ガーデニング

カラフルな品種が楽しいヒペリカム

2019-06-13

関連キーワード

1.ヒペリカムの鉢植え

ヒペリカムは、江戸時代に中国から渡来した観賞用の園芸植物です。初夏6月〜7月に、黄色い梅に似た花を枝先に咲かせます。花期の間次々と開花し、秋に赤く色づく実や、葉っぱが硬くて扱いやすいことなどから、アレンジメントに人気があります。

枝を次々と伸ばして生育するので庭植えの方が向いていますが、植え替えと剪定の手間を惜しまなければ、鉢植えでも育てられます。草丈の低いヒペリカム・カリシナムなど樹高があまり高くならない品種を選ぶとよいでしょう。

種まきなら春4〜5月頃、苗なら3月下旬〜4月上旬、または秋9月下旬〜10月に植え付けて育てます。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与え、花が咲く前の3月と花後の9月頃に鉢花用の緩効性化成肥料を施しましょう。夏場は葉焼けの原因にもなりますので直射日光の当たらない半日陰に鉢を移動させましょう。毎年3月頃、枯れ枝を切ってあげるなど剪定が必要になります。

また、ヒペリカムは根の生育も旺盛なので、鉢植えは1年に1回植え替えをしないと根詰まりを起こしてしまいます。
根は丈夫なので、真夏の7〜8月と真冬の12〜2月を除いて通年いつでも植え替えができます。最近は、実の色も赤だけでなく、クリームやオレンジ、ピンクなどカラフルな品種が流通しているので、鉢植えで楽しんでみてくださいね。

スポンサー

2.ヒペリカムの地植え

ヒペリカムは、初夏に優雅な花、秋には赤い実をつけることから、建物沿いの塀や門周りに植栽されることの多い花木です。丈夫で、耐寒性・耐暑性ともに優れ、病害虫の心配もほとんどありません。半落葉小低木で、自然形は株立ちでこんもりと枝葉が広がるのが特徴で、和洋どんな家や庭にもよく似合います。

ヒペリカムは生育旺盛で、次々と枝を伸ばして弓型に垂れるため、鉢植えよりも地植えがおすすめです。
植え付け場所は、水はけの良い、日なたから半日蔭の場所を選びましょう。日陰でも育ちますが、日照時間が少ないと徒長して花付きが悪くなります。
夏は強い日差しから避けられる場所が適しています。長時間直射日光にあたると葉が変色しやすいので午後からは日陰になるような場所が理想的です。
種まきなら4〜5月頃、苗なら3月下旬〜4月上旬に植え付けて育てましょう。樹高は大きく育っても1m程度ですので、大型の宿根草のように扱うことができます。根鉢より一回り大きい植え穴を掘り、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。花後の9月中旬と花前の3月に追肥しますが、肥料が多すぎると肥料焼けを起こしてしまうので注意してください。植え付けたら棒などでつついて根と土をなじませ、水をたっぷり与えます。

地植えで育てるときの注意ポイントは水やりです。一旦根づいてしまえば、降雨だけでも育ちますが、長く乾燥した状態が続くと、茶色くなって枯れてしまいます。夏場は風通しをよくして、朝夕に土の状態をチェックして水やりをしてあげてくださいね。

3.ヒペリカムの種類

オトギリソウの仲間は、ユーラシア大陸の熱帯から亜熱帯にかけて約300種が自生しています。古くから日本で植えられている2種に、ヨーロッパで品種改良された園芸品種を加えた総称をヒペリカムと呼んでいます。ここでは代表的な種類や品種をご紹介します。

・ヒペリカム・パツルム
中国原産の半常緑性の樹高1mほど低木です。ヒペリカムというと本種を指します。金色の梅のような花姿から「金糸梅(キンシバイ)」と呼ばれています。日向から半日陰まで丈夫に育つことから、庭木として人気があります。

・ヒペリカム・キネンシス
中国原産の半常緑性の低木で、和名「美容柳(ビヨウヤナギ)」として知られています。葉っぱが柳に似ていて、初夏に黄色い花を咲かせます。樹高は1mほどと低めなので、庭の空きスペースで育てられます。

・ヒペリカム・カリシナム
ブルガリアやトルコなどが原産の常緑性低木です。「西洋金糸梅」「姫金糸梅」とも呼ばれ、世界中で広く栽培されています。樹高50?ほどの小ぶりながら、地下茎でよく増えます。ある程度の耐陰性もあるためグランドカバーにも適しています。

・ヒペリカム・ヒドコート
キンシバイを元にヨーロッパで品種改良された園芸品種です。花径6〜8cmほどの大輪の花を咲かせることから「大輪金糸梅(タイリンキンシバイ)」とも呼ばれます。樹高は50〜80cmで強剪定も可能です。花期が長く、生育旺盛なため、近年ではキンシバイよりも広く栽培されています。

・ヒペリカム・アンドロサエマム
地中海地域が原産で、樹高1m程度の半落葉性低木です。花径2cm程度とこぶりなことから「小坊主弟切草(コボウズオトギリソウ)」とも呼ばれます。花後に赤い果実がなります。

・ヒペリカム・キャンディフレア
アンドロサエマムの園芸品種で、花後の果実の色が、赤だけでなくピンクやクリーム色など可愛らしい色が揃っているため、花束やアレンジメントに人気です。

4.ヒペリカムの剪定

ヒペリカムは樹形を整えるために茎を切り取る剪定が必要です。新芽が伸びる3月か、花が咲き終わった9〜10月頃、伸びすぎている枝を付け根から切り取ってください。株を大きくしたくないときは、新芽が伸びる前の3月に株元から20〜30cmのところで刈り込んでおきましょう。

ヒペリカムは剪定・切り戻しが必要です。毎年株元から新しい枝が発生しますので花がつきにくくなった古い枝は根元から切って更新します。花は新枝の先端部に咲くので秋から冬に伸びすぎた枝を切り戻して姿を整えます。

夏以外の季節はよく日に当てることで実付きがよくなります。
カリキナム、アンドロサエマムは風通しが悪い環境ではさび病を発病しやすい品種です。風通しの良い場所で育てて下さい。剪定適期は3月頃です。カリキシナム、トリカラーは小型品種のため、剪定の必要はありません。枯れた枝があれば取り除いて下さい。アンドロイドサエマム:あまり強く刈り込むと枝枯れをする場合があるので注意して下さい。
コンパクトに育てたい場合は、株元から20〜30?程度の高さで刈り込んで下さい。萌芽力が高いので、思い切った剪定をしてもすぐに芽吹きます。

ペンネーム:Yoshidanz
ファームステイしたのをきっかけに農業生活にはまる。イギリスのオーガニックガーデニングを通信教育で勉強しながら、コンポースト造りと家庭菜園に挑戦。現在はニュージーランドの海沿いの丘陵地に土地を購入、ポタジェで有機野菜作りに励んでいる。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢
【質問1】

1番好きな紅葉の名所を教えてください。

【その他】

【質問2】

選んだ名所の好きなポイントを教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ