フラワーアレンジメント

見れば必ず上手くなる花束レッスン~ふわふわスイートピー~

2019-05-08

関連キーワード

花束を誰かに渡す時、花屋さんなどでプロに見繕ってもらうという方も少なくありません。
「でも、心を込めるなら手作りで花束を作って渡したい」そんな気持ちになる人も多いでしょう。
そこで、自作の花束です。春といえば出会いと別れの季節。そんな時期にぴったりの花、スイートピーの手作りブーケをつくってみましょう。ピンクを基調とした、ふわふわのかわいらしいブーケです。
大きな門出を迎える誰かさんに作る意味合いでも、挑戦してみたくなるでしょう。Nフラワーのスイートピー花束レッスン動画は、どんな状況にも役立ちます。

スポンサー

スイートピーをいくらか束にし、葉物を丸めてホッチキスで止め、根元の部分に置きます。この葉っぱを丸めるのは、Nフラワーではよくある手法です。 スイートピーのような花を花束にする際、主役である花はなるべくくっつけず、間隔を広げてください。
重要な点は花の向きだと、講師の永塚氏は言います。花はまっすぐ上に向かって伸びるものばかりではありません。少し傾いていたりするのが普通です。花束の場合は、この曲がり具合を利用します。
左向きの花は左、右向きの花は右に配置をすれば花束は美しく見えるのです。向きを無視して配置しても美しくありません。自然に出来たフォルムに従って花を使うのがポイントです。

スイートピーの間にレースフラワーといった細かい花を挿していきます。スイートピーのトップよりも下の部分に入れてください。

今回使用する花は柔らかめのものです。これは、今回のテーマが「ふわふわ感のあるブーケ」だからだとされます。永塚氏曰く「バラなどの固い花を入れてしまうと、ふわふわ感が台無しになるので、花束をふわふわにしたいなら固いイメージの花は使わない方がいい」のです。
ふわふわなものだけで、今回の花束は構成されています。花材選びは花束の出来の7割を決める重要なのでよく吟味してください。

花を後ろに挿す時は、ちゃんと花を回して入れます。空いている所をちゃんと確認しながらの方が、失敗は少ないです。「ここが空いているな」と思ったら花を補充しましょう。バランスを考えてスイートピーとレースフラワーを挿入していきます。

だいぶ形ができてきました。ふんわりとかわいらしいです。ここにさらに、サイネリアというピンクの花を足します。
サイネリアはレースフラワーと同じくらいの高さに挿しましょう。サイネリアはレースの層を厚く、そしてかわいくする効果を持ちます。スイートピーが潰されないように注意してください。

ここでいう「潰す」というのは主役を食う、という意味です。他の花があっても「スイートピーが主役だな」と分かるようにしましょう。ドラセナの葉を加えるにしても、スイートピーを潰してはいけません。

仕上がりは、こうなりました。上から見ても横から見ても丸く落ち込み、緩やかな曲線を持つ花束です。
この緩やかで丸いアウトラインを持つ花束の根元部分にゼラニウムでグリーンの彩を添え、結束して完成となります。
どこから見ても丸く、ふんわりとしてかわいい花束ができましたね。大切なあの人へのプレゼントに、是非どうぞ。

    ▲ページトップ