雑貨

セリアの詰め替えボトルを使って、キッチンがおしゃれに変身

2019-03-31

関連キーワード

日常生活は、ちょっとしたことで楽しみや彩りが加わります。少しの工夫で日常に彩りと楽しみを添える『森の家』より、今回はキッチン収納のご紹介です。
使いかけのインスタントコーヒーやお茶パックなどのこまごまとしたものを、そのままの容器に入れていませんか。もちろんそれはそれでよいのですが、実はこのこまごましたものをリーズナブルな費用でおしゃれなインテリアに変えてしまう方法があるのです。
おしゃれなものイコール高いインテリアという傾向が変わって久しく、今やDIYや工夫の時代ですね。
100均で購入した小瓶に、余ったインスタントコーヒーなどを詰め替える、ただそれだけでキッチンは何十倍にも素晴らしく生まれ変わります。

スポンサー

今回使用するのは、セリアで売られているストックボトルです。メタリックな蓋とガラスの瓶というアンティークな印象が、北欧系の彩りを添えます。
向かって一番右の2つが900ml、真ん中の3つが950ml、左端が750mlです。購入の際の参考にしてみてください。
これらの瓶に詰め替えるのは、マカロニやキャットフード、コーヒーや紅茶のティーバックなど、「瓶はあるけれども、もっとおしゃれなものに入れたい」と思うものや、「なんとなく袋に詰めている」「ほかに入れものがない」といったものたちです。
こういったものは、ときに、「袋に入れたまま洗濯ばさみなどで留める」など、見た目もよくない上にかさばる方法で保存されがちです。そんなときには、ストックボトルでスッキリと収納しましょう。量に応じた瓶に入れておけば、何だかおしゃれに見えてきます。
念の為、瓶は煮沸消毒しておくとよいでしょう。その後、よく拭いてから詰め替え作業をしてください。

瓶の口が狭い場合は入れ方を工夫します。ものによってはスプーンやじょうごなどを用意して、焦らずゆっくりと入れましょう。全部入れたらしっかりと蓋をします。

瓶への詰め替えの利点は、なかが見え、並べて置けるので整理がしやすい点です。
詰め替えが終わったら、使い勝手のよい所に置いておくことをおすすめします。おしゃれで清潔感があり、かつ使いやすいのがポイントですので、DIYをした調味棚でも、100均で購入したものに工夫を凝らした収納棚でもよいので、そうした、利便のよい棚などに並べてください。

今回は無地の瓶でしたが、絵や文字が印刷されている瓶でももちろん構いません。あなたの趣味に合った100均の詰め替え瓶で、台所をちょっとおしゃれな装いに変えられたら素敵ですね。

スポンサー

    ▲ページトップ