温泉

海の温泉として知名度の高い湯の児温泉

2019-04-14

関連キーワード

熊本県水俣市の市街地から北西にある湯の児温泉は別名「海の温泉」と呼ばれ、全国的にも知られている温泉です。
海の景色が大好きな方、リゾート派の方におすすめで夏は海水浴客が多数訪れています。
また、名物タチウオ釣りをする方、近くにある果樹園に訪れた観光客にも多く利用されています。
九州の地中海と呼ばれている不知火海に面した温泉地であり、ウミガメが湯浴をしていたことから別名「亀の湯温泉」とも言われています。
また、不知日火海での海の幸も楽しめる温泉地としても知られており、観光客の大きな楽しみとなっています。
春は温泉付近に5㎞にわたるチェリーラインと呼ばれる桜並木の桜が美しく咲き誇り、多くの方が観光に訪れます。
桜の名所としても有名となっており、その素晴らしさは日本さくら名所100選にも選ばれています。
湯の児温泉の名前の由来は4世紀の12代景行天皇が行幸された際に、温泉が湧き出るのを見つけ、温泉の温度が低いことを「湯の親ではなく子である」と言われたことから湯の児と付けられたと言われています。
湯の児温泉が本格的に温泉が開発されたのは1925年。
ボーリングに成功で豊富な湯量を確保できるようになったため、温泉の規模が広まっていきました。
源泉数はおよそ13、お湯は無色透明の無臭でほのかな塩味がし、飲泉可能で胃腸に良いとされています。
温泉の泉質は弱アルカリ性炭酸水素塩泉(ナトリウム―炭酸水素塩・塩化物泉ほか)で温度は35~49度。
神経痛や精神性リウマチ、疾患でお悩みの方に最適です。

スポンサー

心に残る素敵な宿の多い湯の児温泉

湯の児温泉は海を眺めながら入浴できる素敵な宿が豊富にあります。その中でもおすすめの宿をご紹介しましょう。

湯の児 海と夕やけ

全室オーシャンビューでミシュランガイド熊本・大分2018特別版にも掲載されている人気のホテル。
お部屋は和室・和洋室・洋室の中から選べ、ゆったりとした空間となっており、ため息が出るほど美しい海と夕やけを眺めながら心ゆくままくつろぐことが出来ます。
温泉は名湯百選にも選ばれた湯上り後の肌がツルツルになる弱アルカリ性の炭酸泉で美人の湯としても知られています。
柔らかなぬめりとまろやかな肌触り、お肌にすんなりと馴染むお湯で美容を大切にする方からも大好評。また、ほのかな塩分を含んでいるため、保温効果があり、冷え性の方にも最適です。
入浴後もぽかぽかとあたたかく、湯冷めがしにくいのが特徴です。

1階は気兼ねなく広々と手足を伸ばして入浴可能な亀の癒し湯大浴場があり、階段を上ると夕やけの美しい海を一望しながら楽しめる展望露天風呂が楽しめます。
その日の天気や季節によって様々な表情の美しい海の景色を眺めながらの温泉は心も体も癒され、非日常の時間をじっくりと過ごすことが出来ます。

また、地元の素材をふんだんに使用した湯の児の手作りごちそうが楽しめる料理も大好評。
不知火の新鮮な海の恵み、里の恵みを使用した手作りのバイキングは60種類以上の料理が一年中季節を通して堪能できます。
タチウオなどの新鮮なお刺身やお寿司、様々なお惣菜、肉料理、デザートと和洋の夕食バイキングは100席ある広い店内となっているので、窮屈感なくゆっくりと楽しめます。
季節ごとに様々なフェア・キャンペーンを行っており、工夫を凝らし、変化する料理を楽しみに年に数回訪れるリピーターも多数。
3日前に予約すれば注文料理も楽しむことが出来ます。

平野屋

湯の児温泉で最も古く、長い歴史も持つ格安の宿で人気なのが平野屋。文豪「徳富蘇峰」ゆかりの宿としても知られています。
木造3階建となっており、まるで昭和50年代にタイムスリップしたような雰囲気を楽しむことが出来ます。
昭和レトロのファンを虜にする宿としても知られており、連日多くの観光客でにぎわっています。
海に面したくつろぎの空間を楽しめ、ビジネス宿泊も歓迎。年期が入っていますが、Wifiも使用することが出来ます。
天然かけ流しの貸切風呂、ユニークな造りの露店風樽風呂の庄助風呂が人気となっています。

スポンサー

昇陽館

源泉かけ流しの絶景を楽しめる露天風呂が人気の宿。離れには海の景色にとことんこだわった展望内お風呂があり、最高の海の眺めを楽しみながら温泉を楽しむことが出来ると評判です。
自家源泉が3つもあり、豊富な湯量の多彩なお風呂が自慢。
展望風呂の他、絶景の不知火海を望める露天風呂が人気となっています。
男性露天風呂は五色の岩を配した五色岩の風呂、女性露天風呂は華紋の湯と名付けられており、昼間は青い海、夜は星空を眺めながらゆっくりと肩まで浸り、くつろぐことが出来ます。
また、家族風呂として1階には洞穴風呂、2階には檜風呂があり、予約制ではなく、空いていたら自由に入ることが出来ます。
お風呂上がりにはお部屋の他に大広間でゆったりとくつろぐことも可能です。
お料理はいけすに泳ぐ地元で水揚げされたお魚を素早く調理するので鮮度と旨み抜群の状態で食べられると大好評。
部屋食となっているので安心してゆっくりと気ままに食事を楽しむことが出来ます。

どの宿もおもてなしの心が伝わり、心身ともに満足でき、湯の児温泉のファンになること間違えなしです。
海の見える温泉に入りたいと思ったら迷わず湯の児温泉にお越しください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ