景勝地

ヨーロッパの農村風景と四季折々の花々が咲き誇る山梨・ハイジの村へ 忠実に再現されたアニメの世界観も堪能

2019-04-18

関連キーワード

1974年にテレビアニメとして放映された「アルプスの少女ハイジ」。大自然が広がるスイスを舞台に純粋無垢な少女ハイジの成長を描いた同作品を見て育ったという方も多いのではないでしょうか。なかには日本人にはあまり馴染みが無いスイスの山間の風景や町並み、文化に憧れを抱いた方もいらっしゃったかもしれません。山梨県にある「ハイジの村」は、そんな「アルプスの少女ハイジ」の世界観が日本にいながら楽しめるフラワーパークです。

スポンサー

「アルプスの少女ハイジ」の世界観を再現した広大なパーク

「ハイジの村」は誰もが一度は憧れるような、スイスの文化やアルプスの大自然に触れられる施設です。まず入場ゲートを抜けると、まるでスイスに迷い込んでしまったかのような異国情緒あふれる石畳広場が広がります。さらに、園内にはハイジの世界観を忠実に再現した施設もあり、例えばハイジがアルムおんじと過ごした「アルムの山小屋」を再現した施設では、実際にハイジが使用したことでもお馴染みの干し草のベッドやおんじの台所なども設けられています。
また、ハイジの友達ペーターのヤギ小屋を再現した「ペーターのヤギ小屋」では、アニメでもお馴染みのヤギのユキちゃんに会うことができます。アニメと見比べると意外に大きくてビックリされる方も多いかもしれませんが、1個100円でエサをあげることもできるので、ぜひユキちゃんとの交流も楽しんでみてくださいね。

(写真提供 インスタグラムID:misaki___37



さらに、施設内にはチャペルがあり、実際に結婚式を挙げることができます。ハイジの世界観を感じる大自然のなかで一生の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサー

園内で四季折々の花々を堪能しよう

「ハイジの村」では四季折々に咲き誇る季節の花々も見どころのひとつとなっています。春にはチューリップやジャーマンアイリス、夏にはラベンダーやひまわりなど、季節ごとにいろいろな種類の花々が見頃を迎えます。なかでも、毎年初夏にかけて1200品種7000本が咲き誇るというバラの美しさは圧巻。園内には約230mも続く日本一長いというバラの回廊も設けられており、見頃の時期には左右で目移りしてしまうほどの美しさが人々を魅了します。

園内には至るところで色とりどりに咲き誇る花の数々を観ることができますが、敷地が広大なため、隅々まで見てまわると疲れてしまう方も多いかもしれません。そんな方におすすめなのが「ロードトレインハイジ号」です。「ロードトレインハイジ号」は有料ではありますが園内を一周してくれるので、素敵な町並みと季節の花々を車窓から眺めながらゆっくりと園内を見てまわることができます。

見どころたくさんの「ハイジの村」は家族旅行にもおすすめ

(写真提供 インスタグラムID:____aym25



いかがでしたか? 「ハイジの村」のすぐ近くには「クララ館」という宿泊施設もあり、こちらでも「ゼーゼマン氏の書斎」など、ハイジの世界観を楽しむことのできる仕かけがたくさんあります。また、ハイジとペーターの衣装を着て記念写真の撮影ができるサービスもあるので、小さなお子様との家族旅行にもおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

山梨県立フラワーセンター ハイジの村
住所:山梨県北杜市明野町浅尾2471
電話:0551-25-4700
開園時間:9:00~18:00(4月1日~7月31日、8月27日~11月30日)
9:00~21:00(8月1日~8月26日、12月1日~12月31日)
9:00~17:00(1月2日~3月31日)
休園日:1月1日、1~3月末までの火曜日(火曜日が祝日の場合は開園)
入場料:季節によって変動(詳しくはHPまで)
公式HP:http://www.haiji-no-mura.com/index.html

    ▲ページトップ