ガーデニング

スイートピーは春以外にも。スイートピーを一年中楽しむ

2019-05-15

関連キーワード

スイートピーは、フェミニンな花色の蝶のようなかわいらしい形の花と、その甘い香りに人気の高い植物です。
日本はスイートピーの品種改良の先進国なので、新品種が続々と登場しています。

スイートピーはマメ科の植物なので、「ジャックと豆の木」の豆ほどではありませんが、つるをのばして上へ上へとどんどん伸びていきます。
大きく育つと2〜3mもつるを伸ばして育つので、フェンスに這わせたり、行灯仕立てにして育てます。

あまりにも背が高くなるとスペースが十分にないと育てにくくなってしまいますが、鉢植えでも育てやすい大きく伸びない品種も生み出されています。
スイートピーは品種改良が盛んなために豊富な品種があり、それぞれに性質が少しずつ違っています。

スイートピーは品種を変えて一年中開花できる

スイートピーは開花時期によって、4〜6月に開花する「春咲き品種」、6〜8月に開花する「夏咲き品種」、冬〜早春に開花する「冬咲き品種」に分けられます。

4〜6月ごろに開花する「春咲き品種」のスイートピーが、最もポピュラーなスイートピーです。
基本的には秋に種まきして、苗の状態で越冬させ、春に植えつけますが、寒冷地では春、桜の咲くころに種まきして1〜2か月遅れで開花させます。

スイートピーは一年草ですが、6〜8月に開花する「夏咲き品種」には、夏に種をまき、翌年の夏に開花する多年生の「宿根スイートピー」もあります。

冬〜早春にかけて開花する「冬咲き品種」は、冬に咲くので寒さに強いと思われがちですが、春咲き品種より寒さに弱いので、温室で育てるため、プロが切り花用として生産するのが一般的です。

秋はスイートピーのどの品種も開花時期ではありませんが、温室で促成栽培を行うなどして開花時期調整すれば、一年中スイートピーを開花させることができるため、現在、切り花のスイートピーは一年中手に入れることができるようになっています。

鉢植えで育てるのにぴったり【矮小スイートピー】

スイートピーは巻きひげを使って上へと伸びていくのが一般的ですが、巻きひげがないために上に伸びていくことがない、あまり大きく育たない矮小スイートピーも登場しています。
矮小スイートピーは草丈が15〜30cmと小さいために、グランドカバーとして育てることもできます。

矮小のスイートピーは春咲きのスイートピーなので、春先にポット苗も出回りますが、暖地では秋に、寒冷地では春の桜が咲くころに種をまいて育てることもできます。
秋に種をまいた方が春に大株に育ち、春まきは種まきが遅れると夏までに十分育たないことがあります。
寒冷地でも春に大株に育てるためには秋に種まきして、土が凍らないように防寒処理して越冬させます。

11〜4月にたくさん出回るスイートピーの切り花

スイートピーの生産者の多くは、冬〜早春にかけて開花する冬咲きのスイートピーを温室で栽培するため、切り花のスイートピーは11〜4月に最も多く出回ります。

鮮度保持剤の効果抜群!花が生き生き大きく開く

花束やアレンジメントを購入すると、鮮度保持剤の小さなパックがつけられていることがあります。
スイートピーの切り花を入れる水に鮮度保持剤を加えておくと、花が長持ちするだけでなく、花びらに張りが出て、花も大きめに開花します。
切り花のスイートピーをより楽しむためには、水に必ず鮮度保持剤を加えておきましょう。

園芸店の店頭に鮮度保持剤のパックが置いてあるので、スイートピーの切り花を購入するときは有料であっても必ずつけてもらいましょう。

贈り物にぴったり!優しいパステルカラーのスイートピーの花束

スイートピーは「門出」「優しい思い出」「青春の喜び」「私を覚えていて」と言った花言葉がつけられていることもあって、卒業や新入学・新社会人の門出や旅立ちにぴったりの花として卒業・入学・入社のシーズンに特によく利用されます。

優しいパステルカラーのスイートピーは自己主張が強い花ではありませんが、アレンジメントに欠かせない存在です。
スイートピーばかりを集めた花束も優しい花色なので人気があります。

スイートピーのドライフラワーは花色が長く持つ

優しい花色のスイートピーですが、ドライフラワーにしても色落ちしにくい性質があります。
花をさかさまにして吊るしておくハンギング法で自然にドライフラワーを作ると、色落ちして黄色っぽいものになってしまうものが多いのですが、スイートピーはハンギング法でドライフラワーにしてもあまり色落ちしません。

スイートピーは優しい花姿ですが、切り花を花瓶に生けて、鮮度保持剤を入れておくと2〜3週間は花もちするロングライフフラワーです。
それでも花が傷んでしまう前に吊るしてドライフラワーにしておけば、もっと長く花を楽しむことができます。

スイートピーをドライフラワー用の小さな粒のシリカゲルに埋めて1週間ほど置いておくか、電子レンジの500Wで3分ほど加熱することで、もっと短期間にドライフラワーにすることもできます。
シリカゲルでドライフラワーにすると、時短になるだけでなく、ハンギング法でドライフラワーにするよりも、花色がきれいなままドライにできます。

ドライフラワーのスイートピーはそのまま飾ってもかわいらしいまま長く保てますが、ハーバリウムの材料にして楽しむこともできます。

監修:きなりのすもも
16年前に趣味でバラ栽培をはじめたのをきっかけに、花木、観葉植物、多肉植物、ハーブなど常時100種を超える植物を育て、弱った見切り苗や幼苗のリカバリー、一年草扱いされている多年草の多年栽培などに取り組んでいます。

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ