カメラ

三分割法をマスターせよ

2019-03-31

関連キーワード

写真の撮影において、よく言われることがあります。「構図が大事」ということです。
しかし、「構図と言われてもよく分からない」という人も多いでしょう。そんな人の強い味方、よい構図で写真が撮れる方法がありました。三分割法です。

スポンサー

三分割法とは、その名の通り画面を三分割する方法です。それも、縦横に分割します。
被写体をその線が交差する点に置くことで、バランスのよい写真を撮ることができるのです。
ここで気をつけるのがピントです。三分割法を使うと、時々被写体が中央のピントからずれてしまいます。
ファインダー越しに「あ、ピントがずれているな」と思ったら、シャッターボタンを半押し、つまり半分だけ押した状態にしてください。その上で被写体をずらして、ピントを合わせてからシャッターを全押しにすればきれいに写ります。

かっこいい、美しい、いろいろな構図がありますが、画面を縦横に割った9つの点のなかに置くだけで本当によい構図が撮れるのか。そんな疑問をお持ちの方もいることでしょう。
そんなときには黄金比率というものを思い出してください。美しいと感じる顔、ラインは決まっています。三分割法は、黄金比率と同じ理論により導き出された、よい構図をとる為の方法なのです。
「分割したラインの交点に被写体を置くだけでプロっぽい構図になる、そんなの嘘でしょう」とお思いの方は騙されたと思ってお試しください。
プロ級とまではいかずとも、実際に素晴らしい構図になります。

よい構図の写真を撮るのに特別な才能はいりません。プロならともかく、一般人の場合はそこまでこだわらなくてもよいのですが、やはり構図にこだわったよい写真は撮りたいもの。そこに必要なのは熱意です。
とにかく、初めのうちはとにかく三分割法をやってみてください。何事も場数を踏めばその内分かってきます。写真の構図も同じです。たくさん撮れば撮っただけ、コツが分かって、更に撮ることが楽しくなります。
「これ本当に交点かなあ、ちょっとずれたかなあ」といった心配はいりません。三分割法は目安です。「大体このあたりに被写体を置く」といった程度の認識から始めても構いません。
まずははじめてみることです。三分割の分割方法は縦、横共に三等分。そのくらいの目安で被写体の位置、そしてピントを調整してください。
三分割法の場合、被写体の来るべき場所は主に四ヵ所です。そこにうまく被写体が収まるよう、シャッターチャンスを決めましょう。

    ▲ページトップ