世界遺産

世界遺産が続々日本に誕生! ぜひとも旅してみたいところは?

2019-03-26

関連キーワード

世界遺産が日本で増え続けているのはご存知でしょうか? 2018年には長崎県・熊本県の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録され、日本国内の世界遺産は22件(2019年2月現在)にまで増え、今後も増えていくものと予想されます。 人類共通の遺産として認められた世界遺産が、日本に22件も存在するのです。そんなに凄い物、一度ぐらいは観てみたいですよね。そこで今回は、日本中に点在する世界遺産の中から5つを厳選して紹介していきたいと思います。

朱色の大鳥居が美しい厳島神社【広島県】

まず紹介したいのが、朱色の大きな鳥居や社殿が印象的な広島県の厳島神社です。創建から約1400年もの歴史を持つ名社であり、厳島神社を中心に前面の海や背後の弥山原始林などが1996年に世界文化遺産に登録されました。 平安時代の寝殿造りの様式を取り入れた美しい社殿群は、時の権力者平清盛により基本が造営されたと言われています。壮麗な社殿群もさることながら、特に印象的なのが海上に佇む大きな朱色の鳥居です。高さ16mという大きくて鮮やかな朱色の鳥居は、観る人すべてを魅了してやみません。

希少な動植物の生息を間近で観測できる知床【北海道】

北海道の東部に位置する知床半島とその沿岸は2005年に世界自然遺産に登録されています。知床には冬に海を覆いつくす流氷をはじめ、人の手つかずの大自然が広がっており、そこにはシマフクロウやシレトコスミレといった絶滅危惧種に数えられる希少な動植物が生息しています。

現在はガイドの説明を聞きながら知床の自然を体感できるツアーなども多々催されています。また、ウトロ港から知床岬まで就航している観光船もあるので、海側から知床の絶景を楽しめるほか、運が良ければイルカの群れにも出会えるかもしれません。

歴史的な寺社仏閣を散策 古都京都の文化財【京都府】

街中に歴史的建造物が点在している古都・京都。その数ある文化財の中から、16ヵ所の寺院と1つのお城が1994年に世界文化遺産に登録されています。登録されているのは上賀茂神社、下賀茂神社、清水寺、金閣寺、銀閣寺、二条城、仁和寺、龍安寺、天龍寺、西芳寺、高山寺、西本願寺、東寺、醍醐寺、平等院、宇治山神社、延暦寺の計17ヵ所。日本人なら誰でも名前は知っている有名な寺社から、通好みのあまり知られていないスポットまで揃っていることが分かります。

見どころがたくさんある京都ですが、世界遺産に登録されている文化財にスポットを当てて巡ってみても楽しいかもしれません。その際は京料理や和スイーツなどの京都ならではのグルメも堪能してみてください。

日本初の世界遺産登録を果たした姫路城【兵庫県】

姫路城は奈良の法隆寺と共に、1993年に登録された日本初の世界文化遺産です。1333年に守護大名・赤松則村により砦が築かれ、1346年にはその次男である赤松貞範により本格的に築城されたと言われています。その後1609年に池田輝政により城の大改築が行われ、現在も残る大天守閣が完成しました。

姫路城は、全景がまるでシラサギが羽根を広げたように美しく優美だということから、「白鷺城」の愛称でも親しまれています。歴史を重ねてなお美しい姿を保っている姫路城をぜひ実際にご覧になってみてください。

また、姫路城は「日本の桜の名所100選」にも登録されており、春になるとソメイヨシノやシダレザクラなど約1000本の桜が咲き誇ります。天守閣や白壁に薄紅色の桜が映える幻想的な光景をぜひ間近でご覧になってみてください。時期によってはライトアップも行われ、昼とは違った桜をお楽しみいただけます。

島の21%が世界遺産の神秘の島、屋久島【鹿児島県】

島の約9割が神秘的な森林に覆われている屋久島は、多種多様な動植物が生息している貴重な自然遺産です。世界自然遺産には1993年に登録されており、その範囲は島の約21%に及びます。

縄文時代から人が住んでいたにもかかわらず、屋久島には古来からの生態系が今も残っており、希少な動植物が多く生息しています。また、島内には1000メートルを超す山々が46もあり、その特異な地形から亜熱帯から亜寒帯までの気候が見られます。これは九州~北海道の気候が一つの島で観測できるということです。

屋久島には屋久杉で有名な推定樹齢7200年(諸説あり)といわれる縄文杉をはじめ、日本の植物種の7割以上が生息しており、こういった特異性から「東洋のガラパゴス」の別名も持ちます。島内を歩くと自然の神秘性を目の当たりにして、畏怖の念を覚える方も多いかもしれません。

世界遺産めぐりを資金面でサポートする「リバースモーゲージ」!

今回はぜひとも旅してみたい日本の世界遺産を5ヵ所ご紹介しました。国内には今回紹介した以外にも、白川郷や法隆寺、富士山をはじめ、世界遺産に登録されている文化財や自然が多々あります。そんな世界に誇る日本の名所をできるだけ多く訪れようと思うと、やはりある程度の資金が欲しいものです。そのような思いを抱くアクティブシニアに注目されているのが、リバースモーゲージという金融商品です。上手く活用することで、老後をより楽しむための資金を確保することができますので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。





★こちらの記事もあわせてお読みください。
春に行きたいシーズンインホテル特集!! 充実した人生を実感する、ゆったり過ごす愉悦の休日
GW 10連休! 普段はできない家族三世代で充実人生を体感する、心に残る旅へ!!
パスポートいらずの安心国内クルーズ。洋上の動くホテルで小笠原を満喫する充実の人生!
充実人生を体感!! 日本全国の桜を巡る春色満喫のおとな旅
趣味とリバースモーゲージ Vol.1 悠々自適な老後生活。アクティブシニアが日本を元気に!

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢

【質問1】スマートフォン使いづらい点はありますか?

  

【質問2】

”はい”と答えた人に伺います。その理由を教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ