ガーデニング

桜の種類とその花言葉をもっと知ってみませんか?

2019-04-09

関連キーワード

の季節になると、日本全国が花見で賑やかになりますが、の種類は園芸種だけでなく、野生にある品種を加えると600種類もあると言われています。そんな多くの種類があるですが、にも花言葉があるのを知っていますか。

日本人に最も親しまれている、その花言葉についても詳しくなってみませんか。

スポンサー

桜の主な品種とは

600種類もあるですがとても大きく分類すると、よく見ることができるとして下記の4つの品種に分けることができます。ソメイヨシノ、しだれ、八重、寒はよく目にする機会も多いでしょう。

これらは、咲く時期がまず異なりますので、印象も随分違います。寒は、寒い時期に咲くとして、1月~3月に咲いて、春を呼び込んでくれますよね。河津の開花などは、2月位から咲き始めるため、風物詩として有名ですよね。

ソメイヨシノとしだれは、大体同じ頃に咲いて、3月下旬~4月上旬に開花します。しだれは、4月中旬頃まで遅く咲いているものもあるでしょう。しだれは、花のピンクの色が濃いのが印象的でもありますよね。また、樹齢の長い樹木が多い印象です。

八重は、遅く咲き、4月上旬~5月上旬で、花見をしそこなった人も八重なら見ることができる花でしょう。それぞれに、季節を味合わせてくれる花として、日本人には愛されていますよね。

桜の木の花言葉は?

さて、の木の花言葉ですが、一般的には「純潔」や「優雅な女性」「精神美」などと言った花言葉が付けられています。の花びらの品のある花色から、「優雅な女性」や「純潔」などといった花言葉が付いていると思えます。

また、の花びらの散り方からも、はかなさを連想するような花言葉があります。フランスの花言葉で「私を忘れないで」という意味もありますよ。

そして、の花は、日本の国花にもなっていますので、日本のイメージにも重なるような花言葉があります。「精神美」などという花言葉は、日本をイメージした花言葉ではないでしょうか。

の花は、きれいに咲いたかと思うと、散り際は潔いイメージで、しっかりとした木のイメージがあります。日本人の凛とした精神にも重なっての木に、「精神美」という花言葉が付いているようですよ。

スポンサー

桜の木の種類によって花言葉も異なる?

また、の木の種類によっても花言葉が変わるのを知っていますか。ソメイヨシノ、しだれ、八重、寒と大きく分けた場合の花言葉も見ていきましょう。

まず、ソメイヨシノは、の中でも代表するような品種ですので、「純潔」「優れた美人」と言った花言葉が付いています。多くの日本のは、ソメイヨシノですので、の一般的な花言葉と同じ意味になっています。

しだれは、「優雅」や「ごまかし」と言った花言葉があります。「優雅」というのは、しだれた枝の柔らかな枝のイメージからよくわかる花言葉ですね。「ごまかし」は、しだれた枝によって何かを隠しているようにイメージを受けることから付いているようですよ。

「優雅」と「ごまかし」という全く異なる花言葉が付いているのは不思議ですね。の花の美しさゆえに、何か「ごまかし」をしていると思われるのかもしれませんね。

また、八重は、「理知」「しとやか」「豊かな教養」「善良な教育」などといった花言葉になっています。八重に、沢山の花びらが重なっている様子が「理知」や「教育」といった整然としたイメージを作りあげているのかもしれません。しとやかという意味もありますので、優しく落ち着いたイメージにも見えるようです。

寒桜は「あなたに微笑む」の花言葉も

は、1月や2月位から早く咲きますので、「気まぐれ」や「あなたに微笑む」などが花言葉になっています。「気まぐれ」は、早く気まぐれに咲いた、早い時期のという意味から付いたものです。

また、「あなたに微笑む」は、寒い中でも早く咲いて、人々を喜ばせてくれるという嬉しい意味になります。寒は、下を向いて咲いていることからも「あなたに微笑む」といった意味にも受け止められることもあるのでしょう。

こうしてみると、寒、一つでも「気まぐれ」と「あなたに微笑む」では、随分イメージが異なる花言葉あることがわかります。どのように早春に咲いた花が受け止められるかによって異なります。

また、寒の花の色は、白から濃いピンクまで様々です。の花の色で言えば、白いの花の花言葉が「あなたに微笑む」になっています。白いの花は、特に健気で静かな印象ですので、そうした花言葉になっているのでしょう。

美しいがゆえに様々な花言葉が誕生!

の花は、美しいがゆえに色々なイメージを感じる花です。しだれは「優雅」なイメージでもあれば「ごまかし」という花言葉の意味を持ちます。寒も「気まぐれ」といった花言葉と「あなたに微笑む」といった全く別の花言葉を持っています。

美しいの花をどう受け止めるかによって、様々な花言葉が生まれます。どちらの花言葉により共感するのかは、自分でもの花を実際に見て感じてみませんか。

監修:トマト
毎日いろいろな発見をさせられるガーデニングです。
長年のガーデニング経験から育て方の難しさもそれぞれの植物に学んでいます。
今は多肉植物などにも凝っていて、新しい発見と成長を見ていきたいと思っています。

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ