温泉

山に囲まれた国民保養温泉地の湯田川温泉

2019-05-15

関連キーワード

湯田川温泉は山形県鶴岡市にあり、鶴岡の奥座敷と呼ばれている温泉であり、環境省によって国民保養温泉地に指定されている温泉でもあります。 国民保養温泉地とは温泉の公共的利用の増進のため、温泉利用効果が期待されかつ健全な保養地として活用できるかで判断されます。 利用源泉が療養泉であり、湧出量が十分であること、自然環境や町なみ、文化、風土、歴史などトータルして保養地として適しているところで無ければ指定されませんが、湯田川温泉はこれらをすべてクリアし、平成13年の11月13日に指定されました。 湯田川温泉の歴史は古く、温泉で傷を癒す白鷺を見て発見されたと言われています。 そのため、湯田川温泉はその昔は白鷺の湯と呼ばれ、旅館名も鷺の名が付いたものがいくつかあり、多くの人々に親しまれ、利用されてきました。 湯田川温泉の開湯は平成24年で1300年を迎え、山形県内では文献に残る温泉としては2番目に古い温泉です。 温泉街は昔ながらの木造瓦屋根の旅館が多くあり、レトロ感抜群。 それがまた新鮮と国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪れています。

湯田川温泉の観光スポットとして温泉の女神をまつった格式高い由豆佐売(ゆづさめ)神社が有名です。

共同浴場の正面湯を出て小路の向こうまっすぐにあります。 この神社には石段の参道には県指定天然記念物である乳イチョウの巨木がそびえたっており、圧巻の姿を見に多くの方が来られます。

春には美しい梅が咲く梅林公園・冬はスキー目的で宿泊される方もいます。

湯田川温泉の特徴と泉質

湯田川温泉のすべての温泉浴槽は源泉かけ流し。 湧出量は毎分1000リットルと豊富で温度は40〜41度と程よい温度なのでお子様もお年寄りも安心してすぐに浸かることができますが、旅館によっては加温している箇所もあります。 泉質はナトリウム・カルシム―硫酸塩泉で無色透明の無味無臭。 体内に酸素を程よく取り込む作用、脳波のアルファ派を引き出す作用に優れ、リフレッシュ効果が期待できます。 傷の痛みをやわらげ、血圧を下げる作用があることから傷の湯・脳卒中の湯とも呼ばれてきます。 効能として切り傷、やけど、動脈硬化症、眼病等。 飲泉効能として慢性婦人病、動脈硬化症、肝臓病、月経障害などが挙げられます。

大人気の共同浴場と足湯

湯田川温泉で人気なのが足湯と共同浴場です。 共同浴場は正面の湯と田の湯の2か所。 どちらも泉質は大変よく、純粋な天然温泉です。 利用をする際には温泉宿泊者は旅館が対応してくれますが、宿泊ではない方の場合は船見商店で入湯券を購入し、カギを開けてもらう必要があります。

正面の湯・田の湯は湯田川温泉を代表する人気の共同浴場。 どちらも年中無休・入浴料金200円で午前8:00から午後19:00まで営業しています。 両方同時に入ることはできず、1か所入ったらもう一度料金を支払い、案内してもらう必要があります。 正面の湯は瓦屋根で立派な造りの重厚感溢れる共同浴場。 「正面の湯」と玄関の上に掲げられた看板が目印となっています。 観光客だけではなく、地元の利用者も多い正面の湯は沢山の人で賑やかな時間帯が多く、まるで社交場の様。 長居はし過ぎないよう注意書きがしてありますが、ほとんどの方は気にせず、楽しいひと時を過ごされています。 地元の方と自然な会話も楽しめるとリピーターとなる観光客も多く、全国的に見ても利用者が多く、トップクラスの共同浴場です。 田の湯は地元の人が愛してやまない小さな広さ4畳ほどの小さな共同浴場。 源泉の正面の湯から湯を引いているので正面の湯よりも少々ぬるめとなっています。 脱衣所も狭く、まるで自宅の家のお風呂に入るような雰囲気。 湯船は2〜3人用のスペースで温泉が出る湯口は獅子の顔になっています。 豊富な湯量で常に新鮮な温泉が楽しめるのが最大の特徴。数人一度に入るとお湯があふれ、ちょっとした洪水状態になるほどです。 心地よい温度でたっぷりの温泉を楽しみたいという方には最適です。
散策の途中におすすめなのが足湯の「白鷺の湯」。 場所は共同浴場の正面湯の向かい側にあります。 平成18年10月に新たに整備された白鷺の湯は旧七内旅館跡地を利用してできた足湯であり、旧七内旅館の梁や瓦などを再利用して風情のある素敵な足湯となっています。 程よい温度となっており、贅沢な気分を味わえ、散策での身体と足の疲れをほぐしてくれます。 利用期間は3月下旬から11月下旬まで。 夜間の利用はできません。

出張上演してくれる湯田川神楽

湯田川の伝統芸能と言えば古くから伝わる湯田川神楽です。 徳川三代将軍家光公の時代である1620年から伝えられており、インド舞楽の形式を取り入れた珍しい音曲を取り入れています。 藤沢周平原作山田洋二監督の映画であるたそがれ清兵衛にも出演し、映画を盛り立て、一躍有名となりました。 人気演目はひょっとこが獅子に飲まれる獅子舞、鳥刺し舞、おカメさん舞など。 間近で観戦したい場合は旅館に出張上演してもらえます。10名様以上で申し込みができ、上演時間はおよそ20分間。料金等は宿泊の旅館にて問い合わせとなります。

湯田川温泉名物といえば孟宗汁

筍の美味しい季節の4月下旬から5月中旬にピークを迎える美味しい湯田川の食材と言えば湯田川孟宗筍です。その柔らかさと風味は絶品。 湯田川ではこのえぐみの無くやわらかな早朝収穫から5時間以内の朝堀孟宗筍を珍重しています。

湯田川温泉の宿ではこの朝掘孟宗が採れる時期となると孟宗汁を提供するところが増えます。孟宗汁は取れたての孟宗筍と厚揚げ、椎茸を加え、酒粕と味噌で煮た郷土料理。 酒粕と味噌の風味と筍の食感と甘みは格別です。 春から初夏にかけての湯田川温泉にお越しの際は是非ともご賞味ください。

    ▲ページトップ