ガーデニング

シャガ

2019-04-25

関連キーワード

学名: Iris japonica
英名: Fringed iris
和名:シャガ(射干、著莪)
科名:アヤメ科
属名: アヤメ属
原産地: 中国東部~ミャンマー

スポンサー

シャガの特徴

シャガ(Iris japonica)は、中国東部~ミャンマーが原産地ですが、日本各地でもよく見かけます。アヤメ科アヤメ属で、アヤメより小さな可憐な花を咲かせます。
日本でも、低地や人里近くの林などのちょっと湿った場所に見かけることができます。常緑の多年草で、耐陰性もあり、初心者でも育てやすいのが特徴です。木の下に植えたり、グランドカバーに植える人も多くいます。
葉は、光沢がある濃い色の葉が垂れ、春には、白に青い斑点が入った花が沢山咲きます。別名「胡蝶花(こちょうか)」とも言われ、花は蝶のような雰囲気も持った可愛い花が人気です。
地下茎で増えるシャガは、密生していることが多いでしょう。

シャガの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~50cm
耐寒性 普通
耐暑性 強い
耐陰性 強い
花色 白、青
開花時期 4月~5月

スポンサー

シャガの育て方カレンダー

時期 気候のいい3月、6月、9月に植えつけるのがおすすめです。鉢植えでも地植えでも大丈夫ですが、横に広がっていきます。
植え付け 3月、6月、9月に植えます。
剪定 4月~5月がおすすめです。 
肥料 3月または6月に肥料をあげます。
開花 4月~5月に次々と花を咲かせます。

シャガの栽培環境

日当たり・置き場所 直射日光が当たらない、明るい日陰がおすすめです。耐陰性があり、日陰でも育ちますが、暗い場合では花が付かなくなりますので注意しましょう。
用土 土があまり乾きすぎないようにしますが、水はけも良い土にするのがコツです。配合する場合は、赤玉土小粒7、腐葉土3に配合しましょう。

シャガの育て方のポイント

水やり あまり乾燥し過ぎないことが大切です。水切れを繰り返さないようにします。また、庭植えの場合には、よほど乾燥しない限り、水やりの必要はありません。
病害虫 ほとんどありません。

シャガの詳しい育て方

選び方 元気な艶やかな葉がしっかり伸びている苗がおすすめです。
植え付け 3月、6月、9月の気候のいい時期に、浅く植えるようにします。
間引き 必要ありません。
剪定・切り戻し 4月~5月がおすすめです。 枯れた花や葉を切り戻しましょう。
植え替え・鉢替え 植え替えは、特に花後の6月がおすすめで、3月や9月頃でもいい時期です。地下茎でよく伸びますので、鉢植えの場合には毎年植え替えるようにします。
庭植えの場合にも3年に1回株分けをしてあげるといいでしょう。株分けで増やしていくことができます。
花 花は一日でしぼんでしまいますので、摘み取るのもいいでしょう。次々と新しい花が咲いていき、実はできません。ライナーを伸ばして増えていきます。
収穫 実はできません。
冬越し 常緑ですが、あまり寒いと葉が傷みますが、大体はそのままで大丈夫です。
増やし方 花後などの植え替え時に一緒に株分けをします。3~5芽を付けてハサミで切り分けます。

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ