景勝地

一面のネモフィラの青と空の青さを体験しよう ~ひたち海浜公園~

2019-04-04

関連キーワード

茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」は、約200haの広大な園内各所に大規模な花畑があり、エリアごとに異なるテーマで季節の花や自然を楽しめるようになっています。

春にスイセンやチューリップが咲き誇る「西口エリア」・メタセコイアの並木道や夏にひまわりが咲き誇る「南口エリア」・大観覧車や遊び体験広場・レストランやローズガーデンのある「プレジャーガーデンエリア」など、大きく分けて7つのエリアに分けられます。

「みはらしエリア」の中にあるみはらしの丘は、ひたちなか市内で一番標高の高い場所にあり、ほかにはない、スケールの違うネモフィラの花畑の美しさが注目を集めています。
「一度は訪れてみたい絶景スポット」として日本国内からだけでなく、世界中からも観光客が集まっているそうです。

ネモフィラは北アメリカ原産の春に咲く小さな一年草

ネモフィラは北アメリカが原産で、秋に種をまき春に花を咲かせる一年草です。草丈は10cmくらいで、大きくなったものでも30cmくらいまでしか伸びません。

またネモフィラは和名は瑠璃唐草、英名ではベイビーブルーアイズと呼ばれていてます。 草丈が大きくならないネモフィラですが、横へは広がりやすく、そのかわいい花姿から、グランドカバーとしても寄せ植えの材料としてもとても人気があります。
ネモフィラは、細く小さな切込みがたくさん入った葉っぱの広がる中に、花径2cmくらいの白・青・紫などの小さな花を咲かせます。


ネモフィラと空と海との青が溶け合う自然のハーモニー

草丈も花の大きさもとても小さなネモフィラですが、みはらしの丘では3.5haもの広大な敷地に約450万本ものネモフィラがぎっしりと植栽されています。

国営ひたち海浜公園は海の近くにあるため潮風が香り、見渡す限り広がる優しく青いネモフィラの花畑と、澄みきった青い空との美しいコントラストで出迎えてくれます。
海と空とネモフィラのすべてが見渡せるビューポイントもあるので探してみましょう。
訪れる人を空の上で散歩しているかのような不思議な感覚にいざなってくれます。

観光バス旅がおすすめ! 国営ひたち海浜公園のネモフィラ見物

ネモフィラの咲き乱れるみはらしの丘は人気が高く、東京から国営ひたち海浜公園までは車で2時間程度ですが、年々ネモフィラの開花期間の来場者数は増加していて、2018年は約31万5000人が来園したそうです。

国営ひたち海浜公園の駐車場には広いスペースがありますが、道中の混雑もあるので、できれば公共交通機関を利用したいところです。しかし、国営ひたち海浜公園に直接アクセスできる鉄道がありません。路線バスや高速路線バスを利用すれば西口ゲートに直接行けますが、そこまでの乗り換えなどが煩雑です。

そこで、ネモフィラを見に行きたいけれど、面倒な乗り換えや渋滞は嫌という方におすすめなのがバス旅です。
京王観光バスのバス旅なら、乗り換えなしで案内してくれるだけでなく、しっかりと昼食もとれ、帰路には新鮮魚介が手に入る那珂湊(なかみなと)おさかな市場での買い物と、茨城県名産のお土産まで付いています。

旅の思い出の買い物は那珂湊(なかみなと)おさかな市場で!

美しいネモフィラを楽しんだら次は買い物を楽しみませんか? 普段、なかなか見ることができない旬の鮮魚がずらりと並び、しかもリーズナブルな価格で販売しているのはとても魅力的ですね。 「那珂湊(なかみなと)おさかな市場」は那珂湊漁港に隣接した魚市場なので、目の前の太平洋で捕れたばかりの新鮮な地魚や魚介類が豊富に取りそろえられています。 鮮魚や干物、珍味や乾物などをお土産に購入することができ、すしや海鮮丼、魚介類の定食なども食べられます。 地方発送も行っているので、魚は欲しいけれども持って帰るのが面倒という方にも便利なだけでなく、選りすぐりの鮮魚を離れたところに住む方のところに発送してもらうこともできます。

京王観光バス旅でネモフィラの青い丘を見に行こう!

京王観光のバス旅は、ネモフィラを見に行くのにぴったりの、「ゆったり2時間滞在!ひたち海浜公園ネモフィラの青い丘とおいしい♪いばらき」。 途中、水戸ドライブインで海鮮釜飯の昼食をとった後、たっぷり2時間、ひたち海浜公園でネモフィラの青い丘を堪能することができます。 そして帰りには、那珂湊おさかな市場で新鮮なシーフードのお買い物や食べ歩きも楽しめます。

バス旅なら、ベテラン運転手さんにお任せなので、道に迷う心配もなく渋滞情報を常に意識する必要もありません。
昼食も付いているため、メニューに迷ったりお食事場所を探したりする手間も省けます。

リーズナブルなプランなのに、初物茨城県産メロン1玉とわら納豆のお土産まで付いています。
のんびりとバスに揺られながら美しい風景が堪能でき、茨城県のおいしい名産品や食事もゆったりと楽しめる、魅力たっぷりのバス旅です。
国営ひたち海浜公園へネモフィラの丘を見に行くには、京王観光バス旅がおすすめです。


アンケートにご協力お願いします

性別
年齢
【質問】

織田信長の家臣で好きな武将を1人選んでください。
またその理由も記入してください。

【理由】

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ