ガーデニング

アルストロメリアの花言葉が誰からも支持される理由とは?

2019-06-07

関連キーワード

アルストロメリアは、他の花にはないカラフルな花色と花持ちの良さでフラワーアレンジメントなどは欠かせません。
この花が祝い事の花としてよく選ばれるのは、全ての花言葉が誰からも好まれやすいことがその大きな理由のひとつ。

今回は、そんなアルストロメリアの花言葉が生れたエピソードを中心にご紹介します。

スポンサー

アルストロメリアとは?

原産地は南アメリカのアンデス山脈の寒冷地で、チリ、ペルー、ブラジル、アルゼンチンなどの広域に60〜100ほどの野生種が分布しています。砂地などの乾燥した場所から森林まで生育地はさまざま。鉢植えでも地植えでも育てられます。

アルストロメリアはユリズイセン科アルストロメリア属の球根植物です。葉はつけ根のところで180度ねじれて、裏返しになりそのまま育ちます。茎の先端に花が放射線状につきます。通常は春から夏の間に咲く一季咲きですが、四季咲き品種は春から晩秋まで花を咲かせます。
花の寿命はとても長く、丈夫で花持ちが良いのが特長です。

花は花びらが外側と内側3枚ずつ、6枚あります。その大きな特徴は、花びらの一部にスポットと呼ばれる斑点(まだら模様または縞模様)が入ることです。6枚の花びらののうち、外側の3枚は大きく丸みを帯びた花びらで、内側の3枚のうち上の2枚は特にこの模様がはっきりしています。

品種によっては20〜30輪も花をつけるものもあり、モダンでカラフル、他の花にはない華やいだ魅力が特徴です。ただし、縞模様がないものもあり、これをスポットレスと呼びます。

アルストロメリアは、放射状に四方を向いて花を咲かせるため華やかな雰囲気があります。色鮮やかなエキゾチックな花からパステル調やシックな感じのものまで、多彩な花色と品種が通年出回っているため、花束やアレンジメントに最適な花となっています。

花の名前と歴史

アルストロメリア属は南米大陸原産で、南米に100種類ほどが自生し、多くのものはチリタイプとブラジルタイプに大別されます。1753年、ペルーを訪れていたスウェーデン貴族のバロン・クラース・アルストレイマー伯爵(Barron Claus Alstroemer)が、この花を初めて発見したヨーロッパ人でした。

伯爵は、祖国スウェーデンの科学者の友人にこの花の種を送りました。アルストレイマーが種を送った祖国の友人のカール・フォン・リンネ(Carl von Linn?)は、分類体系の根幹を作り、のちに「生物分類学の父」と呼ばれた科学者でした。

リンネは異国の珍しい植物の種を送ってくれた友への感謝の意を込めて、この新たな植物に「アルストロメリア(Alstroemeria)」という学名を授けました。このことから、ピンク色のアルストロメリアには「気配り」という花言葉が付けられています。

アルストロメリアの花は19世紀にイギリスに渡ると、そのエキゾチックな雰囲気から「Lily of the Incas(インカのユリ)」「Peruvian lily(ペルーのユリ)」と呼ばれ、ヨーロッパ各地に広まりました。その後、オランダやイギリスを中心に栽培と育種が盛んになり、園芸植物として西洋社会に定着していきます。

日本には、1926年に百合水仙「ユリズイセン」という名前で導入されました。その後バブル期にオランダで改良された多花性のパテント品種が輸入されると、花もちがよくカラフルなアルストロメリアは人気を博します。現在ではフラワーアレンジメントの定番として定着し、日本の風土に適合した四季咲き品種も多く育成されています。

スポンサー

育て方のポイント

育てる環境:アルストロメリアは湿度に弱いので、日当たりと水はけのよい場所を選びましょう。地植え、鉢植え、ともにOKですが、夏は冷涼に過ごさせます。
植え付けのポイント:多汁質の根がいっぱい張り巡ることによって地上部が大きく育ち、乾きにも強く、花がよく咲くようになります。根が深く張れるように深く耕し、水がたまるのを防ぐため高く盛り土して植えると成功します。

用土:多湿を嫌い、水はけの良い肥沃な土を好みます。耐寒性はありますが、厳冬期は土が冷えすぎて生育を妨げてしまいます。根元の土に腐葉土などを撒いて防寒対策をしてください。

水やり:葉が伸びている生育期はたっぷりと水をやり、葉の成長が止まっている休眠期は水を控えて下さい。品種により違うので、むやみに水を与えず、葉の成長を見ながら水やりをしてください。

肥料:与え過ぎは禁物です。過剰に与え続けると成長できず枯れてしまいます。追肥を行うなら葉がぐんぐん伸びている成長期に、水で薄めた液体肥料を与えると良いでしょう。

病害虫:「灰色かび病」の予防のため、風通しの良い乾いた場所で育てましょう。

花言葉

アルストロメリア全体の花言葉は「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」です。
「エキゾチック」は、百合のような花姿に筋状の模様が付いている見た目のデザインや、オレンジや赤など刺激的な色があることから付けられました。

「持続」は、アルストロメリアの最大の特徴でもある、花持ちの良さに由来しています。多くの花は3日から1週間が一般的ですが、アルストロメリアは、5日から2週間、品種によっては1ヶ月と長い間花を咲かせ続けます。

「未来への憧れ」は、アルストロメリアが遠い異国から渡来してきたことに由来します。この花とともに自国の名も世界に広まり、画期的な未来が来るという願いを込めて付けられました。

アルストロメリアは他にも色ごとに異なる花言葉を持っています。
赤:「幸い」「幸福な日々」
青:「知性・冷静」
黄色:「持続」
ピンク:「気配り」
オレンジ:「友情」
白:「凛々しさ」

スポンサー

まとめ

いかがでしたか。今回は、アルストロメリアの花言葉や歴史についてもご紹介しました。
アルストロメリアは、明るく未来志向の花言葉が多いので、門出や出発などのお祝いの花束にぴったりです。
また、「気配り」「幸い」など、退職祝いや還暦祝いに相手を思いやるものが多いのもこの花の強みです。贈るときは、相手のイメージに合わせた色合いと花言葉を選ぶとさらに喜ばれるでしょう。

ペンネーム:Yoshidanz
ファームステイしたのをきっかけに農業生活にはまる。イギリスのオーガニックガーデニングを通信教育で勉強しながら、コンポースト造りと家庭菜園に挑戦。現在はニュージーランドの海沿いの丘陵地に土地を購入、ポタジェで有機野菜作りに励んでいる。

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ