくの水遣りについて

また、いちじくは、葉っぱが大きいのが特徴で、蒸散量も多く、水分を必要とします。実がなると余計に水を欲しがるようになりますので注意が必要です。

さらに、土の中の水分が多すぎても品種によっては根が弱ってしまいます。いちじくの水遣りは、管理が結構難しいということも知っておくといいでしょう。土がしっかり乾いたらたっぷりと水を遣るように、メリハリを付けるといい方法になりそうです。

いちじくを育てて実を収穫してみよう!

私たちは、実際にはいちじくの花を食べていることを知りましたね。いろいろな不思議があるいちじくの実です。実際に育てて、実のなり方や、中の様子もじっくりと観察してみたいですね。

庭で育てるのも、寒さとカマキリの害虫被害に気を付けていれば、割と育てやすいでしょう。美味しいいちじくの実をならせて収穫を楽しんでみませんか。収穫の時期も長いので、いろいろな方法で、何度もいちじくを味わってみることができるでしょう。美味しいいちじくレシピもいろいろと見つけてみたいですね。

監修:トマト
毎日いろいろな発見をさせられるガーデニングです。
長年のガーデニング経験から育て方の難しさもそれぞれの植物に学んでいます。
今は多肉植物などにも凝っていて、新しい発見と成長を見ていきたいと思っています。

    ▲ページトップ