ガーデニング

サクラソウの種類がかわいい!

関連キーワード

春の花と言えば、サクラソウもかわいくてとても人気がありますよね。4月~5月の春に、かわいらしいサクラソウの花を咲かせて楽しんでみませんか。
サクラソウにも沢山の種類が出ています。お好みのものを見つけて育ててみるといいですね。サクラソウの種類について詳しくご紹介していきます。

スポンサー

サクラソウの特徴は?

桜の花びらのような可愛らしい花を咲かせるサクラソウは、サクラソウ科のサクラソウ属(プリムラ属)です。「Japan Primrose」などと呼ばれることもありますよね。ピンクや白、紫、複色の花色があります。

花の色はそれほど数がないのですが、花の形が様々なのが特徴です。花の大きさは2cmからで大きなものは5cmの花を、1本の茎に数輪付けて咲きます。可憐な印象を与えるのがサクラソウの花ですよね。

耐暑性が普通で、耐寒性が強い植物です。日本でも高原や、湿った山地や河原敷にある草原で見かけることができるでしょう。

そんなサクラソウですので、山野草を扱っているお店などでも購入可能です。沢山の珍しい種類を見つけることができますよ。実は、サクラソウは江戸時代から栽培されていて、現在では300品種以上ある人気の花です。サクラソウが歴史のある植物だというのは少し意外かもしれませんが、色々な種類について詳しく知ってみたいですね。

サクラソウの種類は多彩で日本らしい名前も特徴

サクラソウの種類には、とてもたくさんのものがあります。最近では八重咲きのサクラソウも登場していますよ。また、変わったものでは、表と裏で花の色が異なる品種も出てきています。

日本で江戸時代から栽培されているサクラソウの品種には、その名前も日本らしい名前が付いていて、楽しめます。それぞれの品種をご紹介しますので、名前を覚えてみませんか。

「南京小桜」は、サクラソウの中でも最も小さな花を咲かせる品種です。花色は濃いピンクで、白い縁取りがあってかわいらしい花が特徴。歴史も最も古い品種とされています。「駒止」は、鮮明な黄色みがかった桃色をしていて、花の形が整った中輪の花が特徴。「五台紅」は、野生品種の濃いマゼンダピンクの大輪の花を咲かせます。大きさも様々なサクラソウがあります。

「浮間白」は、荒川沿いのサクラソウの群生地「浮間が原」に咲いていた純白花です。野生種の中には純白花が沢山見つかっていますよ。「青葉の笛」は、江戸時代中期ごろに作られた品種で、純白の花弁に緑色の筋が入っていて、名前にも風情がありますよね。

花弁に切れ込みがある繊細なサクラソウも

「三保の古事」というサクラソウは、花の裏側が鮮明な濃いマゼンタピンクなのが特徴です。そして、表側には白いぼかしが大きく入っています。花弁の表と裏で表情を変えるサクラソウと言えます。花弁には切れ込みが入っていて繊細な花弁の印象を受けるでしょう。

「赤蜻蛉(あかとんぼ)」も、切れ込みが入った花弁で繊細な印象です。赤とんぼがとまったような雰囲気のサクラソウの花ですよ。

「紅葉橋」の花弁も、細かな切れ込みがあって、羽を広げたような軽やかな雰囲気を持っています。淡いピンクに絞り染めのような模様が日本らしい雰囲気の花です。

スポンサー

八重咲きのサクラソウや表裏の違いも楽しんで!

八重咲き日本サクラソウには「有頂天」「春景」「九重紅」「浜千景」「磯牡丹」などがあります。八重咲きも小さな花弁が沢山重なっていてかわいい印象です。

「浜千景」は、丸い花弁で、落ち着いた優しいすみれ色をしています。裏表で色の濃淡があるのが特徴です。八重咲きで、裏表で色が変わり、表情豊かなサクラソウになっていますよ。

「磯牡丹」は、丸みのある花弁で、かわいらしいのが特徴です。花弁の外側が紫、内側は白くなっていて変わっています。小さな花ですが、牡丹の花のような華やかさを感じることができるでしょう。

八重咲きの品種の中で、小さな品種「舞紅葉」もかわいらしくておすすめです。花弁の外側がピンク、内側が細いしぼりのようになっています。八重咲きですので、フリルのような小さな花が咲きますよ。

最近人気で豊富な種類の八重咲き!

サクラソウの八重咲き品種が最近は人気で、多くの品種が作られています。小さな花が八重になって咲いている様子は、かわいくてかつ華やかですよね。鉢を飾っておくと、春らしい華やかさを感じたりすることもできるでしょう。

サクラソウの八重咲きは、最初は、花弁数が少ないこともありますが、育てているうちに元気になって花弁数も増えていきます。より華やかな花を咲かせることができるでしょう。

お好みに合わせて、八重咲きや一重のサクラソウを選ぶといいでしょう。花の大きさや色、花弁の切れ込みや丸さなどによって雰囲気が異なります。小さな花ですが、とても印象が異なりますので、様々な品種を揃えて植えてみるのもいいでしょう。

新しい品種が出たら、揃えてみたくもなるサクラソウにはかわいらしい魅力がありますよね。

監修:トマト
毎日いろいろな発見をさせられるガーデニングです。
長年のガーデニング経験から育て方の難しさもそれぞれの植物に学んでいます。
今は多肉植物などにも凝っていて、新しい発見と成長を見ていきたいと思っています。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ