フラワーアレンジメント

トルコキキョウのフラワーアレンジメント濃い色合いのアレンジメント

2019-05-09

関連キーワード

花を美しいと感じるようになり、人類はそれを芸術の域にまで高めることを覚えました。
一旦覚えた芸術は、次第に技法や系統が枝分かれしていくものです。フラワーアレンジメントも例外ではありません。

今回は淡いカラーリングをテーマにしたフラワーアレンジメントです。講師の永塚氏曰く、淡い色合いのアレンジメントはあらゆるシーンに活躍するもので、日本においては最も需要が高いものでした。

スポンサー

まず使用するのがストックと呼ばれる花です。これがアレンジメントの大体のアウトラインを決めます。
続いてオリエンタルリリー、つまりユリを挿すのですが、ここでワンポイントアドバイスが入りました。
ユリのような大きな花材を使う時、ストックといったアウトラインの花にぶつかってしまうことがあります。
こうした事態を防ぐべく、「ストックを全部挿してからユリを挿す」のではなく、「ある程度大まかなアウトランとなるストックを入れて、ユリを入れるのを交互に行う」方がアレンジメントしやすいです。
今回、オリエンタルリリーは枝分かれしているので、数本に分割されました。枝分かれしたものを分けて挿すのは、Nフラワーではよくあります。

オリエンタルリリーとストックを交互に挿し、なかなか立派になってきました。見た目にも物理的にも、他の花とぶつかり合うことなくバランスが保たれています。

ここで、ファンデーションワーク、つまり土台作りとしてレザーファンが登場しました。この上から色々とさらに花を載せるのであまり目立ちませんが、ファンデーションワークがあるとないとでは印象も異なるので、使いましょう。
お皿の上に乗せるペーパーナプキンのフラワーアレンジメント版だと思ってください。

白いトルコキキョウを数本差します。この段階では白系統の花しか使っていませんが、いよいよ淡いピンク色のトルコキキョウが登場。彩りが生まれ始めました。

何とはなしに華やかさが出たところで、次にパープルのバラを使用します。ピンクとパープルは不思議と調和するので、近い部分に挿すといいでしょう。

薄いピンクのトルコキキョウ、パープルのバラ、白のトルコキキョウの次に紫のスイートピーを挿すことで、かなり賑やかになりました。そうかといって華やかすぎるということもなく、地味すぎでもない適度な彩りです。
ドラセナの葉を丸めたり、そのまま挿したりして完成となります。

カラーリングとしても造形としても、完成系はかなり見目が良く、どんなシーンでも使うことが可能です。
時と場合によって花言葉を考えるなどして工夫をし、バランスを整えて素敵なアレンジメントを作ってみましょう。

    ▲ページトップ