フラワーアレンジメント

バラのブーケの作り方

2019-05-09

関連キーワード

ブーケというものは、単なる花の集まりではありません。結婚式などで花嫁の手に抱えられ別の女性へ放たれるそれは、よく見ると葉が垂れているなど色々なデザインをしています。
そんなブーケを手作りで行ってみませんか。贈り物にしても、手作りの方がより真心がこもりますし、特別な印象もあります。

フラワーアーティストの永塚氏によるNフラワーチャンネルより、今回はバラを使ったブーケを作り方をご紹介。

スポンサー

今回使用する花材はバラ、ドラセナの葉、ピンクのガーベラ、グリーンのトルコキキョウ、リキュウソウです。

初めは主役のバラを何本か重ねます。いきなり全部ではなく数本です。そこに、丸めてホッチキスで止めたドラセナの葉を当ててください。バラの葉のような形です。

今回はバラだけで固めて、周辺を別の花で埋めるので、まずバラを固めていきます。
周辺には丸めたドラセナの葉を置いて下さい。これはフラワークッションと呼ばれるものです。このクッションで、花と花の間が空きます。

バラを固めたら、ドラセナでフラワークッションを作っていってください。ピンクのガーベラが入るだろう箇所には多めにフラワークッションを作りましょう。

ドラセナのクッションの上に、ガーベラを配置します。今回は大きめの花なので離して配置されましたが、小ぶりの花の場合は固めても構いません。 サイズとバランスをよく考えて配置を行ってください。

続いてグリーンのトルコキキョウを入れます。前部分、後ろ部分と入れますが、ただ入れるのではないのは言うまでもありません。
大きく目立たせるのもいいですし、ガーベラの下に入れてガーベラを持ち上げつつ主張をさせました。ブーケ作りにはいろいろなテクニックがあります。

花があらかたできあがったら、今度は葉物の出番です。丸めていないドラセナを使いましょう。
一枚をたらんと垂らし、別の一枚は葉先を折って握りこみました。こうしてドラセナの流れを作ります。

最後にリキュウソウを使用。細長いリキュウソウは流して使うのに適しており、長いものや短くしたものを入れることで、軽やかかつどこか風流なアウトラインができます。
先の方を絡ませるなどしてラインを強調するのも、一つのテクニックです。覚えておいて損はありません。

あとは下を揃えて結束をすれば、ブーケの完成です。永塚氏は見るだけではなく、実際にやればブーケやフラワーアレンジメントはいくらでもうまくなると言います。
Nフラワーの会員や永塚氏の教室の生徒さんの中にはプロになって展示会を行う人もいるようですが、まずはブーケ作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

    ▲ページトップ