カメラ

カメラの選び方のポイント

2019-03-30

関連キーワード

今や写真の世界も大きく変わって、インスタなどでの画像投稿も日常的になってきています。スマホや携帯電話で撮影ができるからそれでオッケーという方も多いかと思いますが、あなたがもし、これから、本格的に写真を趣味にしたいと思うのであれば、ちゃんと、カメラを選びたいですね。
とは言え、何を基準にしたらよいのか初心者には分かりません。そこで、今回はカメラの選び方についてのご案内をします。
上の動画画像を見ただけでもカメラの種類は結構ありますね。「カメラはカメラ」ではありません。

スポンサー

『カメラの学校』いわく、自分のライフスタイルに合うカメラを選ぶのがよい。とのことです。

まずは、初心者でも比較的簡単に撮れるデジタルカメラからご案内します。先に述べたように、デジカメはデジカメ、ということはありません。
デジタルカメラは、大きくはレンズの交換が可能か否かの2つに分けられます。デジカメ、と聞いて一般的に想像するコンパクトなものはレンズ交換ができないものです。

上の画像にあるものはレンズ交換ができるデジタルカメラです。デジタル一眼と呼ばれています。
デジカメをさらに細かく分類すると以下の3つになります。

【コンパクトデジカメ】
薄くて軽量、レンズの交換はできません。カメラのレンズ部分が飛び出していないのが特徴となっています。

【一眼レフ】
ファインダー入り。より本格的な撮影を楽しみたい方向けのカメラと言えます。デザインとしてはよくあるカメラと同じ物が多いです。

【ミラーレス】
ファインダーがなく、小型で軽量。デザインも小さめです。お手軽に写真撮影を楽しみたい方向けとなっています。

「自分は本格的なカメラが欲しいから一眼レフで」と思ったらすぐにネット通販で購入、はおすすめしません。まずはカメラの購入できるお店に行き、実際に手に取ってみてください。
「買ったけど、こんなに重いとは思わなかった」という悲劇を避けるためにも、感覚や重さが馴染むかどうかも、実際に確かめて、検討してください。 操作しやすいかどうかは特に重要なポイントです。カメラの操作性でカメラライフは決定します。よりディープに楽しむのなら、レンズやアクセサリーといった、カメラ以外のラインナップを見るのもおすすめです。こうした附属品はカメラ撮影の楽しみをより強めてくれます。

まず、自分はどんなカメラライフを送りたいのかを考えましょう。その上で自身のライフスタイルに合ったカメラを見つけ出すとよいでしょう。
お気に入りのカメラを見つけたら、あとは気の向くままに写真を撮ってください。きっと楽しいカメラライフになります。

    ▲ページトップ