筋肉

痩せやすい体を作るための体幹トレーニング

2019-05-08

関連キーワード

理想の姿になることは非常に難しいです。それは比喩的な意味でも、文字通りの意味でも同じことが言えるでしょう。特に理想の体型になったりそれを維持するのは並大抵の努力ではいけません。

理想の体型、もしくは体質はヨガや漢方薬などである程度作ることが可能です。
一番いいのは体幹を鍛えることだとされます。体幹を鍛えれば姿勢を保つこともできるので、おすすめの運動です。

今回ご紹介する動画はお尻周りに効くとされており、ヒップアップの効果もあります。
ウエストをくびれさせることも可能なので、ダイエットに興味のある方はぜひ取り組んでください。

スポンサー

初めに、四つん這いになります。肩の真下に手首が来るようにして支え、足は腰幅くらいに広げてください。

右足を後ろに引いて、左手は肩の真下に置いた状態で固定。胸とおへそを開きます。正面を向いた時、お尻が後ろに行きやすいですが、ここはお尻が引けないように前におへそを突き出してください。

右足のつま先、左ひざ、手が一直線に並ぶように注意しましょう。体幹(この場合はおへそ周り)は狭い隙間に入れる形です。

体幹を動かさず、右足を上げ下げします。体幹がぶれない、動かないことを意識しますが、おへそを中に引き込むことも意識してください。脇腹も引き上げます。

お尻を上げる際使われるお尻の筋肉も意識するとより鍛えられます。
ヒップアップを目指す方はお尻の筋肉も意識しましょう。今回はこの上げ下げを10回ずつ行いましたが、慣れたら10回×2、3セットと増やしてください。

手でマットを支えたまま、つま先をマットにつけて、上の手を上げます。可能なら、もう片方の脚も伸ばして、右足裏につま先をつけてください。お尻を持ち上げ、サイドプランクと呼ばれるポーズをとります。これはくびれを作るポーズです。

可能な限りこのポーズをキープしてください。お尻が下がりやすいので、お尻を持ち上げること、下のウエストラインに力を入れます。10数秒ほどキープしてください。
膝を落とし、一旦休憩します。休憩のポーズは正座の状態から体を前に倒し、両腕を前に投げ出す形です。脚と体はつけてください。この動きで、体はリセットされます。

リセットを行ったら、左右逆で同じ動きを繰り返してください。注意すべき点は右向きと同じです。体幹がぶれないことを意識して、体幹強化運動を行いましょう。

脚の上げ下げ、斜めになってウエストをくびれさせるポーズを左右共に行います。時間配分も左右同じにしましょう。

これらの運動をすることで体幹周りが温まり、理想の姿勢や体型を手に入れることも可能です。
健康のために、是非やってみてください。

スポンサー

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢
【質問1】

1番好きな紅葉の名所を教えてください。

【その他】

【質問2】

選んだ名所の好きなポイントを教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ